きゅうりのとげと鮮度の関係

スポンサーリンク

c021eee6e305ac55cbe414c8b97fce56_s

小さいころから夏になると母が家庭菜園できゅうりを育てていて、それを収穫して食べていました。
新鮮なきゅうりはみずみずしいので、そのまま切らずに味噌をつけて食べるのが美味しいです。
しかし新鮮なきゅうりにはとげがあって、手で持つと痛いことがあります。
きゅうりには何故、とげがあるのでしょうか?
そしてこのとげを簡単に取り除く方法があるのか?気になったので調べてみました。


きゅうりのとげと鮮度には関係がある?

畑から収穫したばかりのきゅうりにはとげがありますが、スーパーなどに並んでいる収穫してから時間が経ったきゅうりには痛いとげがありません。とげの代わりにいぼいぼがあります。

昔からきゅうりにとげがあるのは、新鮮な証拠だと聞いていてそれを信じていました。お店にとげがあるきゅうりが並んでいると、喜んで買っています。

きゅうりのとげは本当に鮮度と関係があるのか、調べてみました。するときゅうりはまだ花が咲いているころからとげがあることがわかりました。まだまだ実が小さいときからとげだらけです。

きゅうりにとげがある理由は実はまだ明確になっていないと言いますが、有力な説が2つあるので紹介します。
まず一つ目は「動物に食べられることから身を守るため」という説です。
まだ成長していない小さいときに動物に狙われて食べられないための自己防衛のために、きゅうりにはとげがついているそうです。

これは農林水産省のホームページ内の、「こどもそうだん」のコーナーにも紹介されている説です。

そしてもう一つの説は、「完熟を知らせるため」だと言います。きゅうりは若いうちは青臭くて渋みが強くておいしくありませんが、完熟すると渋みがなくなります。きゅうりのとげは完熟するとしおれてなくなり、とげがなくなることで動物たちも食べやすくなります。こうやって人や動物に食べてもらって種を残して、子孫を増やそうとしているという説があります。

きゅうりのとげは完熟するとなくなりますが、同じように収穫してから時間が経つと軟らかくなってなくなります。したがってきゅうりのとげと鮮度には関係があり、とげがあるきゅうりのほうがないきゅうりよりも新鮮なことを証明しています。
スポンサーリンク


きゅうりのとげは食べる時に処理する?

きゅうりのとげは、食べるときにとっていますか?私は気にしないでそのままボリボリ食べていますが、収穫したばかりのきゅうりをそのまま手で持って食べると手にとげが刺さることがあります。そしてとげが刺さると痛みがあり小さいとげを抜くのは大変なので、食べる間にとげをとったほうが安全です。

ここでとり方を3つ紹介します。
①ゴム手袋を装着してきゅうりをこすりながら水洗いする。
②包丁の背で強くこすってとげを取る。
③いたずりする。

とげのとり方はどれも簡単です。①の流水で流す方法は、面倒なら素手でやってもかまいませんが痛いかも知れません。
そして②の包丁の背を使う方法は、きゅうりを包丁でカットするついでに出来るので簡単です。最後の③は包丁の上に洗ったきゅうりを置いて塩をかけていたずりすることで、余分な水分と青臭さを抜くことが出来るので美味しく食べられると言います。

きゅうりのとげと青臭さの両方が気になる人は、板ずりが効果的でしょう。

さいごに

きゅうりには栄養がないと言う人がいますが、きゅうりにはカリウムが豊富に含まれているので体のむくみや高血圧の予防に役立ちます。

更にきゅうりをぬか漬けにするとビタミンB1が入り込んでくるので、疲労回復効果や糖質の吸収抑制効果があります。
きゅうりはぬかに漬けておく時間を長くすると、ビタミB1の吸収量は倍増します。
またぬか漬けには乳酸菌が豊富に含まれているので、免疫力や代謝アップの効果も期待できます。


YouTube 趣味きゅうりの苗はトゲがあって痛い!手入れは慎重に&手袋あったほうがいいぞ!


YouTube きゅうりの板ずり★料理の基本


YouTube 新鮮な「登米産きゅうり」



スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ