お年玉の相場ってどの位?みんないくらあげているの?

スポンサーリンク

WS000000
今年も「いくらにしたらいいの…?」と悩む時期がやって来ましたね。そう、お年玉です。

自分の子供にあげる額はもちろん、親戚の子にあげる金額は本当に悩みますよね。低すぎたら何か言われそうだし、でも多すぎると次も期待されてしまうし。

大体の相場を調べてみました。

どういう考えで決める?

たとえば、まだ生まれたばかりの赤ちゃんにお金をあげても、本人にわかるわけではありませんよね。そういった場合はおもちゃやお菓子をあげる、という人が多いようです。2歳くらいまでの子には一切あげない、という人も結構多いです。

小学生くらいになると金銭感覚が出来てきますから、難しいところ。こういった場合はつき合いの深さで決めている人が多数。あるいは、お年玉の額は均一にし、プラスアルファという形で差をつけるようです。例えば図書カード、iTunesギフトカード、QUOカード。今ならLINEプリペイドカードなども良いですね。

年齢に関係なく、社会に出た子にはあげない、という場合が多いようです。ただ、おじいちゃんおばあちゃんは、お年玉というより孫の生活費の補助という意味合いであげ続ける人が結構いますね。


お年玉の相場はどのくらい? 年齢によっても違う?

各年齢帯で最も多い金額と価格帯を以下にあげてみます。

 0歳~2歳  1,000円(0円~10,000円)
 3歳~5歳(保育園・幼稚園) 2,000円(0円~10,000円)
 6歳~9歳(小学校低~中学年) 3,000円(500円~25,000円)
 10歳~12歳(小学校高学年)  3,000円/5,000円(2,000~25,000円)
 12歳~17歳(中学生・高校生)  5,000円(2,000円~30,000円)
 18歳~(学生・社会人)  10,000円(0円~30,000円)
    ※( )内が価格帯

です。とはいうものの、小学生にあがったころから2~3万円あげている、という家庭も。特に親戚が少ない場合などは「かわいそうだから」と、この位の額になってしまうようです。
 
「3,000円か5,000円」でまとめている家庭が多いです。または、「年齢×500円」という考え方もあります。ただ、そうするとたとえば17歳の子供には8,500円という中途半端な額になってしまいます。その場合は、最初に計算方法を明確に相手に伝えてしまうのが良いかもしれませんね。


あげる前に注意することはある?

言うまでもないことですが、くしゃくしゃのお札はダメ。この時期になると、ATMでも新札を入れてくれる銀行がかなりありますから、こまめに交換しておきましょう。

新札がない場合は、できるだけシワを伸ばしてからあげましょう。
スポンサーリンク


<お札の伸ばし方>
 ①タオルを塗らしてお札をはさみます。
 ②お札の表面に軽く霧吹きします。
 ③アイロンの低温モード、あるいはスチームモードでゆっくり時間をかけて伸ばします。
 ④「アイロンスプレー」や「糊づけスプレー」など、シワ伸ばし効果があるスプレーを
  持っている方はそれをかけて下さい。
 ⑤広いところに置いて、時間をかけて乾かす。

 ※この⑤が一番のポイント。完全に乾くまで、触らないようにしましょう。

「ポチ袋」に名前を書いておくのもおすすめ。特に親戚一同が集まっているような時は間違えると後々大変です。

上司のお宅に新年の挨拶に伺う時は、ついお年玉を持って行ってしまいますが、本来はマナー違反です。お年玉は「目上の者が目下にあげる」ものだからです。

「御年賀」として、商品券や図書券、おもちゃやお菓子にするのが正しい方法です。


あげる時やもらう時に気をつけることは?

親がいる時にあげるようにしましょう。子供からはもちろん、親からもお礼が言える時に渡すのがマナーです。

その場でポチ袋の中を確認したがる子供も多いですが、それは止めさせましょう。


かわいいポチ袋を作りたい時は

一番のおすすめは「キャノン クリエイティブパーク」。毎年かわいいポチ袋のテンプレートがいっぱいです。ここは年賀状イラストなど各イベント用のテンプレートを無料でダウンロードできるので、ぜひ利用して下さい。
 Canon Creative Park http://cp.c-ij.com/jp/index.html

プリントアウトファクトリー内の「手作りファクトリー」も人気です。毎年かわいいイラストで、ワード形式もあるので文字を入れることが可能。名前や一言メッセージを入れるのに便利です。
 Printout Factory  http://www.printout.jp/


親にとってはちょっと頭の痛いイベントですが、自分たちも子供の頃はもらいましたよね。あの時のワクワク感を思い出して、子供たちからは笑顔をお年玉にもらいましょう!

YouTube:折り紙「鶴のポチ袋(お年玉袋)」の折り方


How to make an Origami Leaf Card

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ