無痛分娩にデメリットってある?

スポンサーリンク

5466716b5c5e966755ec851b22ed073d_s
陣痛、経験した者から言えることは「痛い」につきます。自分も結婚した以上はいつか子供が欲しいとは思ったものの、とにかく痛がりの自分に出産なんて大仕事はできるのだろうか、と妊娠に躊躇していた部分はありました。

痛い思いをしないで赤ちゃんを産むことができたらどんなにうれしいだろうなどとよく考えたものです。

いざ妊娠して雑誌などを見るとよく「無痛分娩」というワードに出会います。そんな夢のような出産方法があるのかととても興味が湧いたものです。残念ながら私が出産した病院では基本、無痛分娩はできないと言われていましたので、結局普通分娩で産みました。
この無痛分娩、いいことばかりではないようですよ。

無痛分娩とは?


無痛分娩は麻酔を使います。痛みを感じる神経を麻酔で麻痺させ、痛みを軽減させて出産します。

無痛分娩は痛くないか?と言われたら、まったく痛くないというわけでもありません。少しは感じる方がほとんどだと思いますし、麻酔が効きづらいという方にもなかなかうまく効かないと聞きます。

ただ、普通分娩に比べると痛みが軽減されるケースが多いようで、海外の先進国では出産も合理的に考えられていて、出産する女性の体の負担を軽減する意味でも無痛分娩は一般的に行われている国もあります。

アメリカやフランスなどでは保険が適用されているそうですので、無痛分娩も選択しやすいのかもしれませんね。

無痛分娩のメリットとデメリット

無痛分娩のメリットは、なんといっても陣痛などの痛みが軽減されること。痛いこと、つらいことが少なければ、それだけママの体への負担が少なく済むということ。

「出産=痛い」というイメージで、怖いな、大変だなと思う人もいらっしゃると思うので、痛みを軽減することもできる、ということも知っておいていただきたいです。

そして、母体の負担が少ないというのは赤ちゃんにもいいことがあります。お産の最中、呼吸が乱れたり、きちんと呼吸をしていなかったりすると、赤ちゃんに酸素がうまく届かなくなってしまいます。

痛みを和らげ、ママがしっかり呼吸できることで、赤ちゃんも苦しむことなくお産を進めることができるそうです。

産後も、痛みを和らげている分ママの回復が早くなる、ということもメリットですね。

デメリットは、麻酔を使うことによる副作用の心配があります。麻酔医が必ず麻酔を行いますが、副作用が完全に出ないという保証はありません。症状としては皮膚のかゆみや低血圧、頭痛など様々。

それと、料金が高いこと。保険の適用がまだの日本では料金の上乗せが発生してしまいます。高度な技術を必要とする出産ですので、日本ではどうしてもお金がかかってしまうのが現状です。

分娩時間が一般的に通常よりも長くなるといわれています。そして、痛みが少ないためかママのいきみが弱くなるようで、鉗子分娩、吸引分娩を行う割合が高まるとも言われています。

硬膜麻酔法で麻酔を行うゆえに起こるトラブルとして、カテーテルによる炎症が挙げられますが軽度で済むかと思われます。

麻酔が血管や髄液に入ってしまって上半身がしびれる、ひきつけを起こす、ということもまれに起こるようですが、医師が適切に対処してくれますので、通常はあまり心配しなくてもよいかと思われます。
スポンサーリンク


無痛分娩は、薬で陣痛を起こす都合上、出産の日をあらかじめきめることができます。そのほか、体に対する副作用、費用などを医師に相談しながら安心して出産の日を迎えられたらいいですね。

病院・産院によって、出産時のきまりやどういった分娩方法ができるかなどが違ってきます。例えば夫の出産も立ち合い可の病院が増えてはきていますが、立ち合いできない病院もあります。

出産後は母子同室なのか別室なのか、出産時に異常がみとめられた場合の対処はどうするのかなど、自分はどんな出産を希望するのか、それに合う病院はどこなのか、あらかじめ調べておくことも必要です。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ