食紅の代用品ってあるの?

スポンサーリンク

128aa740bed2837ce840509cc328a98c_s
お弁当のキャラ弁、誕生日のキャラクターケーキ、手の器用な方は自分で作るという方もいらっしゃるでしょう。
キャラクターを再現する際、避けて通れない「色」の問題。
お弁当などでモノクロでよいとなれば海苔を切り抜いて・・・などと考えますが、ケーキなどにはやはりカラーバリエーションが欲しいところ。
でも、食紅って体に良くないんじゃない?そもそも食紅買っても使い切らない・・・。
食紅のことについて調べました。


食紅って何から作られている?


本当は、自然の色そのものもが良いのです。わかってはいますが、やはり戦隊モノに赤は必需品。やはり安全であれば使いたいものです。
基本的にお店で食用として売られているものはあまり危険なものはないはずです。

赤の原料は主に紅花、黄色はクチナシ、青も発酵させたクチナシの果実から抽出しているそうです。ほかにも菌や虫を使う場合もあるそうです。

実は、化学合成でできたものも存在します。「タール色素」と呼ばれるものなのですが、タール色素はもともと、コールタールから作られる化合物を原料にして合成されたのが始まりで、現在は石油精製の際にできるものを原料としていて、コールタールを原料にしているものはほとんどありませんが、名前が残り「タール色素」と呼ばれています。

コールタールだろうが石油だろうが、どちらにしろあまり体に良くないイメージですよね。確かにこちらの化学合成の着色料からは発がん性物質が検出されています。もちろん少しだけ使う分には問題ないですし、日本でも使用が認められているものもあります。

しかし発がん性というのは穏やかじゃない。子供に食べさせるのも抵抗があります。でも、子供はカラフルなものが大好き。そこで天然のものを使った食紅が使われるようになってきました。

ただし、天然の原料すべてが安心なのではなく、アカネ色素にも発がん性がみとめられ、食用に使えなくなっています。
スポンサーリンク


食紅、買っても使い切れない・・・代用品は?

お店で食紅を買っても、全部使い切るくらいお菓子作るかしら・・・。これ、お菓子作りが趣味だという場合を除き、なかなか使い切るのは大変。何か別のもので色がついたらいいですよね。フルーツや野菜など、ふだん口にするものを色付けに使えたら最高です。

まず、一番手っ取り早いのはジャム。イチゴジャムで赤、ブルーベリーなら紫っぽくなりますよね。
カキ氷シロップも多彩な色を出すことができます。

これらは味もつきますので、例えばクッキーなどでしたらフレーバー込みで楽しめますよね。
緑は、ホウレンソウを茹でて水けを切った後、フードプロセッサーでペースト状に。黄色は茹でたかぼちゃをマッシュして、生地に練り込んでしまいます。茶色はココア、黒は竹炭の粉末などもいけますよ。

ケーキのクリームに混ぜる場合などは、クリームの甘さの邪魔しないようにするため、同じく甘いジャムなどが良いかと思われます。

お弁当のごはんでキャラを作りたい場合は、混ぜ込みのふりかけなどを活用してもいいかと思います。
ふりかけもちょっとない!というときは、黄色はカレーご飯、赤は梅ごはんなどとすればいいかと思います。


ただ、野菜やフルーツで入手困難なのが「」です。青がどうしても使いたい場合はカキ氷シロップのブルーハワイでしょうか・・・。お弁当は、青の色がつくふりかけもありますが、ごはんは青いと食欲が薄れるので、青菜ごはんなど緑を代用してください。小さなパーツなら青のふりかけでもいいでしょう。

家にあるものを確認してから、どんなキャラクターにするか決めたほうがいいですね。

体にやさしいものを使ってお菓子やお弁当をかわいく作る、ママの腕の見せ所です。お子さんの喜ぶ顔を想像しながら、是非かわいいお菓子や遠足のお弁当を頑張って作ってくださいね。ちょっと時間がかかりますが、愛情いっぱいのお菓子やお弁当が出来上がります!

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ