産後の外出、いつからOK?

スポンサーリンク

1b6e553c5216534377ac321769b65994_s

10ヶ月という長期間、おなかの中で赤ちゃんを育んできたママ。いよいよお産が近づいてきているという時間を過ごしている方は、お産の後の生活に思いを馳せることも多いでしょう。赤ちゃんのお世話、赤ちゃんとのお散歩、赤ちゃんとのお買い物・・・。

さて、お産が終わってから、どのくらいしたらお出かけしても大丈夫なのでしょうか。

体に負担のないよう、きちんと体の状態を知っておくことが必要ですね。

知っておこう産褥期

お産が終わると「産褥期」になります。体調や出産の状況にもよりますが、産後6~8週間、体を回復させる時期のことです。

赤ちゃんはただお腹の中にいたわけではないですし、歯磨き粉みたいに押せば出てくるものでもありません。赤ちゃんを妊娠し始めてからお産に至るまで、ママの体は変化しています。骨盤も子宮も、産んだからはい元通り!なんてことにはなりません。

産んだ後って、出産時の疲れもあるし、体の痛みもあります。それなりに出血もします。そんな状態のママの体が元に戻るための期間がこの産褥期なのです。この期間には無理をしないで、少しでも疲れてきたら横になれるようにしておきましょう。


最初のお出かけ


お産後に病院や産院から退院してきたら、産褥期はできるだけ安静。ですが、体が順調に回復してきたら、最初のお出かけは一か月検診。ママの体調も赤ちゃんの成長も順調であるか医師に診てもらいます。それまでは外出しないこと。無理をするとママの体調が心配です。

一か月検診でママが順調に回復しているのであれば、家から近い場所などへのお出かけは少しずつ始めてもいいでしょう。回復が遅いなどの診断が出た場合は必ず医師の指示に従いましょう。

赤ちゃんの外出

首が座らない赤ちゃんとの外出は気を遣うもの。しかし首が座っていなくても、生活をしていくうえでどうしても赤ちゃんと出かけなければいけないこともでてくることも。一か月検診で異常がなければ、ベランダなどで外の空気に触れさせてあげても大丈夫。

長時間にならないように気を付け、寒い時間帯も避けましょう。どうしても出かけなければいけない場合は寒さなどに気を付け、羽織ったり掛けたりできるものを持っていきましょう。

積極的にお出かけするのは首が座ってからでも大丈夫なので、それまでは短時間で帰宅できるようにしたほうがいいですね。
スポンサーリンク


赤ちゃんとのお出かけに必要なもの

お出かけは急なことが多かったり、準備中に赤ちゃんがぐずってしまったりで、まともに準備するのが難しい・・・ということもあります。赤ちゃんが落ち着いている時間や眠っている時間などに、外出用のバッグなどを備えておきましょう。

さて、外出先で何が必要か・・・赤ちゃんは言葉で要求できるわけではないし、お世話もまったなし。ということは、家で育児しているときに使うものがだいたい必要になってくると思わなければいけません。

オムツを替えることを想定して。
・オムツ
・おしりふき
・ウエットティッシュ
・ビニール袋数枚

授乳を想定して
・ミルク・哺乳瓶・お湯等
・完全母乳育児の方は授乳ケープ

泣き出すことを想定して
・おもちゃ

そのほかにティッシュ、タオル、ガーゼ、抱っこ紐、防寒用の服や毛布、ブランケットなどなどもあるといいですね。これらをバッグに日ごろから入れておくと、急なお出かけでも慌てることなく出発できます。消耗してしまったものは帰ってから早めに補充しておけば次のお出かけもらくちんです。

車での外出が多い方は、ティッシュやオムツなどはいつも車に積んでおくのもいいですね。

近場の短時間のお出かけでしたら、オムツ用品があればだいたい何とかできます。


お産後すぐは、大げさなようですが安静が第一。ここできちんと体調を戻しておかないと治るのが長引くといわれています。しかし、パパや両親になかなか頼れない、急に必要になったものがあるなど、どうしても買い物しなければいけない場合もあります。

最近はネットスーパーが普及してきました。ネットで買い物をして届けてもらえるので、そういった宅配等を上手に活用して、ママと赤ちゃんに負担の少ない生活を送ってくださいね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ