頭重感の原因とは?

スポンサーリンク

d717fda9da88cf2d0deedeec963ab1f9_s
頭が重いと感じるときには、どうにもならない倦怠感があります。しかし、そうなるときとならないときの差が激しく、ならないときは全く気にする必要は無いし、気になるときはいつ治るのかなど不安感が募ります。

今回は頭重感について書いていきます。

頭重感とは?


頭重感と言うと、何のことだろうと考える人もいるかもしれません。これについては背後に色んな疾患や単なる頑張りすぎによる、サインと考えて良さそうです。また、この感覚は味わった人にしか解りませんので、人には説明しづらく理解が得られません。

また、強い痛みを伴うわけでもないので我慢が出来ないかと言えば、そうでもなくでも辛いという厄介なサインです。頭重感については、感じたら色々と原因を探って見ると意外と日常生活の中に原因が隠れているかもしれません。

また、日頃の日常生活が上手く行かなくてストレスが溜まっていると言うような飽和状態とも言えます。この場合は日常生活の変革が必要なんです。頭重感は体のサインですから最近疲れていると理解して日常生活を良い意味でずるして休んでみましょう。

その他では睡眠が足りていないと言うサインというケースもあります。睡眠は寝ていると自覚はしていても頭が休んでいない場合には疲労感が解消できないケースもあります。その際は寝具を見直して心地よい睡眠を確保するように努めましょう。

睡眠は大体90分でレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しているのでそのタイミングが上手く合わないと寝るタイミングを逃した形となって睡眠不足を招いてしまいます。そのため入眠時が重要です。

ここが上手く乗り切れると朝まで寝ることが出来るでしょう。

スポンサーリンク


頭重感の原因にはどんなものがある?

頭重感の原因は、幾つもあります。その代表格は副鼻腔炎です。副鼻腔炎は昔、蓄膿症とも言われていました。この病気は風邪をひいたことを機に発症することが殆どです。中には希にアレルギー性も含まれています。

風邪の中には咳や熱はすぐに下がる物の、鼻水だけはある程度の期間で続けるという事があります。そのため、放置する形となって副鼻腔炎になってしまうのです。どの様な状態かというと鼻の中が炎症により腫れて鼻水が排出しづらくなるためです。

こうなると、膿が溜まって頭重感を引き起こします。これを直すためには耳鼻咽喉科で治療を受けることが先決です。

この他では、緊張性頭痛や偏頭痛があります。偏頭痛や緊張性頭痛については、スマートフォンやパソコンを同じ姿勢で長時間対峙して、疲労物質が滞留することで偏頭痛や緊張性頭痛は起こります。これに伴い頭重感があります。

この場合は作業の間にインターバルを入れることが必要です。デスクワークであれば、首を回したり肩を回すなどの柔軟運動を行なう事が必要です。こうすることで少しは緊張性頭痛と頭重感が緩和される可能性があります。

頭重感は、精神疾患のサインと言われています。うつ病や精神疾患、不安障害などがあります。精神的に不安定な状態になると痛みに敏感になる性質があるようです。そのため頭重感を感じてしまうようです。

最近特に体調は悪くないのに、頭が重いと感じたら精神的に不安定になっているケースが考えられます。今、自分の精神状態がどの様な状態か?生活状態は悪くないか等を考えて見ると良いでしょう。

その原因がわかれば頭重感も、自然に解消されるケースもあります。緑内障や眼精疲労なども伴って頭重感を感じますので最近目の見え方が可笑しいと感じた場合には眼科を受診して下さい。

まとめ


頭重感と言うときには、必ずなんだかの原因が隠れている事が解りましたね。そして対処の方法もある程度あるという事が理解出来ました。そのため気になる症状になったときには迷わず病院へ行くと良いでしょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ