ジューサー・ミキサー・フードプロセッサーって何が違うの?!

スポンサーリンク

b4ed8c8612841177aef4dd762a94a0f2_s

今の世の中レストランなどのお店などに行っても、健康を気にかけたメニューが多くなってきています。
また調理家電などにも変化が出てきて、自宅で野菜を使ったスープやフルーツを使った生ジュースを作るジューサーやミキサーなどに関しても種類もたいへん多く、海外からも幅広く作られ、日本で売られています。

うちの自宅にはフードプロセッサーしかないのですが、ジューサーとミキサー、フードプロセッサーとの違いってあるのでしょうか?
どちらも食材を細かくする感じはなんとなく分るのですが…。

果たして使用目的は違うのでしょうか?
いろいろ比較してみることにしましょう!

電気屋さんの家電コーナーで、ミキサーとジューサーなどに対して「何が違うの?」といわれることは結構あるんだそうです。

まずはぞれぞれの特徴などをご紹介していきますね!!

★ミキサー★


こちらは、主に固形のものをとろみがかった液体にしてくれるものです。
ミキサーはだいたいのご家庭にあるものではないでしょうか?
使用頻度も多いのではないかと思います。

特徴としては、4枚ついている刃です!!

この4枚の刃が高速回転することによって液体にしてくれます。
たとえば、リンゴをミキサーにかけた場合、果肉が少し残ったとろっとした感じのリンゴジュースが出来上がります。

これは、ジュースの中にリンゴの繊維がそのまま残っているからなんです。

細かく刻みながら混ぜる!
これがミキサーの特徴です。
乳幼児の離乳食なんかにも、大活躍してくれるのでミキサーは持ってても損はしません!
離乳食を作るのって結構大変なんですよ…。
柔らかくするためには一度茹でて、それから潰す作業に移るので時間も労力も必要なんです。
ミキサーがあれば、すりおろしの状態になるので便利ですよ。

そんな万能のミキサーでも苦手なものもあります。
野菜や果物でジュースを作りたい!と購入する方も多いようですが、気をつけなければならないのは、食材の硬さと粘りです。

硬さの部分で気を付けてほしいものは…氷です。
氷などの硬いものは刃が傷んでしまいます。
ですが、最近では氷も使えるミキサーも販売されているようですが、市販の氷は硬く引き締まりすぎなので、ご自宅で作った氷にしてください。

粘りでは、粘り性の強いものはミキサーの容器の側面にくっついてしまうことがあります。
側面にくっついた食材にまで、刃は届きませんので空回りする状態になってしまいます。
たとえば、バナナなんかがまさしく粘り性のある食材です。

バナナジュースなどを作りたい場合は、牛乳などの水分を足して一緒にミキサーにかけるなどすれば大丈夫です!

スポンサーリンク



★ジューサー★


ジューサーの役割は、果物や野菜をおろし金のようなカッターで「削り」水分を取り出すということが特徴です。
ミキサーに似ているような気もしますが、一番の違いは野菜や果物をさらさらの液体にしてくれます。
ミキサーの場合とろっとした感じに仕上がりますが、ジューサーは入れたものの水分だけを取り出します。

リンゴで例えると、ミキサーは「すりおろし」。
ジューサーはリンゴをすりおろしたあと、「搾って果汁だけを取り出す」といったところでしょうか。
ミキサーに比べると飲みやすい状態になり、よりジュースに近づいた感じを想像してください。

ジューサーにも不向きなものもあります。
ジューサーは食材の水分だけを取り除くので、当然水分の少ない食材は適しません。

例えば、野菜ジュースを作るとき葉物野菜だけでは作れません。
繊維や皮を取り除いてしまいますので、ミキサーで作るよりもだいぶ量が減ってしまいます。
ジューサーを使うときは水分の多いリンゴやミカン野菜でしたら、ニンジン・セロリ・トマトなど水分の多いものがおススメです。


それでは最後に…

★フードプロセッサー★


フードプロセッサーは、ミキサーやジューサーとはちょっと違います。
ミキサーやジューサーは液体にすることを目的としていましたが、フードプロセッサーは主に個体→個体にするためのものです。
料理の下ごしらえには大活躍!!
お肉の場合はミンチに、お魚はつみれなど粗めに切りながら、といった感じでしょうか。

特徴としては、刃が容器のほぼ全体に届きますので、お肉やお魚などの粘りの強い食材も調理可能なんです。
自分で回転させる時間を調節することによって、みじん切りからたたきまで幅広く使うことが出来るのです。

フードプロセッサーには使用禁止の食材があります。
まずは、硬いもの。
ミキサーに比べて刃が長いため固いものを使用してしまうと、変形やつまりの原因になってしまいます。

そして、粘りの強いものもダメです!
山芋や納豆といった粘りの強いものだと、空気を含んでしまって膨張して容器からあふれてしまいます。

私自身もフードプロセッサーを愛用していますが、本当に大活躍です。
たとえば、ハンバーグの玉ねぎをみじん切りにするときや、餃子の餡などをつくるとき本当に楽に下ごしらえさせて頂いています★


話がズレてしまいましたが、ミキサー・ジューサー・フードプロセッサーの違いについて分かっていただけましたでしょうか?

これから購入予定の方に参考になっていたら嬉しいです!
私も早速、ジューサーを買いに行ってきます♪♪

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ