鮭とサーモンってどう違うの?違いはなに?

スポンサーリンク

55295b8f3578fee5d4fe812c5d567c19_s
鮭とサーモンは言い方が違いますが、何がどう違うのか?正直わからないまま生きてきました。

漢字とカタカナという違いはわかりますが、他に違いは見あたりません。

もしかしたら、日本産が鮭で、外国産がサーモン?

見た目は一緒だから、気分で言い方を変えているだけ?そんな疑問がわいてきます。

正解は何でしょう。ここで、ささやかだけど日常生活でふと疑問に思った鮭とサーモンの違いについて解決したいと思います。

これから東京オリンピックも近づいてきます。外国の方の観光客もたくさん増えてきます。

日本を代表する食べ物、お寿司の中でも人気なサーモンについて説明出来た方が日本人としても自身をもてることでしょう。

鮭とは?

鮭とサーモンについて、それぞれ特徴を調べてみました。

まず鮭とは、サケ目サケ科サケ族に属する魚です。そして鮭には白鮭、紅鮭、銀鮭などの種類があることがわかりました。

スーパーで一般的に売られている鮭は、白鮭だそうです。日本で昔から主に食用とされている鮭です。

日本では、白鮭自体も何種類かに分けて呼ばれています。その中で最も有名なのが、秋鮭です。

これは秋に日本の海岸などで水揚げされる鮭を指しています。もう少し秋鮭についてお話すると、秋鮭は沿岸で遡上の準備をしながら、川に近づきます。そして海水から真水域に入ると、厳しい遡上に供え、皮が非常に硬くなり、色も銀白色から黒・黄色・ピンクの混ざった色に変化します。

この状態になると、ブナまたはブナザケと呼ばれます。つまり、時期によって呼ばれ方が変わり、魚の状態によって種類が区別されているということです。ちなみに白鮭が、いくらの親にあたるそうです。

そして、切り身や塩鮭、燻製で売られているのは紅鮭だそうです。紅鮭の色は名前のとおり真っ赤ですが、脂はありません。

しかし、コクのある旨味とほんのりとした甘みがあっておいしいです。

銀鮭は、日本ではほとんどが養殖だそうです。主に、宮城県の三陸沖で養殖されています。

銀鮭の身の色はオレンジ系で脂肪分が高く、身は柔らかくなっています。
スポンサーリンク


サーモンとは?

サーモンにも三種類あるそうです。ヨーロッパにおけるサーモンであるアトランティックサーモンとアメリカにおけるサーモンであるピンクサーモン、日本におけるサーモンであるカラフトマスサーモンです。

ここで日本におけるカラフトマスサーモンが何かというと、鱒(マス)のことです。

トラウトサーモンについてはニジマスのことを指します。これらのサーモンは、お寿司屋さんや刺身で売られています。生食がメインになっているのがサーモンにあたります。



鮭とサーモンの違い


英和辞典で調べると、鮭は英語でsalmon(サーモン)です。つまり、同じになります。

ということは、さらに混乱が生じてしまいますね。先ほどお話ししましたが日本におけるサーモンは、マスのことでした。

実は鮭もマスも同じサケ科なのです。英語でいうサーモンには、マスも含まれているということです。

なぜこのようになったかと言うと、そもそも日本では、サケ科の魚類のことを総じて「マス」と呼んでいたのです。それが、ある時からマスの中の一種である白鮭だけを「鮭」と呼ぶようになったのです。

「サーモン」は昔の日本と同じように、総じてサケ科のことを指しているということです。

なので、このように現在において違いが生じたということです。なかなか混乱がとれないかたは、言い方が複雑に変わっていって誤差が生じたと思ってくれれば良いです。

生物学的には、鮭とサーモンに違いがあるわけではないのですから。まとめるとサケ科の魚類は、食べ方によってサーモンになったり、鮭になったりするということです。

もっと簡単に言うと、生で食べるのがサーモンで、焼いて食べるのが鮭と考えて良いです。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ