ベビーサインで赤ちゃんとコミュニケーションを!いつから始める?

スポンサーリンク

1060114d13f7eadde17062cfc7003d3f_s
産まれたばかりの赤ちゃんはとっても可愛くて、見ているだけで心が温かくなります。

笑ってくれると嬉しくなり、この笑顔の為ならどんなことでも頑張れます。
でも赤ちゃんを育てるのは楽しいことばかりではありません。
外出中に泣いてばかりいるけど、なぜ泣いているのかわからなくてだんだんイライラすることがあります。

子育てにベビーサインを取り入れると、まだ言葉が話せない赤ちゃんとコミュニケーションがとりやすくなると言います。ベビーサインとはどのようなものなのか興味がわいてきたので、調べてみました。

ベビーサインとは?

ベビーサインは1990年代にアメリカで始まった、ジェスチャーを使って赤ちゃんとコミュニケーションを取る方法です。

日本には2000年頃に入って来ました。赤ちゃんが手で作ったサインを使って意志を伝えてくれる方法です。これを利用するとまだ言葉を覚えていない赤ちゃんとお話しが出来るのです。

産まれたばかりの赤ちゃんはまだ声を出すことも上手にできません。言葉を覚えて話せるようになるのはまだまだ先の話です。
お話を覚える前の赤ちゃんに、状況に合わせたサインをお母さんが手を握るなどをして覚えさせるのです。

これをやる事で、赤ちゃんとの絆が深まって育児が楽しくなるという人が多いそうです。ベビーサインを利用した赤ちゃんはその後の言葉の理解が早いというメリットもあるそうです。

ベビーサインはどこで覚えるの?

ベビーサインは全国に専門の教室があります。専門の教室では親子が一緒にベビーサインを覚えます。インターネットなどで探せば、近所の専門教室がすぐに見つかるかもしれません。

教室に通うと、専門の先生がいくつものパターンのサインを丁寧に教えてくれます。そして同じくらいの月齢の赤ちゃんやお母さんたちとの出会いの場にもなるので、ベビーサインを覚えながら子育てに関する情報交換が出来たり、悩みを相談することが出来るのでお母さんの精神面にも好影響があるでしょう。

スポンサーリンク



もう一つ、ベビーサインは自宅で気軽に独学で覚えることが出来ます。本やDVDがネット通販などで簡単に手に入ります。
これを参考にパパとママが一緒に覚えて赤ちゃんに教えることが出来ます。
ベビーサインを覚えることで一緒に何かをする時間が増えるので、家族の絆も深まります。
食べる」「ほしい」などのベビーサインは形が決まっています。
独学で教えると少し違ってしまうかもしれませんが、コミュニケーションツールとしては十分役に立ちます。
また、教室のように複数の同じくらいの月齢の赤ちゃんが揃うと覚える速さにも個人差が出てきます。
「うちの子は覚えるのが遅いかも?」「うちの子は他の子どもとちょっと違うかも?」などと比較して気になってしまうようなお母さんには、自宅での独学が合うでしょう。

ベビーサインはいつから始めたらいい?

赤ちゃんの発達や始めたいと思ったきっかけによって、ベビーサインを始める時期はバラバラだそうです。
日本ベビーサイン協会によると生後6か月から18か月くらいの間が丁度よいとされています。

始める時期が早すぎてしまうと赤ちゃんはまだ視力や聴力が弱く指先など体を上手に動かすことが出来ません。
ベビーサインは赤ちゃんがお母さんの真似をし、サインの意味を理解しながら覚えていきます。

赤ちゃんの発達の状況や様子をよく見て始めるのにふさわしい時期を判断し、焦らずゆっくり楽しみながら覚えることが効果的と言えるのです。

そしてベビーサインを使えるようになるには生後6か月程度で覚え始めた赤ちゃんは2~3か月練習してから、1歳過ぎてから始めた赤ちゃんだと1~2週間でサインが出来るようになります。


YouTube ベビーサイン


YouTube ベビーサイン 10か月

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ