沖縄そばとソーキそばの違いってあるの?!

スポンサーリンク

099f92507d97f709b3bb3ce992a7eee6_s
沖縄の食べ物と言えば・・・

ラフテイや紅いも、サーターアンダギーなど沖縄独特の食べ物がたくさんありますよね。
中でも有名なのが『沖縄そば』。
ソーキそば』も有名ですよね。

ん?

沖縄そばとソーキそばって違うの?!
って思った方いませんか?

呼び名が違うだけ?それとも根本的に違うの?

前から疑問には思っていたけど、実は私自身も分かりません。

良い機会なので、ここでいろいろと私なりに調べたことをご紹介します。


まず、その違いを発表する前に、『沖縄そば』とはどのようなものなのでしょうか?


実は沖縄そばって・・・


そばではないんです!!

麺にそば粉は一切使用されておらず、
感覚的は、
ラーメンとうどんの中間みたいな感じです。

以前に食品に関する法律だかなんだかで、「沖縄そばはそば粉を使ってないので、そばと呼んではいけない。」
なんて言われていたようです。
それを沖縄人の猛反対され、特別に許可されたみたいです。

沖縄そばに限らず、名産品や特産品の固有名詞などは、こうゆうケースが多いそうですね。

沖縄そばのそばだしは、かつおや昆布がきいたアッサリとした感じです。

これがさっぱりしていて、やみつきになってしまいます。

沖縄そばにのっている具材は・・・

・三枚肉と呼ばれる豚ばら肉の薄切りを煮込んだもの
・沖縄かまぼこ
・小ねぎ
・お好みで紅しょうが
を乗っけて食べるのがオーソドックスな食べ方なようです。

辛味がほしい方には、コーレグースという島唐辛子の泡盛漬けをかける人もいるとか!

スポンサーリンク


ではでは、本題の『沖縄そば』と『ソーキそば』の違いですが・・・


沖縄そばとソーキそばの違いは『』なんですって!!!
ソバ自体には違いはなく、上に乗っかっている具に違いがあるようです。

本土の感覚で言ったら、ラーメンとチャーシュー麺の違いのようなもので、つまりソーキそばとは、ソーキ入りの沖縄そばといったところです。

細かく言うと、沖縄そばに入っている三枚肉の代わりに、ソーキがたくさん入っているんです。

それがソーキそば!!

お店で頼むと小さいおわんがついてくるのが特徴です。
それは、おいおいお話いたしますね★

では、その沖縄そばとソーキそばの違いの『ソーキ』とは何でしょうか?

ソーキというのは豚のあばら肉の部分を、じっくり煮込んだものです。
その煮込んだあばら肉が、ダイナミックに骨ごと麺の上に乗ってます。

それにしゃぶりついて食べながら、沖縄そばをすするのがソーキそばの食べ方なんです。

これがたまらなく美味しいんですよ~。

私事のお話になってしまいますが、一度修学旅行で沖縄を訪れたのですが、私は『沖縄そば』ではなく、『ソーキそば』を堪能しました♪

確かに、ガッツリお肉が乗っていたのが印象に残っています。
沖縄そばも食べていれば、きっと違いが分かったと思いますが、同じものだと勘違いしていた私はソーキそばしか食べませんでした・・・。

今さらながら食べときゃ良かったと思っています(泣)

脱線してしまいましたが、ソーキはじっくり煮込まれているので、かぶりつくと味の良くしみたお肉がほろほろほぐれます。

そしてしゃぶりつくした骨を、おわんの中に入れるんです。

だからソーキそばを注文すると、おわんがついてくるんですね。

いかがでしたか?

沖縄そばとソーキそばの違い分かりましたでしょうか?
これを読んだ方は、その違いの理由も理解できたでしょうが、まだまだ知らない方はたくさんいるでしょう。

沖縄そばとソーキそばの違いが分かったあなた!!
みんなに自慢しましょう★


調べていくうちに、また沖縄に行きたくなっちゃいました!!
そして今度話こそ沖縄そばを食べてみようと思います(笑)

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ