魚の目の正しい取り方とは!?【気持ち悪い画像なし】

スポンサーリンク

a0b39cd7a6b25bded195e16b408a273f_s

魚の目が足の裏によくできてしまう人がいます。

ある日歩いているとき痛みを感じて足の裏をよく見てみると案の定・・・。

魚の目自体は体に影響のあるものではないそうですが、やはり歩くと痛いので患部をかばった歩き方をしてしまいます。

普段の歩き方とは違う歩き方をして、姿勢も悪くなることが多く、それが原因で腰痛になることも。


なにより魚の目自体が痛いので歩くことがストレスになってしまいます。

この魚の目を完治させるにはどんな方法があるでしょうか。

魚の目を治す方法


魚の目はがあります。

簡単に言えば皮膚(角質層)が固くなり、足の裏の表面ではなく内側で刺激の原因となっているといった感じでしょうか。

魚の眼球に似ているところから「魚の目」と呼ばれています。

正式名称は「鶏眼」といいます。

できてしまった魚の目は芯を取り除くしかありません。

まず、大きい魚の目、とても痛い魚の目は皮膚科で受診しましょう。

症状によってレーザー治療や薬の使用など対処がかわってきます。

小さい魚の目は放っておいても自然に治ることもありますが、ある程度大きい場合や痛みを感じる場合はそんな悠長なことを言ってはいられません。

そんな時は、市販されている「スピール膏」などの魚の目用絆創膏を使って治すのが割と一般的ですよね。

患部を柔らかくして問題の芯を取り除くことができます。

この魚の目用絆創膏は薬局やドラッグストアで買うことができます。

薬局などではあまり売ってないため知名度はうすいものの、これは良い、とよく聞くのが「トリクロ」というもの。

やはり貼って使うのだそうですが、こちらのほうがはやく皮膚が柔らかくなりますので、魚の目が完治するまでにかかる時間が少ないようです。

ネットなどで購入できるそうですので、魚の目にお悩みの方は調べてみてはいかがでしょうか。

いずれにせよ、魚の目は「芯をしっかり取り除く」ことが基本です。

取り除いたら患部を清潔にして皮膚の再生を待ちます。

おすすめできない自己処理


魚の目用絆創膏も二、三日で貼り換えなければならず、少々長期戦です。

なので、もう自分で芯をほじくり出しちゃえ!という人もいると思いますが、これはおすすめできません。

カッターや爪切りなどの刃や傷口から細菌が入ると悪化する場合があります。

また芯をとりきらないと結局再発しますので、自分で皮膚に刃物を当てるようなことはせず、魚の目用絆創膏もしくは医師の指示に従ってください。

魚の目の芯が深く、痛みを感じる時は特に自己処理をせず皮膚科を受診しましょう。

大きさや場所によっては手術・レーザー治療が効果的な場合もあります。


まずは魚の目を作らないようにすること


魚の目ができる原因としては、足に合わない靴の使用があげられます。

ネットでかわいい靴を見つけて買う場合、デザイン重視で購入するという方も多いと思います。

試着をせずに靴を選んでしまい、箱をあけたら足に合わない・・・でも返品は面倒だし使わないのももったいないという感覚でその合わない靴をむりやり履く人も多いのではないでしょうか。

合わない靴はいいことが何もありません。

足が痛くなる、外反母趾になる、姿勢がわるくなる、痛い足をかばって履くのでおかしな筋肉を使い、歩くだけでも疲れる。

そして魚の目も合わない靴が原因の一つなのです。

デザインも重要ではありますが、やはりサイズや自分の足に合った靴を履くのが一番です。

他には、冷え性などによる血行不良も原因となる、という話もあります。

姿勢や歩き方が悪いことも魚の目の原因になるそうです。

血行がよくないことも歩き方がよくないことも足には負担をかけているのですね。

魚の目ができたときだけではなく、日頃から足にも注意しておいたほうがよさそうです。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ