赤ちゃんの前歯がすきっ歯だ!~そんな時の知識と対策~

スポンサーリンク

1b6e553c5216534377ac321769b65994_s

お子さんをお持ちのお母さんだったら経験があると思いますが、前歯がすきっ歯になっている赤ちゃんって多いですよね?特に初めてお子さんを持った親御さんですと、「わが子に歯が生えた」と思ったら赤ちゃんの歯に大きな隙間があるとなると、歯の生え始めは将来の歯列を決めるとても大事な段階ですので、大人になってからもすきっ歯になってしまう不安を抱える方が多いです。

とはいえ、前歯にすきっ歯がある赤ちゃん全てが大人になってもすきっ歯であるわけではないです。となると、赤ちゃんのすきっ歯はどのような原因で生え、どのように治っていくのかを調べました。


すきっ歯とは

すきっ歯とは空隙歯列という名称で、名前の通り自然に歯と歯の間の隙間が大きくなってしまう事です。歯の間があいてしまう問題点として、食べ物が歯の間に挟まりやすくなりそれが原因になって虫歯になる、発音が悪くなる、かみ合わせが悪くなることで胃に負担がかかる等の直接的な原因に合わせ、歯の、特に目立ちやすい前歯に隙間があいていると口をあけるのが恥ずかしいという方もいらっしゃいます。

そのすきっ歯には原因として先天性の物と後天性の物の2種類ございます。
・先天性
生えている歯が顎の大きさと比べ元々小さい場合と歯の形が悪く隙間ができてしまう場合と、歯が顎の骨の中に埋まる等の原因で歯自体生えてこない場合の2種類が先天的なすきっ歯の原因になります。

・後天性
後天的に虫歯になる要因として1番多いのが虫歯により歯が欠けてそこが隙間になってしまう場合や生活習慣等で顎やかみ合わせの形が悪くなりその影響で歯が広がる事が後天的なすきっ歯の原因になります。

赤ちゃんのすきっ歯はまだ乳歯なので対策のしようがありませんし、まだあごの筋肉も発達してないので、生え変わってからもすきっ歯になるとは決まったわけではありませんので、親として見守るほかありません。ただ、どのような原因で赤ちゃんにすきっ歯ができてしまうのか次でまとめます。

スポンサーリンク



赤ちゃんは何故すきっ歯になってしまうのか

元々の骨格が悪いから、顎の筋肉をあまり使わせなかったではないかと思われがちですが、そんなことはありません。

親の骨格の遺伝で赤ちゃんの頃は骨格が小さいという理由や、口周りの筋肉の使い方が赤ちゃんそれぞれ違う為、乳歯に隙間ができてしまったという原因がありますが、赤ちゃんのすきっ歯は将来の歯並びに影響はありません。

乳歯が隙間なく生えていると乳歯より大きい大人の歯に生え変わるにあたってまっすぐ歯が生える隙間が無く、曲がって歯が生えてしまう可能性がある為むしろ大人の歯に生え変わった時に大きく生えてくるスペースが確保されている為すきっ歯の方が良いとされています。


将来すきっ歯にならない為には

赤ちゃんのすきっ歯は将来すきっ歯になる物ではないと分かりましたが、乳歯に隙間があるお子さんであれば将来綺麗に大人の歯に生え変わるように、大体の歯が生え変わる2歳半~3歳まで経過を観察しなければなりません。その間に取り組むと良い事を御紹介します。

・おしゃぶりを卒業する
子どもの骨は柔軟なので、おしゃぶりを吸っていると口の筋肉が外側へと引っ張られる為出っ歯になりやすいです。それによりすきっ歯が引き起こされますので、できれば早いうちに止めさせるようにしましょう

・頬杖をつかせない
2歳ころになると頬杖をつく仕草を行うお子さんがいらっしゃいますが、顎の筋肉が偏る恐れがありますので止めさせましょう。同じ理由で、いつも寝る時の姿勢が同じという事も避けましょう。

・虫歯を作らない
虫歯を放置すると歯茎の状態も悪くなってしまい、歯が曲がって生え変わることがあります。ですので、乳歯のうちから虫歯を作らない習慣と、歯の治療をする習慣をつけましょう。

以上が赤ちゃんにすきっ歯を作らない方法です。


いかがでしたか?赤ちゃんのすきっ歯は将来の歯並びに影響はありませんが、赤ちゃんの乳歯に隙間がある無い関係なくすきっ歯にならない為の対策が必要であるという事がわかりました。赤ちゃんの前歯のすきっ歯に関して良く観察していただき、お子さんの歯を将来綺麗に生えさせ、いい意味で歯医者いらずの生活が送れる第一歩にしましょう。

赤ちゃんの歯磨き方法に関して映像でご覧いただければと思い動画にて紹介させて頂きます。

赤ちゃん 泣かないで歯磨きする方法


歯医者さんから教わった幼児の歯の磨き方


【小児矯正】治療例11ー出っ歯・すきっ歯、ガタガタをブラケットなしで治す!


スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ