ヘルパンギーナと手足口病の違いとは?

スポンサーリンク

406bef4a39cd012cc2f82d0900de6559_s
「手足口病」という病気は有名ですよね。冬よりは夏ごろによく聞くようになる病気です。
では、「ヘルパンギーナ」という病気はご存知でしょうか?

この病気も夏に流行る傾向にあって、手足口病によく似た病気ですが、別の病気ですので違う症状もあります。違いを見極めてしっかり治しましょう。

手足口病の特徴と対応方法


手足口病という病気は、発疹や水疱ができる病気で、熱は37度~38度。発疹や水疱は一般的に口の中や手のひら、足の裏などに出ます。
手足口病のウイルスは一つではなく、いろいろなウイルスが原因だと言われています。ウイルスによって症状や熱の出方が変わるそうです。熱が出ないもの、全身に発疹が出るものもあります。症状が水疱瘡に近い症状になることもあるため、一見間違えてしまいそうです。このような症状が認められたらすぐ医師の診察を受けましょう。

熱は長くても3日前後だそうですが、重症化すると脳炎を伴うケースもありますので、医師の指示に従ってください。
感染経路は、飛沫感染や接触感染、便から感染することもありますので、子供のオムツ交換等で感染する方もいらっしゃいます。日ごろから手洗いはきちんと行いましょう。咳やくしゃみも人に向けないようにマスクを使うと良いです。タオルも人のものを使わず、自分のものを必ず使うようにしましょう。

症状がおさまっても、安心できないのが手足口病。呼吸器からは1~2週間、便からは2週間~4週間、ウイルスが排出されます。便は数か月間ウイルスが排出されることがありますので、しばらくはオムツ交換などには使い捨て手袋を使うのもおすすめです。

ヘルパンギーナの特徴と対応方法


こちらも水疱のできやすい、乳幼児に多い病気。発熱は手足口病より高めの39℃から40℃くらいの高熱が出て、のどが痛くなるのが特徴です。水疱ものどの奥や上あごの粘膜にできることが多いので、つばがうまく飲み込めずよだれが増えてしまったり嘔吐しやすくなります。手や足などには水疱は現れませんので、体がかゆいということは少ないようですが、熱も高めですので、体力的にはこちらのほうがしんどいと思います。

感染経路は手足口病と同じで飛沫感染や接触感染、便からの感染。ヘルパンギーナの場合も、お世話する人はマスクや使い捨て手袋を使うとよいでしょう。タオルも共用せず、手洗いもしっかり行います。

最近は冬にもヘルパンギーナにかかる子供もいるそうですので、夏が終わったからと安心できないようです。
スポンサーリンク


手足口病・ヘルパンギーナの治療法


手足口病やヘルパンギーナを治す薬はいまのところありません。薬はありませんが、必ず小児科を受診してください。場合によっては症状を和らげてくれるような薬を処方してもらえるかもしれません。ただし、病気自体を治す薬ではないので、お子さん自身の治癒力で治していかざるを得ません。

まず、手足口病ですが、部屋が暖かすぎるとかゆくなるので、気を付けましょう。直射日光も避けたほうがよいそうです。
それから、どちらの病気の場合も、水疱などにより、お子さんが食事をしたがらないかもしれませんが、熱も出ますので、体力の消耗も心配なところ。

くれぐれも脱水症状には気を付けてあげましょう。ゼリーやそうめんなど、喉の負担が少ない食べ物を食べさせるといいですね。保育園や幼稚園も医師と相談し、無理をせず休ませてください。ほとんどの場合が登園・登校停止になるかと思われます。

手足口病とヘルパンギーナは、発熱の度合いが違いますがとても似ている病気で、症状によっては見分けることが難しいのだそうです。必ず医師の指示に従いきちんと治してから幼稚園や保育園に行きましょう。

子供は冬に風邪やインフルエンザなどで体調を崩すイメージがあると思いますが、手足口病もヘルパンギーナも夏がピークだといわれています。夏は案外体力を消耗しやすい季節ですので、気を付けたいですよね。

どちらも感染経路が一緒ですので、お世話の仕方もほぼ一緒。周囲が感染しないように気を付けてお世話してあげてくださいね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ