電子レンジの臭い取りの方法とは?

スポンサーリンク

33c148867d4238378d1594d6ece289c0_s
電子レンジは便利な道具ですよね、冷たい食べ物を暖めて暖かい物を提供してくれる道具、しかし色々な食材を暖めていると、臭いや汚れが付着し取れない状況になります。今回は電子レンジの臭いをどう取り除くかをご提案していきます。

電子レンジの臭いの原因は?


加熱する際に、食品包装フィルムを使用せずにそのまま加熱し、電子レンジの中で加熱され飛び散りが起こりそういったかすや汚れが蓄積され、やがて臭いの原因となるのです。また、冷凍食品だけではなく、調理した料理やスープなどいろいろな物を暖めるため、これも臭いの原因となっています。

そういった汚れの蓄積が積み重なっていくとやがて嫌な臭いに変わっていきます。少しでも臭いを軽減するためには、食品包装フィルムを使用し臭いがつかないようにこまめに掃除を行なう事が必要です。

しかしそれでも経年すればどうしても臭いがついてしまうのは仕方のない事です。

電子レンジの臭いを取る方法って何かある?

上記にも書いてきましたが、長年使っているとどうしても臭いがついてしまいます。この臭いを取る方法はあるのでしょうか?洗剤を使ってしまうと、電子レンジが壊れてしまいそうなので出来ればあまり使いたくないそう思う人もいるかもしれません。

毎日飲んでいるコーヒーインスタントではなく、フィルターを使ってコーヒーを濾した物を電子レンジのお皿の上に乗せて、1.2分加熱するだけです。コーヒー豆の粉には消臭効果がありますので、電子レンジ庫内の臭いを取る事が出来ます。

いつもは捨ててしまう物を、飲み終わっても使う事が出来るので無駄がありません。一度使用してみる事をおすすめします。コーヒーは家では飲まないという場合には他にも色々な方法があります。

スポンサーリンク


もう一つの方法としては、どこの家庭にもあるお酢。これを使用しても電子レンジの臭いを取る事が可能です。お酢についてはキッチン周りの掃除の際も鏡や蛇口の曇りなどを取るときに使える事でも有名です。

やり方は至って簡単です。お酢を水で4~5倍に薄めて電子レンジで温めればそれだけで消臭効果があるのです。
これにより電子レンジの中の臭いや汚れをふやかしてくれる魔法の代物と言えます。

何故この様な効果があるのかというと、お酢は酸性のため食品汚れに含まれる物質とある意味では相性が良いと言えます。

この他では、重曹を使用すれば電子レンジの中の焦げを取る事が出来ます。重曹の値段は100円から400円という比較的安価で購入する事も出来ますので、手に入りやすい物です。
最近では重曹で歯を磨く良い等と言われ注目が集まっています。

こちらもやり方は至って簡単です。重曹を溶かした水を電子レンジの庫内にペーストして
電子レンジで温めた後、たわしなどでこする事で比較的頑固と言われている焦げも取る事が出来ます。

ミカンの皮などを使用しても電子レンジ内の臭いを取る事が出来ますので、汚れがどの程度の物かを判断し使用してみて下さい。

まとめ


今回は電子レンジの庫内の臭いや汚れについて取り上げてみました。調べて見ると意外と簡単な方法で電子レンジの臭いを取る事が出来る事が解りましたね。ミカンの皮は家庭に転がっていそうですし、サイフォンでコーヒーを飲むという人は毎日コーヒーの粉を濾したカスは出ているはずです。

最近の電子レンジは単に暖めるだけではなくて、色々な機能がついており水気等がついてしまうと、壊れてしまうのではないかと心配になるのでどちらかというと電子レンジの掃除は後回しになってしまいがちですが、臭いが出てしまえば部屋の中にも臭いがついてしまうと言う事態を招いてしまいます。

それを避けるためには、こまめに点検し臭いが出ていないか等を点検する必要性があります。そうすれば臭う電子レンジという状態からは脱却できそうです。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ