恭賀新年と謹賀新年の意味は同じ?使い分け方を大公開!

スポンサーリンク

WS000001
年賀状、出していますか?最近は年賀はがきを購入する人が減っているとはいえ、もらうとやっぱり嬉しいですよね。

毎年末になるとネットでテンプレートが続々出て来ることからも、利用者はまだまだたくさんいるのがわかります。

文章の部分を見ると、「謹賀新年」「恭賀新年」「あけましておめでとう」「賀正」などなど、最初の部分が色々ありますが、意味は皆同じなのでしょうか。使い分けしたほうがいいのでしょうか。

それぞれについて、調べてみました。

年賀状の本来の意味は?

昔は、年賀状というのは新年の挨拶を直接できなかった人に対して出すものだったそうです。つまり、新年に直接挨拶回りをするのが当たり前のことで、挨拶に行けない人に対してのみ、失礼ながら書面で済ませる、と言う意味だったそうです。

ところが、昔のように小さな社会の中で暮らしていたならともかく、誰にでもそう簡単に会いに行ける訳ではありません。そこで年賀状が広まっていったのだそうです。

現在は、久しく会っていない人への近況報告や、あなたを気にかけていますよ、忘れていませんよ、といった意志表示という意味合いが強くなっています。


年賀状で使う言葉の意味は?

年賀状の文頭に書く、新年のお祝いの言葉を「賀詞(がし)」と言います。現在は日本語だけでなく中国語や英語・フランス語など色々な言葉がありますね。

その中でもよく使われるのは
「謹賀新年」「恭賀新年」「賀正」「迎春」「「寿」「あけましておめでとう」などでしょうか。
すべて、新年を祝う言葉として使われています。


恭賀新年や謹賀新年はどのように使い分けたらいい?使い分けのコツは?
実は、目上に使ってはいけない賀詞というものがあるのです。それは、それぞれの意味を考えるとよくわかります。
①四字熟語の賀詞
 ・「謹賀新年」 「謹」は訓読みで「つつしむ」。敬意を表してうやうやしく物事をすること。「かしこまって」という意味です。
         「賀」は喜び祝うこと、祝いということです。

 ・「恭賀新年」 「恭」は訓読みで「うやうやしい」。相手をうやまって、礼儀正しく丁寧だ、という意味です。

 ・「敬頌新禧」 「敬」はうやまう、「頌」は人の徳や美をほめたたえること、「禧」はめでたいこと、幸いという意味です。

どれも、相手に対して「かしこまって」「うやまって」「ほめたたえて」いることがわかりますから、目上の人に出すことができます。

②二字熟語の賀詞
 ・「賀正」 正月を祝います。
 ・「迎春」 春(新年)を迎えました。
 ・「新春」 新しい年です。
 ・「頌春」 春(新年)をほめたたえます。

①と比べると、相手に対する敬意や丁寧さがないことがわかります。単に事実を述べているだけですね。そのため、目上に対して使うのは不可。部下、同僚、目下、友人などに使うようにしましょう。
スポンサーリンク


③一文字の賀詞
 ・「寿」「福」「賀」「春」「禧」 すべて「おめでたい」という意味です。

 これも②と同じで、目上には使えません。それ以外なら大丈夫です。

④文章の賀詞
・「あけましておめでとうございます」「新春のお慶びを申し上げます」「謹んで新年のご祝詞を申し上げます」 相手に対してうやまっていますから、これも目上に使うことができます。

ということで、目上の人に出す時は四文字熟語か文章の賀詞が良いということですね。使い分けが難しい場合は、この2種類のどちらかに統一すれば良いでしょう。

なお、最近中国語の賀詞を見受けます。例えば「新年好」「新年快楽」「恭喜發財」「招財進寶」などですが、最後の2つは「お金持ちになりますように」という意味なので、日本人同士では使わないほうが無難ですね。


ほかに、年賀状を書く時に気をつけることは?

普通、賀詞以外にも何かしら書くと思いますが、その時に使ってはいけない言葉や漢字があります。
いわゆる「忌み言葉」と呼ばれるもので、「去る」「離れる」「破れる」「嫌う」「滅びる」「絶える」「衰える」「敗れる」「病む」など、不吉なイメージがあるものです。

ですので「去年」ではなく「昨年」「旧年」、「絶対」ではなく「必ず」のように、言い換えるようにしてください。


細かいことばかりで面倒ですが、一度覚えてしまえば簡単です。相手に失礼のないような、マナーにかなった年賀状を書きましょう。

YouTube:年賀状の書き方 本文の書き方 (あまり内容が合っていませんが、一応)

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ