赤ちゃんの三回食挑戦はいつから?どんなスケジュールが理想?

スポンサーリンク

0bb7940b34e08f6a79d38bbef560291d_s

赤ちゃんが、母乳やミルクからだけではなく、食べ物を食べるようになると、またこれも親としては喜ばしいもの。

また一つ、大人に近づいたなぁと感じますよね。
まずはすり潰したおかゆなどを一日1食から始め、徐々に自分で噛めるような固さや大きさにステップアップし、回数も増やしていきます。
三回食というのは、大人と同じ一日三食食べることです。
ただ、まだ大人と同じものを食べられるわけではないので、注意点などを守りながら赤ちゃんに食事をさせてあげてください。

三回食はいつはじめたらよい?


大人と同じ回数を食べるといっても、硬さや量など気を付けなければいけないことがあります。
離乳食の本や育児雑誌、自治体の離乳食講習などでママたちは学んでいるかと思いますが離乳食をだいたい生後5~6か月の頃始めたとして、7~8か月くらいに一日二回の「二回食」、9~11か月くらいで一日三回の「三回食」になっていきます。
もちろん、月齢は目安ですので、赤ちゃんの成長などにあわせて、多少前後しても問題ありません。
赤ちゃんとママが無理のないようにゆっくり進めてあげてください。
三回食に進む目安としては、食べ物を丸飲みしないで、舌などでつぶしてから飲み込んでいること、赤ちゃんのお茶碗一杯くらい食べられるようになっていること、食事を楽しんでいること、これが揃ったころに三回食にしてみてください。

ほかのこともそうですが、赤ちゃんが何かを初めて行うときは体調のよさそうな日を選んでステップアップしてくださいね。

そろそろおやつも


そろそろ、ミルクや母乳の回数が減ってくるのではないでしょうか。夜は寝て、朝起きて、ご飯を食べて・・・という生活のリズムも徐々に整ってくる頃ですね。

三回食に慣れてきたら消化のよさそうなおやつも。

いくら三回食とはいえ、赤ちゃんのお茶碗一杯は、基本は5倍がゆや軟飯くらいのもの。

赤ちゃんの胃はまだまだ小さいので、食事のみではなかなかエネルギーがもたないのです。

おやつは味の濃いものは避けて、蒸しパンやバナナを薄く切ったものなどを少しずつ出してあげてください。
手づかみ食べにも興味を示す頃ですので、手づかみしやすそうなおやつがいいですね。
また、母乳やミルクを与えても差し支えありません。

今日は機嫌が悪いかな、今日は食べたい気分ではないのかなと思ったら、そこはまだ臨機応変に母乳などを飲ませてあげてください。
フォローアップミルクもよいかもしれません。

スポンサーリンク



三回食と母乳・栄養について

赤ちゃんはそろそろお母さんのおなかの中でもらってきた鉄分などが減ってきます。
母乳も産後のころよりも栄養が少なくなってきていることもあり、今後離乳食でしっかり栄養をとることが大切になってきます。

三回食に進んだからといって、すぐに「栄養をしっかりしなければ」と固く考える必要はありませんが、頭の片隅に栄養バランスのことも考えながら離乳食を作ってあげるようにしましょう。

三食きちんと食べて、食べ物から栄養を摂ることを心がけます。
三回食に進んでも、なかなか思うように授乳回数が減らない方もいらっしゃるでしょう。

授乳は赤ちゃんが求めるスキンシップでもありますので、母乳は欲しがるだけあげてください。
だんだん食事から栄養をとるようになり、のどが渇けばお茶やお水を飲み、小腹が空けばおやつを食べるようになってくると、今までミルクや母乳に求めていたものが減ってきます。
卒乳への大きな一歩になりますね。


三回食の進め方


大人と同じ、一日3回の食事になったとはいえ、大人と同じスケジュールは赤ちゃんにとって厳しいもの。

どのようなタイミングで赤ちゃんの食事を出すとよいのでしょうか?
まず、食事と食事の間は3~4時間くらいあけるとよいそうです。

夜は就寝時間に影響しないよう、遅くとも夜8時には終わっているようにしましょう。

赤ちゃんが起床する時間などにもよりますが、午前9時~10時に一回目、12時~午後1時頃に二回目、午後5~7時に三回目。

午後3時頃におやつをはさんであげても大丈夫です。ミルクや母乳は各食事後に飲ませてあげてくださいね。

1歳になるころには、離乳食完了期に入ります。朝もきちんと起きる習慣をつけ、午前7時頃、正午、午後6時頃に食事をするようにします。
パパやママと同じような時間帯で食事をするので、家族で食事ができる場合が多くなってきます。

みんなで食べるとご飯はとてもおいしいということを赤ちゃんが感じ取ってくれたらいいですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ