お食い初めの数え方ってどうやるの?

スポンサーリンク

1b6e553c5216534377ac321769b65994_s
赤ちゃんを出産すると、毎日がバタバタ。そのバタバタの中でもちょっとした成長を見つけてはパパもママも大喜び。
さて、赤ちゃんが生まれると、地域によっても違うのでしょうが、いろいろな行事や節目が訪れます。

鯉のぼりやお雛様を飾る初節句や、最近はハーフバースデー(生後半年)のお祝いをするという方も多いですよね。記念の節目で昔からある行事といえば「お食い初め」。

これも赤ちゃんの成長を願って行われる節目のイベント。このお食い初め、生後何日目に行うのが正しいのでしょうか?

地域性もある「お食い初め」日にちの数え方、祝い方

お食い染めの由来は諸説あり、詳しいことはわかっていませんが、平安時代に生後100日目にお祝いをしていた(生後50日も祝っていたそうですが)ものが今も続いているのではないかと考えられているそうです。平安時代はお餅を赤ちゃんに食べさせた(食べさせる真似?)そうですが、当時このようなお祝いができたのはごく一握りの「貴族」と呼ばれた富裕層だけかもしれません。

通常は生まれた日を1日目とし、100日目をお祝いの日とします。しかし、このお祝いは地域の伝統などもあり、120日や他の日数で行う地域もあるそうです。お住いの地域の伝統に詳しい方に聞いてみるといいですね。お祝い事なので、仏滅のみ避けるという場合が多いそうです。

このお祝いは、この赤ちゃんが一生食べ物に困らないように、という願いが込められているそうです。今はお餅ではなく、お膳を用意します。お祝い膳を用意するお宅が一般的かもしれませんね。お膳の内容も地域によって違うのだそうで、尾頭つきの魚や香の物、歯固め石などがその地のものに変わったりします。

スポンサーリンク


「お食い初め」はこんな感じで


お祝いは、おじいちゃん、おばあちゃんも呼んで行うという方が多いかもしれませんね。赤ちゃんに食べさせる真似をさせる役は親族の中でご高齢の方にお願いし、長寿を願います。

赤ちゃんは、男の子は男性の左ひざ、女の子は女性の右ひざに座らせて、食べ物を食べる真似をさせるのだそうです。
お膳も漆塗りのお膳を用意し、赤飯やお吸い物、尾頭つきの魚、香の物などを盛り付けます。

この祝い膳を「飯→汁物→飯→魚→飯」の順で食べさせる真似を3回させます。あくまでも真似ですが、少しでも赤ちゃんが食べるとお祝いになるそうで、最近はお吸い物の出汁にベビー用の出汁を使って作るというところもあるそうです。

最後に歯固め石を箸でつついて、その箸を赤ちゃんの歯茎にそっとつけて歯固めの儀式とするそうです。歯も丈夫になってほしいという願いが込められています。


現在の「お食い初め」事情


100日目のお祝い、出来ることなら両親や祖父母みんなに集まってもらい、一緒にお祝いをしてほしいですよね。しかし今は両家と離れた地で結婚生活を送るご夫婦も多いかと思います。

パパが単身赴任だったり、お仕事が忙しい、出張が入ったなど、ちょうど100日目のお祝いが難しい時代なのかもしれません。加えてお宮参りを予定している、記念に写真館で写真を撮るという方もいらっしゃいますよね。

現在では、育児雑誌等でも「絶対に100日目にお祝いをしなければいけないわけではないので、赤ちゃんの体調や天候に合わせたお出かけを」と書かれていることが多いようです。ぴったり100日目にお祝いするのが一番いいのかもしれませんが、一番優先すべきは赤ちゃんのこと。

生後100日目が大雪で寒い日になるかもしれませんし、猛暑日になるかもしれません。赤ちゃんが風邪をひいていることもあるでしょう。まずは赤ちゃんの体調と天候を優先しましょう。そしてお祝いのスタイルに合わせ、パパがお仕事を休めるか、おじいちゃん・おばあちゃんが来れる日か、写真館やお祝いの場所は手配できる日かを考えて決めるのが一番だと思います。


また、最近ではお食い初めのお膳を漆器ではなく離乳食用の食器を使うというご家庭もあります。実際、お食い初めに合わせて離乳食の食器を買うパパやママも多く、その後実際離乳食で使う食器なら無駄もなく経済的ですよね。

おじいちゃんやおばあちゃんが食器を贈るという風習もあるようですが、贈る前にパパやママに相談してからのほうがいいかもしれませんね。

お仕事で忙しいパパやママも多いかと思います。どうしても、お祝いの席を設けなければいけない!と深く考えず、赤ちゃんの成長を願うという基本的な部分を踏襲しながら、日本の美しい伝統の一つとして、時代に合わせたお祝いをしてあげるのもよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ