チャイルドシードの選び方!~安心・安全の運転を~

スポンサーリンク

1060114d13f7eadde17062cfc7003d3f_s

チャイルドシート、現代における出産準備用品の一つになっています。特に電車やバスが一時間一本ペースの地域などでは、時間が決められてしまうお子さんの検診や幼稚園・保育園の送迎に車は欠かせません。

車で移動が多い地域では、産後の退院時にチャイルドシートが車に装備されているか確認する病院・産院もあるとか。

チャイルドシートは現在、道路交通法で6歳未満は使用することが義務付けられています。我が子は小柄なので、チャイルドシート(ジュニアシート)を使わないと窓からの景色が楽しめないといって小学校に入ってからも愛用しています。

さて、チャイルドシートと一口に言っても、お店に行くと様々な商品が並んでいます。我が子に使えるチャイルドシート、どのような基準で選ぶといいのでしょうか。

チャイルドシートの基礎知識


まず、子供の体重等を参考に、子供を乗せることのできるチャイルドシートを選び出します。
体重が10㎏未満の場合は、座席に後ろ向きで取り付けます。
新生児のために買う場合は「新生児・乳児用のベビーシート」か、「乳児・幼児兼用タイプのチャイルドシート」を選びましょう。

取り付ける位置は後部座席。助手席の方がママの顔が見られていいかな?なんて思いがちですが、エアバックが作動したときに危険であるということ、助手席の死亡率などから、チャイルドシートは後部座席へということになっています。

子供の体重が10㎏を超えたら、乳児・幼児兼用タイプは前向き設置OKです。新生児・乳児用のベビーシートの場合はおそらく後ろ向きにしか設置できませんので、新たに幼児用チャイルドシートか乳児・幼児兼用タイプを購入しなければいけなくなるかと思います。

18㎏以上になったら、チャイルドシートの中でも「ジュニアシート」と呼ばれるものを使用します。

前述のとおり、6歳未満はチャイルドシートを使わなければいけません。ざっくり言うと、未就学児はチャイルドシートを使ったほうが無難。でも、幼稚園・保育園の年長さんで18㎏超える子は結構います。買い替える頻度や金額と相談して購入するといいですね。

スポンサーリンク



レンタルもある。よく検討を


電車移動・バス移動が主流でめったに子供を車に乗せることがない、年に数回の旅行や帰省時、帰省先だけしか使わない・・・それでも決まりは決まり。子供の命が一番大事です。

こういう場合は生活用品をレンタルできるお店でレンタルできます。ベビーベッドなどもレンタルで済ませた方もいらっしゃると思いますが、チャイルドシートもレンタルできますので、旅行の時だけ、帰省時だけレンタルして使いましょう。

チャイルドシートは、現在のパパ・ママが幼い頃は義務付けされていなかったので、おじいちゃん、おばあちゃんは我が子にチャイルドシートを使っていなかった方も多く、チャイルドシートに関心がない方もいらっしゃいます。

「たかが数日、なくても大丈夫!」なんて思わず、いい機会ですので、安全についてお話しできるといいですね。(チャイルドシート不使用は違反ですので、罰金はないそうですが1点減点されます)
ちなみに、バス・タクシーではチャイルドシート免除です。その分、パパやママがしっかり抱いてあげましょうね。

車や家族に合ったものを選ぶ

チャイルドシートをせっかく買ったのに車に取り付けられない、まれにあります。チャイルドシートのメーカーでは、ホームページなどで適合リストを紹介していますので、参考にしてくださいね。わからない場合は販売店で調べてもらうのもいいでしょう。

家族構成なども考慮しましょう。誰がどの位置に乗るのかを決めたうえでチャイルドシートを購入してください。車の座席も、チャイルドシートは全席対応ではありません。
基本、普通乗用車であれば後部座席左右のみ、中央は取り付けられません。両親+三つ子ちゃんだと、普通乗用車で人数的には乗れるのですがチャイルドシートのため全員乗れない事態になり、車自体の買い替えも視野にいれなければいけません。

他にも、折り畳み式のサブシートへの装着もできないと思っておいたほうがよさそうです。
ベッド型のチャイルドシートは一つ設置するだけで二席分とるようです。こういった点もよく調べてから購入しましょう。今後の家族計画(下のお子さんを考えているなど)もよく考えてくださいね。

車を一家で複数台所有している方は、車を変えるたびにチャイルドシートを乗せ換えるのか、安いものを複数買ってそれぞれの車に取り付けてしまうか、それも家族でよく話し合ってくださいね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ