鏡餅の食べ方ってどうするのがベスト?

スポンサーリンク

61345d05cdfab0dd422a115164359e70_s

お正月になるとよく目にする、「鏡餅」。
鏡餅は神仏に備える正月飾りで、穀物の神「年神」へのお供えものとされています。
これは日本の伝統といってもいいほど、お正月には必ず用意されます。

お正月は年神の祭りとされているため、古くから鏡餅は大切な神様へお供えするものとして、大切に扱われるようになりました。
ただ、お供えとして用意するだけでなく、「神供のお下がりをいただく」という意味で鏡開きをして鏡餅を食べ、神様と同じ釜の飯を食べたという連帯感のようなものを感じながら、めでたくひとつずつ年を重ねるという気持ちになったと言われています。

そもそも、なぜ鏡餅というのでしょう?
あれって食べられるのでしょうか?
みかんの意味はあるのでしょうか?

鏡餅に少々疑問を感じたので、いろいろ調べてみました!

【鏡餅の名前の由来は?】


鏡餅という名称は、昔の鏡に似ているところから来ています。
昔の鏡って青銅製の丸い形をしていたそうで、神事などにも用いられるものでした。
三種の神器のひとつである八咫鏡(やたのかがみ)の形から、鏡餅をかたどったとされています。

地域によっても違うのですが一般的な飾り方は、大小2つの平たい球状の餅とダイダイが使用されます。
餅が3段のものや、石川県に多いのが2段のどちらかを赤く着色し、縁起が良いとされる『紅白』をあしらったり、餅ではなく砂糖で作られる地域もあります。
細長く伸ばしたものを渦巻き状に丸めて巻き白蛇に見立てたものなど、中には面白いものをあります。


飾る時期で適切なのは、12月28日が最適とされることが多く、鏡餅を早くに飾ることに関してはあまり問題ではないようです。。
日本では、「八」という数字は良いとされていることから28日が最適とされていますが、地域によっては、「大安」を選んで、その日に合わせて備えるところもあります。

逆に大安だからといっていつでもいいわけではなく、12月29日は「九」=苦しむということにつながってしまうので、避けるほうがよいでしょう。
ですが「29」を「ふく(福)」と読み替えて、この日に飾る人も少なくはありません。

12月30日でもキリが良い数字とされているので、悪くはありません。
ただし、旧暦になりますと12月30日までしかないので、旧暦通りになってしまうと「一夜餅」の扱いとなるので、忌避される場合もあります。


12月31日は「誠意に欠ける」「葬儀の飾り方」を連想させるなどとして、30日に飾るのと同様おススメはできません。
飾るタイミングなどにも、いろいろ言い伝えだあるんですね!

スポンサーリンク



【終わった鏡餅って食べれるの?】

お正月が終わって、役目を終えた鏡餅は「鏡開き」を行ってから食べるという流れになります。

「鏡開き」または「鏡割り」とも言いますが、お正月に神や仏に備えた鏡餅を下げて食べること。
これは日本の年中行事で、神仏に感謝して無病息災などを祈り供えられたお餅ですので、美味しく頂くのが一番良いでしょう!

「鏡開き」という言葉自体にもちゃんと意味があり、鏡は円満を開くは末広がりをさしています。
また、刃物で切ることは「切腹」を連想させてしまうので、手や木鎚などでお餅を食べやすい大きさにします。

鏡餅はきちんとプラスチックに入っているので、準備するのも楽なものになっています。
しかも最近のは、プラスチックのケースの中に小さな個包装のお餅が入っているのもあるので、食すにしても食べやすくなっているのもあるんですよ。

昔のですと期間が過ぎた鏡餅を食べる場合、大きいものは開くのが一苦労…。

そういうときは、電子レンジを使うんです!

水にくぐらせ少し濡らしたお皿にのせ、ラップをしてレンジでチンします。
大きいものでなければ、水を張った耐熱容器に入れて同じようにチンしても良いでしょう。
あまりやりすぎると逆にお餅が柔らかすぎてしまうので、レンジに入れる時間にもお気を付けください!

最後に、うちでの鏡餅で作る人気メニューをご紹介します★

<うちの定番、揚げ餅♪>

①2㎝角ほどの大きさに割っておきます。
 揚げると膨らむので、気持ち小さめでも良いでしょう。
 お餅が割りにくいときは、さらに乾燥させると割りやすくなりますよ!

②食べやすくしたお餅を、低温の油でキツネ色になるまで揚げていきます。
 高温だと焦げやすく中心が固いままになりがちですし、油に火を入れてすぐくらいでも良いでしょう。

③全体的に揚がったら、醤油や塩味を絡めてお好みの味付けをしてください。
 カレー味なんかも、子供達には大人気ですよ★

簡単なので一度試してみてください!!

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ