エディブルフラワーの育て方!見て楽しむ?食べる為に?いやいやどちらも楽しみましょう!

スポンサーリンク

5c6d081362415d021eff81a026350125_s

エディブルフラワーって何?と思われた方やエディブルフラワーをもっと上手に育てて食卓を彩りたいという方、様々な方がご覧頂いていると思います。

エディブルフラワーとは食用、食卓の彩りに使う花の事です。

例えば菜の花、カリフラワー等の食べれる花全般をエディブルフラワーと分類されます。


ガーデニングをされている方やガーデニングをしようと思っている方は、花を植えるとお庭が華やかに見えるけども、自分で育てた実感を感じたいから野菜も育てたいなって考えてしまって、何を育てたらよいか迷ってしまうという経験があるかと思います。


一方でエディブルフラワーは食用の花という事で、普通の花と同じようにお庭で育てる事ができますし、見て楽しい、食べておいしいという趣味と実利のどちらも兼ね備えているので花が咲く経過を見るのも楽しいですし、収穫の時も楽しいですので、花や野菜と比べて2倍楽しみがありますし、その上で他とはちょっと違ったガーデニングができて、とても育てがいのある花たちなのです。


そんなエディブルフラワーの育て方や始め方をもっと多くの方に知っていただきたいと考え、その方法をご紹介させて頂きます。


エディブルフラワーとは


ヨーロッパで生まれた、前述の通り食用、彩りの為の花というとても広い意味を持ち、食用としてブロッコリー、菜の花、香りと料理の上に添えるミント、バジル、彩りを良くする役割としてローズマリー、バラ、桜等これらを総称してエディブルフラワーと呼びます。


そんなの買えばいいじゃんと思われた方もいらっしゃると思いますが、普通にホームセンターや花屋で購入したものは少なからず農薬を使って育てている可能性がある為、食用花と表示されている花を購入しなければなりません。

ですがその食用花は流通が少なく、値段が高い傾向にありますので、自分で育てる方がかえってコスパに優れています。


加えて、自分で育て自分で食べるという事で、安心して食べる事が出来るという事もあり、お子さんがいらっしゃる方は食育としての効果も期待できます。


彩りだけじゃない!エディブルフラワーの効果とは

食事の彩りを目的としてエディブルフラワー生まれましたが、野菜にも様々な効果があるように、エディブルフラワーにも食べることで我々の体に非常に良い効果を得る事が出来るという事が最近分かっています。その1部を今回ご紹介いたします。

・桜の花びら
花を食べるというキーワードで1番良く思い浮かべる事が出来るのが桜の花びらですよね?桜餅の中に入っていたり、ゼリーの中に入っていたり春になると何かと目にする機会が増えると思います。
そんな桜の花びらにはリラックス効果が非常に高い食材としても知られており、二日酔いや血圧の低下に非常に効果があります。
育てるというキーワードと少し離れてしまいましたが、花の効果を知っていただきたくご紹介させて頂きました。

スポンサーリンク



・チューリップ
チューリップはユリ科です。ユリ根が食べられるようにチューリップの球根も食べる事ができます。
皆さんチューリップはあまり食用のイメージは持たないかと思いますが、チューリップの球根も非常に優れた「食品」なのです。
我々の生活の中で不足しがちな食物繊維やビタミン類を幅広く豊富に含んでおり、合わせて非常に糖度が高く、まさに見て楽しい食べておいしい花です


・バラ
お風呂にバラを入れて入浴するシーンはなんとなくイメージがつく方が多いと思いますが、実は食べることで非常に良い効果を得る事ができます。
現代人に不足している栄養である食物繊維、この食物繊維の含有量が10%程と非常に高く、全ての食品の中でベスト10に迫る程の多さです。


代表的な物をご紹介いたしましたが、全ての食用花には野菜に勝るとも劣らない栄養素が含まれております。そんな食用花の育て方を次でご紹介いたします。


エディブルフラワーの育て方

どのエディブルフラワーを育てる時にも注意してほしい事があり、それは有害な農薬の使用をしない事と、エディブルフラワー用の種を購入する事です。

農薬を使わないとなると1番手を焼くのが虫です。虫よけに効果的とされているのが市販されているハーブスプレーを購入し使用しましょう。

それでも虫が発生してしまう場合は、虫は辛い物を嫌がりますので、トウガラシやニンニクを近くに植えることで虫の寄り付きを抑える事ができます。


以上の農薬を使わない事と、虫の対策を行うという事に気を付ける事でエディブルフラワーを育てる時のポイントになります。
エディブルフラワーは食べる事を目的としている為、繊細な取り組みが必要ですが、その分収穫の時の喜びは格別ですので根気強く取り組みましょう。


ちなみにエディブルフラワーで1番簡単な花はミントです。ただ、繁殖力が非常に強く、地面に植える事はお勧めしません。
エディブルフラワーには興味があるけど時間が無いという方に向けてご紹介させて頂きました。


いかがでしたか?エディブルフラワーとは食用花の事であり、彩りを目的として食べられていましたが、栄養面で非常に高い効果があります。

ただ、育てる時には体に害のある農薬を使わない事と、虫の対策を取らなければならないという2点を知る事ができました。

花を育てた事のある方は大体、なんとなく育てている、庭を綺麗に彩りたいから育てているという方が大半ですが、エディブルフラワーを育てることで、また新たな形でガーデニングに向き合う事が出来、ガーデニングがより楽しい物になります。

エディブルフラワーについて動画も合わせてご紹介させて頂きます。


エディブルフラワー(食べられる花) 


Colorful Edible Flower Jelly Pudding Cake 食べられる花のババロア



こんなお花を食べています!我が家の食用花、エディブル・フラワーを紹介!

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ