妊活でタイミング法。なかなか妊娠しない原因とは?

スポンサーリンク

3d7a18e00c776853e9c83393bc8265a1_s

結婚し、赤ちゃんが欲しいと思うご夫婦は多くいらっしゃると思います。思いがけず早く授かる夫婦、計画通り授かる夫婦、なかなか思うようにいかないご夫婦。子は授かりものとはよく言ったもので、いろいろあるものです。

妊活の中で「タイミング法」を試しているという方。うまくいかないなぁ、今回も妊娠できなかったなぁ、毎月毎月考えてしまいますよね。
タイミング法がうまくいかない原因はどんなものがあるのでしょうか。


タイミング法とは

タイミング法とは、不妊治療の治療法の一種で、基礎体温を計り超音波検査などを受けたうえで排卵日を予測する方法です。

不妊治療の中でもかかる費用が低く効果的だと言われています。
基礎体温は毎朝計り記録していかなければいけないという面倒くささもありますが、低予算、自然妊娠ということを考えて不妊治療の最初のステップにすることが多いですね。

このタイミング法がうまくいったというカップルは意外に多いと聞いたことがあります。
しかし、タイミング法は自己流ではうまくいかないことがあるのです。きちんと医師に相談しながら日にちをみていくことも必要だと思います。


タイミング法がうまくいかない原因


・基礎体温はきちんと計っていますか?
基礎体温を計ることが必須となってきます。妊娠そのものが「タイミング」なのですが、やはり妊娠しやすい日をしっかり把握しておくのは大事なことです。

そして排卵日が妊娠当日!というのも正解ではありません。排卵日より二日ほど前が一番妊娠しやすいと言われているようです。「排卵日の後」ではないので、タイミングを探るのも大変かもしれませんが、体のリズムなどを把握するためにも医師にも相談しながら正しいタイミングの瞬間を見つけてください。

スポンサーリンク



・生理不順ではありませんか?
女性の悩みの一つといっても過言ではない「生理」。

順調の人でさえ憂鬱なのに、不順の方は本当に大変だと思います。生理不順の方は排卵も安定していないのでタイミングをとるのも難しくなります。
医師に生理不順である旨を伝え、生理不順を改善してからタイミング法を始めたほうが妊娠につながる確率がぐんとあがると思いますよ。

・規則正しい生活が送れていますか?
妊娠は、まず夫婦が健康であること。病気とか怪我とかそういったことではなく、規則正しい生活が送れているかどうか、ということです。
睡眠時間が短かったり食事が不規則だったりすると、本人は元気のつもりでいても体は疲労してしまいます。体が元気でいるからこそ、妊娠の確立もあがるというもの。夫婦ともに自分の体にも気を付けていきましょう。

・夫婦に妊娠しない原因?
俗にいう不妊症のことです。これは実生活のなかで実感できるものではないので検査が必要となってくるのですが、検査が必要になるまで検査しない人がほとんどなので、なかなか妊娠しないなと思ったら検査を受けてみたほうがいいのかもしれません。

昔は、子供ができないのは女性の責任だという風潮があり、今でも女性のほうが多く悩んでいるかもしれませんが。男性の不妊症もあります。男性もぜひ検査を受けてください。

「自分が不妊症だって言われたらショックだから行かない」と言い切っている男性を知っていますが、これは女性もショックを受けるのは同じこと。しかししっかり現実を見ないことには妊娠に漕ぎつけるものも漕ぎつけなくなってしまいます。妊娠は双方の協力なしにはできないことなのです。

妊活は大変です。夫婦お互いの協力があってできることなのです。妻への思いやり、夫への思いやりがとても大切。子供が欲しいと焦ってしまう気持ちもあるでしょうが、「今日がタイミングだから!」といった義務的な雰囲気になることなく、日常から自然にお互いを思う気持ちで相手に接することが必要なのではないでしょうか。


そして女性は、基礎体温を計ることで妊娠以外にも体調管理などにとても役立ちます。
まだ結婚も妊娠も予定ない!という方も、基礎体温を計ってみてはいかがでしょうか。私も断続的ではありますが、基礎体温を何度かつけていました。

ここ最近は基礎体温をつけていないので、また計って記録してみようかな、と思っています。年をとると体調も変化しますし、自分の体調のサイクルを知っていると何かと便利ですしね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ