油なのに高い健康効果「アマニ油」の効能とは!?

スポンサーリンク

aae8925d2f149b04b8e645461f8fe386_s

皆さんはアマニ油とはご存知ですか?知らない方はシャンプーの成分にありそうな名前だと思われた方も多いと思います。

アマニ油とは健康効果の高さから今非常に注目を集めている油なのです。使用用途は幅広く、健康食品やその他様々な場面で使われる物であり、一般的に食用油と言ったら健康にあまり良くないイメージを持ってしまいがちですが、このアマニ油は食用油とは思えない非常に珍しい健康効果があります。

アマニ油の隠れファンの方はいらっしゃいますが、日本では大規模な栽培はされておらず知名度もまだまだです。ですので、健康を気にされる全ての方にアマニ油の効能を知っていただきたいと考え、アマニ油について調べました。

アマニ油とは

アマニ油の原料となる亜麻なのですが、中東からユーラシア大陸西側の涼しい地域が原産で、日本では唯一北海道しか生育できない為、日本での栽培自体ほとんどされていない植物です。

亜麻という植物から採れる種から作られる油であり、アマニ油自体は黄色っぽい色合いをしていて、乾くと固まる性質を持っている油です。

食用としての利用が多く、健康効果の高さから健康食品として加工され食される事が多いです。では健康食品に利用される食用油には一体どんな効果があるのか、次でまとめます。


アマニ油の効能

アマニ油は健康効果が高いとされているオリーブオイルよりも脂肪分が低くカロリーが低いという特徴と、コレステロールが含まれていない事、他の植物油に含まれていない亜鉛が含まれているという特徴がありますが、中でも最大の特徴である「オメガ3脂肪酸」という3つの成分が含まれています。

青魚、豆類、緑黄色野菜に含まれていますが、少量ですがアマニ油には多く含まれており、その健康効果を存分に感じる事ができます。

では、このオメガ3脂肪酸を含めてアマニ油の健康効果についてまとめます。

・生活習慣病の予防
アマニ油には善玉菌を増やす成分が含まれている為中性脂肪、コレステロール、動脈硬化、高血圧、を抑えてくれる効果があると同時に血液もさらさらにする効果もございますので、血管の詰まり等も同時に抑える事ができます。

・便通の改善
水溶性食物繊維が多く含まれている為、便を出しやすい状態にする事ができます。

・記憶力を高める効果、精神疾患の予防
アマニ油は体内で、オメガ3脂肪酸の1種であり、脳の機能を高めてくれるDHAに変換されます、脳の破壊を防ぐと同時に脳の機能と精神安定の効果向上します。その事で記憶力を高め、鬱等の疾患を予防する効果があります。魚の目の部分に含まれているという話は聞いた事がありますが、アマニ油でも摂取が可能なのですね。

・アレルギーへの効果
オメガ3脂肪酸の1種、αリノレンには抗炎症効果とアレルギーを抑えてくれる効果があります。ですので、アレルギーを抑える以外にもアマニ油には花粉症を抑えたり、美肌を保つ効果も高いです

以上がアマニ油の健康効果の1部分になります。アマニ油を飲まれる際は1日1回5g程度摂取するのが良いとされていますが、やはり油ですのでそのままではなく摂取しやすい方が良いと思い、具体的な使い方を次でまとめます。

スポンサーリンク



アマニ油の使い方

オリーブオイルやごま油と同じようなイメージですが、実は熱にとても弱く、同じような使い方はできませんので料理に関してもサラダや納豆などにちょっと加えるという使い方になります。

アマニ油とマヨネーズや醤油と合わせてオリジナルのドレッシングを作り、サラダ以外にもフライドポテトや白身フライをディップして食べるという使い方がお勧めです。

一方食以外の場面でも利用される事があり、熱で簡単に分解される特性を活かして工具の1種であるニスや絵具を乗せるパレットのコーティング等にも利用されています。


いかがでしたか?アマニ油にはオメガ3脂肪酸という非常に優れた成分が含まれている為、生活習慣病の予防、便通の改善、DHAが摂取できる等幅広く、メリットの多い効果を得る事ができるという事がわかりました。

ですがアマニ油の亜麻の生産量はオリーブと比べて3,4分の1程度と少ないですので、まだまだ世に広まる伸び白があります。

普段からアマニ油を健康食品として利用すると考えた時、様々な用途がある為汎用性に非常に優れています。ですので、家に1つアマニ油を置いてその健康効果を色々な形で是非試してみてください。

アマニ油について効能と使い方について様々な使い方を映像で紹介したいと思い動画で紹介させて頂きます。

話題のオメガ3系オイル亜麻仁油の効果!


亜麻仁油、大さじ1杯ですっきり


【読書革命052】南清貴「頭のいい人は亜麻仁油を飲んでいる!」

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ