つわりは二人目の場合、いつから・・・?

スポンサーリンク

a0fb1057f89f304fdd3c75dbc0a874cc_s
出産、これは本当に体力のいる大仕事。ただ、妊婦さんが何事もなく十月十日(とつきとおか)を過ごしているわけではありません。
最初の難関「つわり」これが重くてつらかったという方は、二人目欲しいけど妊娠したらまたあのつらい思いをしなければいけないのか・・・と思ってしまうかもしれません。

つわりって、ママの体質?二人目も同じくらい重いつわりがやってくる?

つわりは「決まり」がありません。

これは本当に困った問題なのですが、つわりにははっきりした期限もなければ、体質もアテにならないのが本当のところ。つわりそのものが医学的にしっかり解明されていないのです。

一般的には「安定期頃にはつわりもおさまってくることが多いようです」ということですが、必ずおさまる保証はありません。

おさまらない人も少数ですがいます。しかし、一人目のつわりが重かったからといって二人目も必ず重くなるということではありません。

私はつわりはごく軽いほうでしたが、一回目と二回目ではつわりの内容が違いました。食べ物の好みも、好きになったものもまったく違います。
知人たちの話を聞いても「一人目より重かった」という人もいれば「軽かった」という人もいます。

二人目の妊娠、気を付けたいこと

初めての妊娠と、二人目以降の妊娠では、つわりは一般的にどちらがつらいのでしょうか。
環境面でいうと、二人目以降の妊娠の時のほうが大変なのではないでしょうか。

つわりじたいは上の子の時と同じくらいでも、初めてママは自分の体調を考えて横になったりできますが、二人目以降のママは具合が悪くても上の子のお世話をしないわけにはいきません。上の子が入園前の場合は一日中そばにいるので、上の子もママと一緒に遊びたくなってしまいますし、まだ離乳食が完了していない場合は離乳食も気になるところ。

入園しているお子さんには、幼稚園や保育園に行く支度、送り迎え、園の行事などもあります。あまりゆっくりする時間がないのが現状といえます。

なので、精神的にも体力的にもつらいかも、というのが二人目以降ママ。

まだ上のお子さんが入園前でしたら、早めに里帰りを検討してみてはいかがでしょうか。入園間近もしくは入園している場合は、ファミリーサポートなどを活用し、ママが一息つける時間を確保したほうがいいと思います。

ちなみに「二人目はつわりが一人目より軽い」という話も聞いたことがあります。これはつわりの現象自体が解明されていないので、軽くなる理由もわかりません。

一度経験しているので妊娠に体が順応してきているとか、育児をしながらの妊娠なので気が張っていた、などといった説はあります。しかし二度目のほうが辛かったという方もけっこういらっしゃいますので、つわりはケースバイケースですね。
スポンサーリンク


つわりはいつから始まる?どう対応する?


つわりは受精卵が着床すると始まるといわれています。つわりが軽い人は、生理が来ないことで妊娠かなと考えますが、つわりがある方は、割と早い段階でつわりがやってきて妊娠を確信した、という話があります。

つわりの最中は、匂いや味に敏感になる話はよく聞きます。妊娠ている時としていないときでは匂いの好みも変わりますので、どんなものが苦手になるかは妊娠してみないとわからないのです。

匂いがダメなのに食事の準備は大変。そんなときは柔軟に考えて、上の子はレトルトのベビーフードなどを活用するのも大切です。パパは会社帰りにお弁当を買ってきてもらうもよし、食べてきてもらうのもよし。

自分は食べられるときに食べると考え、できるだけ水分補給だけはすこしずつしていきましょう。ゴクゴク飲めない人は氷を口にいれておくのもよいそうです。

梅干しやしょうがは吐き気を軽減させてくれるそうですので、活用してみてください。

つわりは一生続くわけではありません。つらいとは思いますが、ママはできるだけ気に病まず心を落ち着け、つわりがひどい場合には主治医に相談してみましょう。

周りの家族はママを守ってあげてください。つわりがひどい方はその瞬間を必死に戦っています。ママを守ることがお腹の赤ちゃんを守ることになりますよ。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ