首の寝違えが治らない時の対処方法

スポンサーリンク

c3530fbd54706dafb8d433230bfd8755_s

数週間前に朝起きたら首が痛くて動かせない「寝違え」の症状になりました。
数年に1回、疲れて爆睡している時などに寝違えを起こします。

たいてい翌日まで夕方から遅くても翌朝までに痛みが取れるのですが、数週間前の場合は1週間くらい痛みが続いて困りました。また寝違えて困る事が無いように、原因や治し方を調べたので紹介します。

寝違えってそもそも何?

「寝違えた」とは怪我なのか、病気なのか?どうして眠っている間に痛みが起こるのでしょう。
寝違えは「寝ている間に生じた頸部周囲の靭帯や筋肉の急性炎症による痛みの総称」で、医学用語ではないそうです。専門医は「急性疼痛性頸部拘縮」とも呼びます。

寝違えは不自然な姿勢で眠っている時に、頸部周囲の筋肉などに負担がかかり続けた事で起こる症状です。通常の睡眠状態なら、痛みや違和感を感じると寝返りを打ったり目が覚めたりして姿勢を戻します。

しかし極度の疲労や睡眠不足の時やお酒を飲んで酔っ払ったまま眠った時などは、その程度の痛みに意づかない場合があります。そのままの姿勢が続き炎症が進んで、目が覚めた時に首の痛みが強くて一定方向に動かせなくなります。

首の寝違えが治らないときにはどうしたらいい?

朝起きて寝違えて首が痛くて動かせない時は、どのように対処することが正しいのでしょう?首の痛い所をマッサージしたら治るのでしょうか?

寝違えは、首の周囲の筋肉や人靭帯の急性炎症です。寝違えに限りませんが急性の炎症に対して炎症が進むようなマッサージや温める行為は避けなければいけません。

炎症を抑えるために最初に行う事は、鎮静させるために冷やす事です。出来るだけ痛みを感じている場所を動かさないようにして、保冷剤や氷で冷やします。湿布薬の使用も効果があります。

首の周囲を冷やしたり安静にしても痛みが治らない場合は、肩や肩甲骨周辺の筋肉を解すストレッチも効果がある場合があります。

寝違えの原因が首の付近に炎症を起こして、そこに刺激を与えなために周囲の筋肉が硬くなる場合があります。この時は硬くなった肩など周囲の筋肉をゆっくりと動かしていくと、自然に痛みが和らぎます。

スポンサーリンク



筋肉を解す方法は肩をすくめるストレッチや痛みを感じている側の腕を後ろに引くストレッチ、そして肩を回す体操です。肩や肩甲骨の周囲の筋肉を意識して、そっと力をかけずに動かします。

この時のストレッチは肩周囲のみで、首を回したり首の筋肉を伸ばすようなストレッチではありません。首の体操やストレッチは痛みを増強させます。

冷やしてもストレッチをしても痛みが全く緩和しない場合や逆に痛みが強くなった時は、我慢せずに病院へ行く事をおすすめします。痛み止めの内服薬での治療や、痛みがかなり強い場合には注射で症状を緩和させることが出来ます。

寝違えは予防できる?

寝違えの原因は様々ありますが、予防をする事が出来ます。体に疲れや凝りを感じたら筋肉が硬くなっている可能性が高いので、ゆっくりお風呂に入って疲れを取り筋肉を解すと予防になります。

入浴後にも好きな音楽を聴いたりアロマを利用するなど、リラックスした状態で眠るといいでしょう。

寝る前に、肩や肩甲骨周辺のストレッチをして筋肉を解しておくことも予防になります。しかし寝る前のスマホの使い過ぎやうつ伏せに寝転んで本を読むことは、筋肉が硬くなって寝違えの原因になります。

寝具が寝違えの原因になる事があり、体に枕が合わない場合も肩や首の筋肉が固まり凝りや痛みを感じさせます。心当たりがある場合は、枕を選ぶ専門家がいるお店に行って体に合う枕を選んでもらう事も有効です。

日頃からパソコンやスマホをたくさん使う人は肩や首の筋肉が固まりやすくなるので、時々手を休めてストレッチなどで解しておく習慣をつけると寝違えの予防になります。

YouTube 寝違えた首・肩・背中の治し方 セルフストレッチ


YouTube 寝違えの治し方のコツ


YouTube 寝違えた時に自分での治し方。大切なの肩!

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ