勉強に集中する方法!~なかなか集中できないあなたへ~

スポンサーリンク

7694a7fd626516f517c791e71b44914f_s

学校の試験や入試の勉強をしようとする時に、机の上が散らかっているのが気になって片付け始めたり、スマホをいじってしまうことってありませんか?

今日は3時間びっしりと勉強をするはずだったのに、勉強前に他の事をしてしまったので残り時間が1時間程度になってしまったり、時間通りに始めたのに気が散って何も覚えられない事って多くの人に経験があると思います。

次の試験の時こそ集中して勉強が出来るための方法を、ここで紹介します。

そもそも集中力って何?

集中とはある事柄に注意を集中させることです。
脳の働きとしては、視覚に入った情報をもとに何に集中するかを決め、その事柄にピントを合わせていきます。
こうなると右脳と左脳が効率よく働くので、周囲の余計な情報をシャットアウトし、人から話しかけられても気付かないほどにもなるのです。

集中力が途切れる原因は?

一つの事に集中する能力は、トレーニングで高められます。
何に対して集中しようとするのかを、人は選ぶことが出来ます。
しかし、集中力が途切れるときは、自分自身ではコントロールは出来ません。周囲の環境に左右されます。

集中力を途切れさせる原因は大きく2つあり、その一つは「」です。
急に眩しい光を浴びるときには集中力が途切れます。大きな光ではなくても町のネオンテレビから漏れる光によっても途切れます。

そしてもう一つの原因は「」です。
外から聞こえる救急車のサイレンや犬が吠える声、雷などで集中力が途切れます。自宅で勉強をしても家族の話声が聞こえ始めたり、部屋のテレビをつけられたりすると集中力が途切れます。

スポンサーリンク



集中力は1回途切れると回復すまでに最低でも、約30分はかかります。
そして回復するのにはエネルギーが消耗するので、何回も集中力が途切れていたら勉強は捗りません。

勉強に集中する方法って何かある?

ではどうやって、勉強に集中したらいいのでしょうか?そのコツを紹介します。

①前日から準備する:
勉強時間になってからそこで初めて何の勉強を始めようか?と考えている様では、まだターゲットが決まっていないので手中する事は不可能です。
しかも勉強内容を決めることがストレスに感じてしまったら、脳では勉強をしない理由を考え始めてしまうので、さらに効率は歩くなります。

前日の夜までに具体的に勉強する内容と時間を決めて、ノートや紙に書き出します。
そうすることで脳内では睡眠中にその書き出した内容をインプットし、翌日の作業開始がスムーズにできる準備をしてくれます。
取りかかりに時間がかかる人には、大変おすすめの方法です。

②デスク周りを片付けておく:
脳は新しい情報に敏感で、大好きです。視野に入った雑誌やスマホ・お菓子などにターゲットを変えてしまうと途端に集中力が途切れます。

また、余計なものが周囲に置いてあると勉強前に余計な事を始めてしまうので、始める前にダラダラする原因になります。前日の準備の段階で、デスク周りも整えておきましょう。

③余計な音は消す:
雷などの大きな音は、集中力を途切れさせる原因になると前に書きました。テレビの音も新しい情報がどんどん耳に入って来るので集中力を妨げます。勉強するときには、テレビのスイッチは切りましょう。

また、情報伝達とは関係のない心地よい音や音楽を流すことは、逆に効果的です。
自宅の周りでは工事をする音や外を走る車の音、家族の生活音が聞こえます。
これらをかき消す効果がある音を利用すると、集中力はアップします。

④時間で区切る:
人間の集中力を持続させるには、限度があります。
学校の授業も1時間で休み時間になります。日頃見ている大好きなテレビ番組も1時間の間にコマーシャルが入るので、細切れで集中して観ています。

勉強時間を仮に4時間と設定しても、45分から60分で休憩時間を作ります。また、英単語を5個暗記したら休憩するなど、内容ごとに休憩をはさむのも効果的です。

休憩時間には軽く体を動かして、リフレッシュしましょう。

⑤勉強前の行動パターンを決めておく:
学校ではチャイムが鳴ったら席について授業を受けます。
自宅でも帰った時にもお風呂の後に夕食を食べるなど自然に行動に移せるパターンが決まっています。

勉強前にも歯を磨いてコーヒーを入れてから勉強するなど、パターンを決めた方がスムーズに集中できます。
そしてコーヒーやお茶のカフェインは脳を刺激して、集中力を高める手助けにもなります。


YouTube 上手にサボって、集中力を高めるコツとは? byメンタリストDaiGo


YouTube 集中して勉強する方法

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ