保育園選びのポイントとは?

スポンサーリンク

aae8925d2f149b04b8e645461f8fe386_s
結婚後もお仕事を続け、妊娠し、産休・育休を取得されたママ。お仕事に復帰するにあたって重要になってくる子供の保育園。最近は保育園が足りず待機児童という言葉もよく聞くようになっています。

私の住んでいる自治体でも、毎年のように新しい保育園が開園しています。そして幼稚園・保育園が一体化された認定こども園もあります。

さて、保育園は、子供をただ預かるだけではありません。保育時間を楽しく過ごし、時には成長に合わせた教育なども行っています。それだけに、自分の子供にあった保育園を選ぶのは重要。保育園をこれから選ぶという方はぜひ参考にしてくださいね。

公立保育園・私立保育園と子供の教育方針

区立・市立・町立・村立などの保育園は、自治体が運営する保育園。イメージとしては「保育園でかかるお金が安い」というのが一般的だと思います。

対する私立保育園。「お金がかかる」というイメージがありますよね。

実際、やはり私立保育園のほうがお金がかかります。ですがその分、私立保育園は独自の保育方針をとることができます。のびのびと遊ばせてくれる園、お勉強までしてくれる園、様々です。

保育園を選ぶ際、金額等も重要ですが、自分がどういった保育園に子供を通わせたいのかを考え、それぞれの保育園の方針も理解する必要があります。

親の都合にも左右されてしまう

両親ともに激務の職場である場合、親の都合も考えないとせっかく入園した保育園で不都合が生じてしまう場合があります。

まずは登園方法。園のバスが送迎してくれるのか、親が送迎しなければいけないのか。バスが来るのであれば何時頃来てくれるのか、親が送る場合は職場に遅刻せず出勤できる位置にあるのか。時間というのはなかなかやりくりが難しいもの。ママやパパの負担が増えてストレスにならないように考えましょう。

次に、親が参加する行事の頻度や役員の仕事量など。一般的に幼稚園よりは保護者の出番が少ないとは言われていますが、それも園によってさまざまです。

PTAなどの活動が盛んであったり園行事が多い場合は、お仕事をお休みしても大丈夫な職場であることが必要になってきます。入園を考えている保育園があったら、そのへんも保育士や園長先生などに聞いておきましょう。
スポンサーリンク


認定こども園の保育園

一口に「保育園」と言っても、認定こども園の保育園もあります。認定こども園は、簡単にいうと幼稚園・保育園の機能を併せ持った園。通常、保育園は両親の片方が失業などで自宅の保育が可能になった場合はお子さんが退園になってしまうところがほとんどだと思います。

認定こども園では、そのようなことが起こっても保育園に続けて通園できるという場合がほとんど。ただし入園時、「保育園に入園する」ということになりますので、就労状況や一人親家庭であるなどの条件はチェックされます。

そして3歳児(年少)以上になると幼稚園方式で学級編成し、幼稚園教諭が担任としてつきます。幼稚園部分の教育方針も聞いておくといいですね。もちろん幼稚園扱いになるので、親の失業で退園しなければいけないということはまったくありません。

また、幼稚園から入園することもでき、この場合は就労不就労関係ありません。ただし、人気園では保育園から進級する子と在園児・卒園児の兄弟姉妹の入園が優先されることもあり、幼稚園からの入園が難しいところもあります。

お仕事が大変な方は「幼稚園だと仕事を続けられない」と思うかもしれませんが、延長保育のシステムもありますので、園に聞いておきましょう。夏休み等も預かり保育がある園がほとんど。

ただし、幼稚園は親の出番が多少増えてしまいます。保育参観、親子遠足のほか、発表会なども平日行われるところも。シフトや有休などで参加することができなさそうな場合は通常の保育園も選択肢としておいたほうがよさそうですね。

保育園では、親同士の交流がほとんどないところが多いと聞きます。交流のないことが例えば人付き合いの苦手な方や忙しい方にはとても有利に働きます。子供にあうと同時に親の事情にも合わせられる保育園を選ぶことが大切ですね。

ただし、幼稚園より保育園は「狭き門」である地域もありますよね。認可外保育園がある地域はそちらも視野に入れ、無理のない生活を送ることが一番なのかもしれません。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ