ちくわぶ~おでんには絶対欠かせない!?いやそんな物知らない!?~

スポンサーリンク

3f11ca9435ad5a352466e42564fb6bfd_s
皆さんは「ちくわぶ」は知っていますでしょうか?

そのように質問すると、「そんなの誰でも知ってるよ!」と思われた方が多いのではないかと思います。

ですがその一方で「何それ?」と思われた方もいらっしゃるはずです。実はちくわぶって名前自体は全国区の食材ですが、知らない人がいるのも納得できる食材なのです。

というのも、ちくわぶの使用用途のほとんどがおでんなのですが、おでんは地域性が強い食べ物で、尚且つおでんにも必要ないと言ったら必要ない、そんな食べ物なのです。ですので、おでんに入ってないとなると、ちくわぶを食べる事はないという方がいらっしゃるのです。

ではそんなちくわぶを知らない人にちくわぶとはどんなものか、どの地域で食べられるのかを調べました。


ちくわぶってどんな食べ物?


ちくわぶとは小麦粉の主に強力粉をこねて、茹でた麩です。形は白色でちくわのような形なのですが、少しだけ大きく、外側がギザギザしているデザインの物が多いです。

素材自体に味はなく、食感は歯触りがざらざらしていて、噛んだときはとても固くいですが、その中に若干餅のような柔らかさがあるようなイメージです。名前はちくわと似ていますが、食感的にはきりたんぽを少し固くしたような食べ物です。

発祥は関東という事は間違いなさそうなのですが、かまぼこの代わりに作ったとか麩をモデルに手を加えた等様々な説があるようで詳細は分からないそうです。その上今現在でもほとんど東京圏でしか扱われていない為、東京圏のスーパーの地方の店舗で少しだけ扱っていたり、テレビで取り上げていたのを見た事がある等の理由から名前だけが独り歩きしたのではないかと考えております。

とはいっても東京圏以外の方でも食べた事がある方はいらっしゃると思います。では、ちくわぶは主にどの地域で食されているのか、そしてどのような形で広まったのかを調べます。


ちくわぶが食べられる地域

ちくわぶを食べている方が多い地域は関東圏全体、南東北の山形、宮城、福島の3県、北海道、後は遠く離れて山口、鹿児島等があります。主に東日本では普通に食され、食べない人が多い北東北、新潟でも名前は知っているという方が多く、知らない人はほとんどいないと思われます。

一方、知らないという方が多い地域は、富山、静岡、愛知等の中部の1部、滋賀以外の関西圏、山口と岡山県以外の中国地方、宮崎県、長崎県等があり、西のほとんどの地域が名前しか知らないか食べた事が無いそうです。

やはり東京発祥という事もあり、東と西にざっくりと分かれているという事で、やはり独自の食文化の色が強い県での認知度が低いという事がわかりました。

ではどのようにして東京圏以外に伝わったかと考えますと、1番の要因がテレビの力であり、大人気テレビ番組秘密のケンミンショーでも、関西の人はちくわぶを知らないというまさにそのままのテーマで放送された事があります。テレビの力が東京ローカルの食品から名前だけでも全国区にした1番の要因ではないかと考えます。

現に九州の1部に関してはテレビのチャンネルがあまりないそうで、東京のキー局の物を見る事が多い為、全体的な認知度が高かったのかなと考えます。更にコンビニでは関西発祥の牛すじ、関東発祥のはんぺんやちくわぶを地域関係なく買う事ができる為、西日本の方で食べた事があるという方を多くしたのではないかと考えられます。(東日本に住んでいる私も牛筋をコンビニで買って食べた事があります。)

ですが、わざわざちくわぶっていう知らん物をおでんに入れたくない!という方もいらっしゃると思います。実際味がよくわからない物を食べる、尚且つそれを汁物に入れるのって抵抗がありますよね?

ですので、ちくわぶのおでん以外の食べ方を紹介します。
スポンサーリンク


おでん以外の食べ方

ちくわぶはおでんと密接な関係があるのですが、ちくわぶに使う材料はほとんど小麦粉だけですので、広く色々な料理と合わせる事ができます。その使われ方の1部を今回は紹介いたします。
・代替品として
原材料がほとんど小麦粉だけなので、汁物の味がとても良くしみ込みます。

ですので、エビチリのエビ、トッポギ、煮物全般に加えても良いです。

ちくわぶは汁物系に入れても良いですし、グラタンやチリソース等のソース系に合わせても油と汁がしみ込む為、味を壊さずに合わせられる代用品として、東京圏とその周辺でちくわぶは活躍しています。

・そのまま
おかずの1部として紹介しましたが、メイン料理としても調理が可能です。例えば薄切りにして醤油、みりんで味付けし、フライパンで焼くとちくわぶの磯辺焼きに、更に薄切りにして油で揚げるとチップスやてんぷらでもおいしく食べる事ができます。

味が無いという事は、癖が無い事を表し、こんにゃく等と同じように、料理しやすいのです。

今回は1部だけどのように調理されるかという部分の紹介でしたが、ちくわぶ料理を是非皆さんも試してみてください。

いかがでしたか?ちくわぶは小麦粉でできている主におでんに入っている食材で、味にくせが無く調理しやすいのに、まだまだ関西圏では知らない方が多い食材だという事を知る事ができました。

ですがちくわぶはこんにゃくやお餅等と同じだけのポテンシャルを持っていながら、ローカルフード以上全国区以下という位置に甘んじています。

ちくわぶを食べる地域出身の私としては是非西日本に住んでいる方にも味わってほしいと思いますので、この記事を思い出した方は是非ちくわぶを1度買って食べていただければ幸いです。

ちくわぶについて文だけではなく、より分かりやすく伝える事ができればと思い、YOUTUBE動画で紹介させて頂きます。

ニュース 『ちくわぶ』食べたことある?


ちくわぶ製造 ( 前編 ) おでんや煮物に・・・


ちくわぶ ( 後編 ) ~ちくわぶができあがる瞬間~


エビなし究極コスパ!モッチリちくわぶと卵のエビチリ風! /Chikuwaku prawn ~recipe movie~

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ