478呼吸法とは?眠れない時に役立つ?!

スポンサーリンク

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s

明日は遠足。明日は面接。明日は入試。今日は早く寝てしっかり休息をとり、明日は寝坊をしないようにしたい。でも布団に入っても眠れない。そんなときはありませんか?

そんな時に試してもらいたいのが「478呼吸法」。
気持ちを落ち着かせてくれる呼吸法だそうです。もうひつじは数えなくて大丈夫!かもしれませんよ。


478呼吸法とは

478呼吸法というのは、アメリカのアンドルー・ワイル博士が提唱した呼吸法で、心身をリラックスさせる効果があるそうです。
眠れない夜はだいたい気分が平静ではないときですよね。
良いこと悪いこといろいろあるでしょうが、明日は居眠りなんてできない大事な日!ともなればとにかく心を落ち着かせて眠りにつきたいものです。

その高揚した気分を落ち着かせてくれるので入眠しやすいのだそうです。

アンドルー・ワイル博士は、アメリカの健康医学の研究をされている方で、人間に備わっているはずである自然治癒力を引き出す医療を提唱していらっしゃるのだそうです。

そのアンドルー・ワイル博士が良いというこの呼吸法はどこでも誰にでもできる簡単な方法。眠れない夜に是非試していただきたい呼吸法です。

まず、口を閉じて鼻で息を吸いながら4秒数えます。次に息を止めて7秒、そして8秒数えながら口から息を吐ききる。これを1セットとして、4セット行います。たったこれだけ。

特殊な器具もいらないし、ただ呼吸の方法を変えるだけのシンプルな呼吸法。
4秒・7秒・8秒をカウントするので、478呼吸法と言われています。


具体的にどんな効果が期待できる?


とにかくまずは興奮を鎮めて心を落ち着かせてくれる役割があります。
寝付けない原因となるものに副交感神経の緊張や興奮が挙げられます。
「今日あったことにイライラする」「明日のことが気になって仕方がない」などの気持ちの高ぶりを鎮めてくれるこの呼吸法でしっかり眠ることができたという話を多く聞きます。

この呼吸法は心拍数を下げてくれます。ドキドキを鎮めてくれるので、心が安定して自然と眠りにつきやすくなるのだそうです。


スポンサーリンク



さぁ、やってみましょう


478呼吸法はリズムが一番大事です。ぴったり4秒7秒8秒でなくても大丈夫。心の中で一定の速さで4、7、8をカウントしましょう。

息をするときは普段と同じように。深呼吸までする必要はありません。
あくまでリラックスすることが目的なので、いつもと同じような息の吸い方で大丈夫です。

呼吸を止めるときもリラックスを心がけて。我慢しすぎると息苦しくなるので、無理のない時間を基準にリズムを決めてくださいね。

吐き出すときはゆっくり。こちらも深呼吸というわけではないので、8カウントかけて息を吐ききってください。

一番大切なのは4:7:8という比率で息を吸って止めて吐く。無理をしない速さで行ってくださいね。


意識してリラックスするのはとても難しいことだと私は思っています。
リラックスしろと言われてなかなかできるものではありません。
リラックスしたい時ほど気持ちが興奮している気がしますし、明日は何か大事な行事があるなんて時は、緊張しやすいのでなかなか平常心でいることもできません。

イライラすること、くよくよすること、考えすぎて眠れないなんてこともよくあります。
この478呼吸法は呼吸を意識するだけで無意識に心を落ち着かせてくれるそうなので、私のようにうまくリラックスできない方には本当におススメです。

道具も使わず呼吸を操るだけなので、布団の中で気が付いた時すぐできますよね。
この呼吸法を覚えておいて、今日は早く寝たいなと思うとき是非試してみてください。

しっかり睡眠をとって、次の日に備える。これも前日準備のひとつ。しっかり眠れたら次の日も落ち着いて行動できそうですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ