レジンの作り方とは?~世界でオンリーワンの物を作る!~

スポンサーリンク

76afdb84579a2bca6d17333e644628e5_s
一時期テレビで紹介された事のある、「レジン」の作り方を皆さんはご存知でしょうか?

レジンとは樹脂の事で、さらに言うと合成樹脂で自分オリジナルの人形や雑貨を作る事を指します。雑貨を作ると聞くと、ありあわせのものを組み合わせて作る方もいれば、業者さんが持っている道具を使って手の込んだものを作る方もいて、どちらにせよ「手がかかって大変そう」と思われがちですが、実はレジンで簡単に雑貨が作れます。

やはり世界で自分しか持っていないオンリーワンの物を持ってみたいと考えた事がある方は多いと思います。

ですので、世界でオンリーワンの雑貨を作ってみたい方、そしてそれを世に広めたい方にまで、レジンとは何か、レジンの作り方について調べました。

レジンとは?

レジンとは元々樹脂全般の事を指します。また、樹脂の中の1つであるUVレジンという液体状になっている樹脂を使って、アクセサリーや雑貨を作ったりする事を総称してレジンと呼ばれ、近年UVレジンを使った物作りが流行している事から、こちらの意味合いが強くなってきております。

好きなパーツを樹脂で閉じ込めてひもを通して、ネックレスやペンダントを作る方、慣れている人はレジンでオーナメントのようなものを作られる方もいらっしゃいます。

どのように扱うかといいますと、UVレジンの性質として、紫外線の光を当てると固まるという特性を持っている為、型等にパーツを入れ、UVレジンを流し込み形を整え、UVライトで紫外線を当てて固めるというのが大まかな作り方になります。

樹脂なんてどこで買えばいいの?と思われた方も多いと思いますが、100円均一や手芸店で簡単にお買い求めいただく事ができます。合わせてレジンに加えるパーツや樹脂を加工する為の道具であるUVライトも量販店でお買い求めいただく事ができます。

そんなレジンですが、実際どのようにして作れば良いかを調べました。

レジンの作り方

レジンの種類や作るもの様々ありますが、多くの場所で買う事のできる100円均一のUVレジンを使ってストラップを作る事を想定してご説明いたします。

まず使う物は、ピンセット等の形を整えるのに必要な物、UVライト、UVレジン液、ミール皿(1,2cm程の小さな丸い皿で、ロケットペンダントの皿が無い版のようなもの)、ビーズ等のパーツ、の5種類です。

1・まずはミール皿に1滴程の少量レジン液を流し込み、ピンセットでUVレジン液を薄くのばします。

2・ご自分の好きなパーツを空気が入らないように形を整えながら並べていきます。
※コラージュペーパー等を入れたい場合はあらかじめ1の段階で形を作って切っておいてください。また、気泡が入ってしまった場合はピンセット等でつぶしましょう。

3.UVライトで固まるまで8分ほどライトを当ててください。
スポンサーリンク


4・そうしたら完成・・・ではありません、もう1度同じようにミール皿からはみ出ないように再度UVレジン液を流し込み、厚みを作っていきます。そうしたら再度UVライトで8分程ライトを当てましょう。
※一気にUVレジン液を入れすぎるとミール皿からあふれてしまいますので少しずつ繰り返し行いましょう。

5・完全に固まったことを確認し、ミール皿にストラップの紐を通したら完成です。
このようにしてレジンを作る事ができます。レジン、UVライト等難しい言葉を使っていますが扱い自体は非常に簡単なのです。

また、もっと難しい物を作ってみたいという方も、材料の種類が増え、若干複雑になりますが、基本はパーツを入れ、レジンを入れ固めるという流れです。パーツの形が曲がらないようにする事と気泡が入らないようにすることだけ注意しましょう。


いかがでしたか?100円均一で簡単にそろえる事が出来て尚且つ始めてみると奥深いレジンの作り方を知る事ができました。

毎日コツコツやるものでなく、空いた時間に集中して出来る事と、アイデアから作業まで完全に自分のオリジナルでできる為、実用的な趣味が欲しいという方には是非お勧めしたいです。それにお子さんがいらっしゃる方は、お子さんと一緒に楽しむ事ができると思います。皆さんもレジン作りを是非始めましょう

レジンの作り方についてより分かりやすくお伝えできればと考えYOUTUBE動画にて紹介させて頂きます。
はじめてのUVレジン★ハロウィンストラップ作り★ ベイビーチャンネル uv resin


冬風レジンを作りました


UVレジン 癒しのアクアリウムと蝶 100均の材料で手軽に(#^.^#)

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ