おでんの大量仕込みは怖くない!リメイクで別のお料理に大変身

スポンサーリンク

76f73d04d4bed11d828e88b141b5fb7e_s
寒い冬の夕食にはおでんが大活躍します。そこに熱燗があればもう最高です!

おんでは地域によって味や素材に個性があり、最近はコンビニエンスストアも競って美味しいおでんの開発を進めています。
我が家では全国各地のおでんの作り方を真似して作るのですが、いつもどうしても作りすぎてしまいあまらせてしまします。
おでんは二日連続では飽きるので、リメイクの方法を調べてみました。


おでんとは

「おでん」とは日本料理のうち、煮物料理や鍋料理に分類される物です。
しかしもともと「おでん」は「田楽」を意味していました。室町時代は「煮込み田楽」と「焼き田楽」の両方を「おでん」と呼んでいましたが、江戸時代には「煮込み田楽」だけを「おでん」と呼ぶようになりました。

作り方は鰹節と昆布で出汁をとって味をつけ、はんぺん・さつま揚げ・大根・卵などを入れて長時間煮込みます。おでん種やつけタレの種類は、地域によって個性があります。


各地のおでん

日本各地の代表的なおでんの特徴を紹介します。

・北海道
昆布だしにホタテやつぶ貝など魚介類をたくさん煮込んで味噌ダレをつけて食べる、室蘭おでんが有名です。

・東北
青森風のおでんは、ネマガリダケ・大角天、つぶ貝など独特の種を入れて、生姜味噌ダレをかけて食べます。仙台風のおでんは、濁らず透明なつゆが特徴です。

・関東
東京のおでんは煮込み田楽が変化していったもので、鰹節の出汁を使います。おでん種に「ちくわぶ」と「スジ」が入ります。

・中部
この地域には個性豊かなおでんが揃っていて「しぞーかおでん」で有名な静岡風のおでんは、濃い口しょうゆと牛スジ肉で出汁をとった黒いつゆを使います。
おでん種にはそれぞれ竹串が刺してあり、だし粉や青のりをかけて食べます。
その他にも出汁に八丁味噌を加えたつゆを使う名古屋風おでんや一般的なおでんにねぎタレをかけて食べる飯田風おでんも有名です。
スポンサーリンク


・関西
関西では昔は大阪風のおでんにクジラのコロやさえずりを入れていましたが、高級になったので今は牛スジやタコを入れています。
そして京都風おでんは、さば節と昆布で出汁をとり京都の伝統野菜を入れます。

・四国
四国の讃岐うどん店にはセルフサービスで食べられるおでんが置いてあります。おでん種にはじゃこ天なども入ります。

・九州・沖縄
こちらの地域では、比較的コクのあるつゆが使われます。博多風おでんは鶏ガラで出汁をとり、長崎風おでんは焼あごで出汁をとります。
沖縄風おでんには種に豚足やウインナーが使われます。


おでんをリメイクする方法とは?

おでんを作ると必ず残ると、悩む人は多いようです。
そのまま続けて食べても飽きるので、一工夫して他のお料理に変身させましょう。
意外なお料理に変身するので、紹介します。

<茶わん蒸し>
小さめにカットした残ったおでん種とつゆに卵をたして茶わん蒸しを作ります。
簡単に作れて出汁がきいてとても美味しい茶碗蒸しが作れます。
彩に三つ葉などをプラスしてもきれいです。
この味がしみ込んで美味しい茶わん蒸しを食べると、普通の茶わん蒸しが物足りなく感じられます。

<お好み焼き>
残ったおでん種を細かくカットして、小麦粉や卵で作ったお好み焼きの液に混ぜます。
ここに千切りキャベツを混ぜて焼くと、美味しいお好み焼きになります。仕上げにお好みソースと青のりをかけて完成です。

<炊き込みご飯>
残った種とつゆを使って炊き込みご飯を作るのは、もう定番リメイク料理の一つになっています。
炊きあがりの頃にキッチンに広がる美味しそうな香りがたまりません。

<カレー>
お肉やジャガイモを足して、カレーを作っても美味しいです。
おでん種をそのままの大きさで使ったスープカレーも絶品です。
出汁が効いた和風テイストのカレーを作ると、スパイスが効いて飽きることなく残ったおでんが食べられます。


さいごに

いかがでしたか?
おでんを大量に作るとみんなが飽きてしまって翌日に家族に食べてもらえないと嘆く人もいますが、もう大丈夫!カレーや茶わん蒸しなどに変身させて、翌日も美味しく食べましょう。リメイク料理は食費の節約にもなります。


YouTube 残り物を有効活用!おでんリメイクお好み焼き!


YouTube 簡単炊き込みご飯 おでんリメイクレシピ 汁が余ったらこれ!


YouTube おでんリメイク、カレー作ってみたらめちゃ美味しかったよ☆


スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ