ズブロッカのおいしい飲み方とは?

スポンサーリンク

6c6f21a8e85734557d4ae0ee0141c620_s

皆さんは、『ズブロッカ』というお酒をご存じですか?

ポーランドの世界遺産「ビャウォヴィエジャの森」で採れるバイソングラスを漬け込んだウォッカで、バーなどお酒を楽しむ場所には必ずおいてある有名なお酒です。

さくら餅のような口当たりを感じ、柔らかな香りとまろやかな飲み口が特徴で、ズブロッカはこの癖を消すために作られたフレーバーウォッカの一種です。

ポーランド語の本来の読みに近い発音『ジュブルフカ』→「ズブロッカ」という読み方で本来の発音を壊し、英語圏に広まり、日本に伝わったとされています。

そもそもウォッカが広く定着した14世紀頃は、すでに様々な穀物がウォッカ作りに使用されていました。
現代と異なり、この当時のウォッカは水や、りんごなどの果汁で薄めて飲むのが普通で、ストレートで飲むのは健康的にも道徳的にも良くないこととされていました。

中性当時は、蒸留の技術が不十分だったので、残留物が多く残ることが多かったようです。
そのため、強い癖の香りが残ってしまうので、好き嫌いがはっきり別れていました。

そこで、工夫してこの癖のある風味を隠すためハーブや果物の抽出液を添加し、いわゆる「フレーバーウォッカ」が作られました。

バイソングラスのエッセンスも同じように使われていたので、ズブロッカもそのひとつです。

ポーランド王室は狩りなどのため頻繁に、上記でも説明しましたが、ズブロッカの原料となるバイソンングラスが採れる森とされている、ビアウォヴィエジャの森を訪れていました。

当時森の近郊で親しまれていたズブロッカをたいそう好んで飲んでいたそうです。

ビアウォヴィエジャの森 は1979年世界遺産(自然遺産)に認定されています。
また、ズブロッカのラベルに描かれているヨーロッパバイソン(ポーランドで「ジュブル」)は、絶滅危惧種に指定されており、現在この森におおよそ400頭のバイソンが生息しています。

ウォッカのズブロッカ(ジュブルフカ)の特徴である淡いオリーブ色、柔らかな香りは、このジュブルフカ草に由来しています。
また、世界遺産の森には車の進入が禁止されているため、現在でも手で丁寧に刈り取りされているほど大切に扱われています。


ズブロッカについて詳しいことが分かったところで、オススメなズブロッカを使ったカクテルもご紹介します★

先述の通り、さくら餅のような風味・香りが特徴なので、春に飲むと香りと雰囲気がマッチして美味しく楽しめます。
ストレートで飲む場合は、冷凍庫で冷やすと美味しく飲めます。
家庭用冷凍庫では完全に凍ることはないので、冷えた状態で楽しむこともできます。

スモークサーモンや牛タン、またはピクルスのような酸味のある物おつまみがよく合うでしょう。
スポンサーリンク


★ズブロッカを使用したカクテル
 
・シャルロッカ

アップルジュース3~4の割合で作ります。
氷をたっぷり入れたタンブラーやワイングラスで飲むのがオススメです。
材料はどちらも冷えている物を使うことが大事で、冷えていないと美味しく頂くことはできません。
アップルサイダーのように炭酸が入っても美味しく飲めます。

・ズブモーニ

グレープフルーツを絞って加えて、シロップを少し足します。
トニックで仕上げればズブモーニの出来上がりです。
またトニックではなく、ソーダを使って仕上げても美味しく飲むことができますよ。


・ピンクバイソン

クランベリージュース3:トニックウォーター3の割合で作ります。
クランベリーの甘酸っぱさとトニックウォーターのほろ苦さ、ズブロッカの甘い風味が絶妙に合わさって美味しくなること間違いなし!!

いかがだったでしょうか?
ズブロッカというお酒試しめてみたくなりましたか?
お酒だけではなく、由来とされている「ビャウォヴィエジャの森」はヨーロッパで唯一太古の自然を残しているといわれている場所なので、観光の面でもとても魅力的ですよね!

ぜひ、参考にしていただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ