産後の腰痛はどうすれば楽になる?

スポンサーリンク

61812c9d5ee9c8046ca6d47bbd216db4_s
産後のママの腰痛対処法

お産後、ママは腰が痛くなります。これは多くのママが体験すること。腰が痛いのは本当につらいと思います。どうして産後に腰が痛くなるのか、それをきちんと理解して、少しでも痛みを和らげることができるようにしておきましょう。赤ちゃんのお世話は待ったなし!体が少しでも楽になると、お世話がとてもやりやすくなりますよ。

産後の腰の痛みは出産の影響も


腰痛と一言で言っても、原因はいろいろあります。産後にママが腰痛に悩まされるのは、第一に骨盤がゆがむからだと言われています。
女性は赤ちゃんを産むとき、骨盤を緩めて、赤ちゃんが出てきやすいようにしています。赤ちゃんが出たからといって、緩んだ骨盤はすぐには戻りません。産後の腰の痛みはこのことが原因におこる方が多く、中には歩くことが困難になるほどの方もいらっしゃいます。

そして、育児での腰痛。赤ちゃんをだっこしたり、授乳の時に無理な体制をとったりすることも、腰痛を長引かせている原因だそうです。赤ちゃんをだっこするという、今まであまりしたことのない動作が、使っていなかった筋肉を使うことになり、いくら軽い赤ちゃんでも腰には大きな負担になっていきます。

筋肉がしっかりしている人は腰痛の治りも早いといいますが、妊娠中に腹筋等はかなり減っています。もともと運動をたくさんしていた人は筋肉の戻りも早いと思いますが、運動不足だった人は腰痛が長引くかもしれません。

骨盤のゆがみから来る腰痛は、やはり骨盤のゆがみを正すことで早く腰痛から解放されると思います。

効果的だと思われるのは産褥ベルトなどの骨盤を矯正できるもの。骨盤を固定することで骨盤のゆがみを治し、腰痛改善につながります。商品によって産後いつから使用できるか違いますので、購入するときはチェックして買いましょう。

産褥体操やストレッチも腰痛に効果があります。体を動かすことで骨盤のゆがみを解消し、血行をよくすることもできます。体を動かすことで子宮の収縮も促進されますので、ぜひやってみてください。特に産褥体操は産後一日目からできますので、やってみてくださいね。決して激しい運動ではないので、手軽にできますよ。




ストレスや睡眠不足も

スポンサーリンク


産後はストレスがたまりがち。うちの妻は二人目の出産で育児になれているから、ストレスなんて関係ない!なんて思っているご主人はいませんか?一人目は一人目の大変さ、二人目は二人目の大変さがあります。

一人目は何もかもが初めての世界。ご主人が一緒に共感してくれるだけで、気持ちがすっと軽くなることも多いですし、赤ちゃんのお世話で思うように家事ができなくて困っているママは少しでも手伝ってもらえたり、できない部分を許容してもらえるだけで本当にありがたいと思うでしょう。二人目になれば、慣れてはいるかもしれない赤ちゃんのお世話かもしれませんが、大変さは一緒。加えて上の子のこともあります。年が近ければ赤ちゃん返りが始まったり、ちょっと離れていれば幼稚園などへの入園準備、幼稚園・学校の行事などで頭の中がいっぱいになってしまいそう。

加えて赤ちゃんのお世話による睡眠不足。オムツをかえたり授乳のために夜中に何度も起きなければいけない状況になります。

ストレスや睡眠不足で、自律神経のバランスが崩れてしまうと、血行が悪くなります。血行が悪くなると腰痛を引き起こすことも多いので、注意が必要です産後は運動不足になりがちで、ただでさえ血行が悪い状態ですが、精神的な負担が加わることで腰痛を引き起こす場合もあります。

ストレスや睡眠不足は、ご主人や家族の協力が不可欠。パパもお仕事で疲れているかもしれませんが、協力できそうなことを話し合って、ストレスや睡眠不足を減らしてあげられるように気を配ってあげたいところです。

そのほかにも、食品に気を配ることも大切です。赤ちゃんの母乳のためだけではなく、ママの体のためにも大切なことです。特にカルシウム、マグネシウム、たんぱく質、ビタミンDの栄養素は腰痛にいいそうですので、食べてすぐに腰痛が治るわけでありませんが、栄養的にも大切なものですので、積極的に食事に取り入れましょう。

骨盤のゆがみなどというと、整体がすぐに思い浮かびますが、産後骨盤が緩んでいる状態で整体を受けるのは腰痛を悪化しかねませんので、一か月検診の時医師に相談してから整体に行くようにしましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ