初詣はいつまで行ける?

スポンサーリンク

d1cebf547635e65464d9ec2af3055fed_s
お正月の三が日、たくさんの初詣に行く人を見ますよね。あの大人数の人混みの中、よくもまあ日本人は寒い中出向くと思いますよね。

しかし、自分もそんな人たちの一人だったりするわけです。やはり一年の健康と平和を祈って、行きたくなるのです。

それに美味しそうな露店が並んでいるのでお祭り気分になれますし、おみくじを引くのもわくわくします。

寒い思いをしてでも行く楽しいことが、たくさんあるのですよね。しかし三が日を超えた後、いつまで初詣と呼んでいいのかふと疑問に思ったことがあります。

三が日の混雑を避けていたら、初詣の時期を逃してしまったという気持ちになることもあります。でも実際に、初詣はいつまでに行ったらいいか知らないですよね。

初詣とは

そもそも初詣とは、なんでしょう。普段から、合格祈願や安産祈願、縁結びなどで、お参りしてお守りを手にいれたりしますよね。

お参りをする機会はお正月だけではないことと思います。参拝の仕方もそれぞれ作法があります。初詣とは、言葉のとおり新年になって初めて神社や寺院にお参りに行くことです。

初詣は、1年間無事に過ごすことが出来た感謝気持ちと、新年もまた無事に健康で幸せに過ごせるようにお祈りをするのです。

古来より、日本には年籠り(としごもり)と言う風習がありました。年籠りは、一家の長が新年を無事にすごすために、大晦日の夜から元旦の朝にかけて氏神様のお社に籠って祈願することです。
スポンサーリンク


これが今の初詣に繋がります。氏神様のお社とは、今でいう神社に当たります。時代とともに年籠りのスタイルも変わっていき、大晦日の夜に詣でる「除夜詣」と元日の朝に詣でる「初詣」に分かれていきました。

また、初詣は恵方参りといって、その年に、吉とされる方角にある神社や寺院へお参りするのがスタイルでした。その年の恵方神が恵方にいて、たたり神が来ない良い方位とされていたそうです。

今でも恵方参りという言葉を耳にする方もいると思います。しかし、今では恵方を気にしていませんね。時代とともに年籠りは少しずつ変わっていき、現在では行きたい神社や好きな寺院に初詣に行くスタイルになっていきました。

もし、次の初詣ではどこに行こうかなと考えていたら、恵方を参考にして初詣に行くのも良いと思います。


初詣の時期はいつまで?

本題に戻りますが、初詣の時期については、結論から言うと厳格に決まっていないということがわかりました。時代とともに考え方が変化してきていますし、地域によっても違うようです。その中でも、主に初詣の時期は3つあると考えられています。

①元旦、三が日
②松の内
③1月中

です。

松の内とは、年神様という神様が滞在していると言われるお正月の期間のことです。

そのため、お正月に行われる行事は、だいたいこの松の期間中に行われます。松の内の期間は一般的には、門松やしめ飾りなどをかざっておく期間のことを指し、関東では主に1月7日までとされています。

しかし関西では、1月15日までの小正月とする場合もありますし、地域によっては20日までを松の内としている地域もあります。このように、地域によって定めている期間が違います。

また、1月中に行けば初詣と呼べる、という考える人が多いようです。なので、地域性や身内の考えを考慮して、初詣に行くのが良いと思います。

初詣いつ行く?

以上からわかるように、初詣にいつまでに行かなければならないというのは、特には決まっていません。

新年の初めに行くのが初詣なので、気にする必要はなさそうです。周りの状況の空気を読んで初詣の時期を気にするかもしれませんが、決まりはないので自由に行きたいときに行けば良いと思います。

私なら、確実に人混みが少なくなった時期に行きます。そんな自由な初詣ですが、思いを込めてしっかりと1年の感謝と新年の無事を祈ってきましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ