夏休みの自由研究題材【小学3年生】

スポンサーリンク

17ba05f1c52bab554961281b18ec854d_s

3年生になったら自由研究のテーマは、子どもの好きな科目や、得意な科目、「なぜだろう?」と不思議に感じることなどからテーマを選んでみましょう。

親の手伝いはまだ必要かもしれませんが、自分で考え、自分でまとめることができると良いですね。

小学3年生向けの自由研究の題材例をご紹介します。


バターを作ろう


バターができるしくみを調べてみましょう。

材料は、生クリーム200mlのみ。

とてもシンプルです。

ただし、植物性脂肪の生クリームや、乳化剤などが添加されている生クリームでは実験はできません。

フタ付きの空きビンに、生クリームを入れます。

ビンは透明なものの方が状態の変化を観察しやすいです。

フタをしっかりと閉めて、ビンを上下に振りましょう。

この時点では生クリームは液体のままなので、シャバシャバと音がします。

しばらくすると、ビンを振っても音がしなくなります。クリーム状になってきます。

さらに頑張ってビンを振ります。

すると、今度はチャポチャポと再び音がしてきます。

固体と液体に分離しはじめます。

そのまま、固体が大きくまとまるまで振ります。

固体と液体を皿に分けて取り出せば完成。この固体がバターです。

液体はバターミルクといい、栄養たっぷりなので捨てずに飲みましょう。

生クリームの状態や音の変化の様子を、時間を計りながら観察しましょう。

バターができたのは、生クリームの中にある「乳脂肪」が集まって固まったからです。

この仕組みを調べましょう。最後に出来上がったバターを食べて、味の感想もお忘れなく!



雲を観察しよう




夏の空は一日をかけてさまざまな表情を見せてくれます。

雲ひとつない快晴だったり、もくもくと入道雲ができて突然の夕立が降ったり。

また台風が近づいてくると、黒っぽい雲が空を覆い隠すこともあります。

日に何回か、決まった場所から空を観察し、雲の様子を絵や写真で記録しましょう。

そのときの気温、天気も記録しておきましょう。

雲には種類があります。形の特徴から、雲の名前を調べてみましょう。

雲と天気には密接な関係があります。どんな雲が見られたあとには、どんな天気に変わったかなど、気づいたことをまとめましょう。

1日だけではなく、1週間~2週間ほど続けて観察をすると、雲の様子と天気の移り変わりの関係をよく確認できます。

また、デジタルカメラを使って写真で記録する場合は、空を広く見ることができる部屋に、三脚を使ってカメラを固定しておくと、毎日の撮影がしやすいです。

【その他自由研究題材も参考にどうぞ】
夏休みの自由研究~中学生編~
中学生の簡単な夏休み自由研究【すぐできる!】
夏休み!自由研究の工作【女の子向け】
夏休みの自由研究題材【小学6年生】
夏休みの自由研究題材【小学5年生】
夏休みの自由研究題材【小学4年生】
夏休みの自由研究題材【小学2年生】
夏休みの自由研究題材【小学1年生】

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ