閃輝暗点からの片頭痛を予防する方法とは?

スポンサーリンク

359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_s
頭痛の前に起こる症状、閃輝暗点(せんきあんてん)。
片頭痛持ちの方は知っているかもしれませんね。頭痛の前兆のように起こる視覚障害です。これがまた気分の良いものではなく、この現象が終わると片頭痛が始まるケースが多いのです。この閃輝暗点がおこらないようにする方法があるといいですよね。


閃輝暗点とは


閃輝暗点とは、英語で「Migraine aura」(マイグレイン・オーラ)と言い、「偏頭痛オーラ」を意味しています。

症状として、まず起こるのが視野の真ん中くらいのところにキラキラした点が現れます。そして視界の一部がゆらゆらしはじめ、見ているも物が歪んで見えたり目の前が暗くなるのだそうです。

キラキラの点はどんどん大きくなり、光がジグザグに視界の端まで広がっていきます。よく、「稲妻のよう」「のこぎりの歯のよう」と表現されるような、幾何学模様みたいな感じで広がっていくのだそうです。

点が集まって回転しているように見えることもあるそうで、どんどん視界は見えなくなっていきます。

最終的にはその光は視野の外に消えていき、人にもよるかと思いますが5分~40分の間に収まるケースが多いようです。

つらいようなら医師の診察を受けてください。ちなみにこの症状は、つらいなと思って目を閉じても起こるそうです。本当に厄介です…。

閃輝暗点と頭痛・吐き気


上記の症状(閃輝暗点)が治まった後、片頭痛が始まる場合が多いと言います。その後、強烈な片頭痛が3時間から4時間程続いて、吐き気や嘔吐などを伴うケースが多いということです。これらの症状を少しでも軽くしたい場合は、閃輝暗点中に鎮痛剤を飲んでおくと少しはらくになるようです。

片頭痛自体は命にも影響はないということですが、つらいですよね。吐き気や嘔吐となればなおさら体にも負担がかかってしまいます。鎮痛剤で症状が和らぐようであれば、活用したほうがいいかもしれませんね。
スポンサーリンク


そもそも閃輝暗点の原因は?


閃輝暗点は、後頭葉と呼ばれる部分に血液をおくる血管がけいれんを起こしたとき、血管を流れる血液が減少するために起こるのだそうです。後頭葉は脳内の視覚をつかさどる部分があるということなので、視覚障害が起きるというのも納得です。

このけいれんが治まった後、血管に血液がドッと流れ込むとき、頭痛は起こるのだそうです。

片頭痛は、頭の血管が何らかの拍子で収縮した後の異常に拡張するときに、血管の壁に炎症やむくみを起こすことが原因なのでは、と考えられています。

頭痛と血管は大きくかかわっているのですね。ということは、血管を収縮させるようなことはきっと控えるべき!喫煙をするという方は、この際頑張って禁煙を考えてみてはいかがでしょうか。

ほかにも、コーヒーをたくさん飲んだり、コーヒーとチョコレートを一緒に食べたりすると、血管の緊張と収縮の幅が大きくなるそうで、閃輝暗点や片頭痛が起こりやすくなるということも言われています。

閃輝暗点が始まったらコーヒー飲むと、血管が収縮するので閃輝暗点や偏頭痛が治まることがある、というケースもあるようです。

一生付き合わないといけない?


いつかはこんな症状がなくなってほしい。そう思いますよね。何か治す方法はないものでしょうか。
実はこれら症状は、若い方が患っている場合に関しては、年齢と共に回数も減ってくるのだそうで、最終的にはほとんど起こらないほどになるそうです。

ただし、中年の方は要注意です。

閃輝暗点が起こって、その後頭痛がないという場合は、まれに脳梗塞、脳動静脈奇形、脳腫瘍や、血栓による一過性の脳循環障害が疑われる可能性がりますので、病院で一度診てもらうようにしましょう。眼科や神経内科のある総合病院などで、精密検査を受けたほうが良いかと思われます。大きな病気の早期発見につながるかもしれません。

人間、体のどこが痛くてもつらいもの。頭痛ともなると、目を開けているのもつらかったり、起きていることができなくなったりしますよね。閃輝暗点が起こるという方はストレスをため込んでいませんか?大きなストレスのあと、ホッとしたときなどにも起こりやすいという話もありますので、あまりストレスを溜め込まないようにしたいですね。
この世の中、そううまくはいかないのかもしれませんが・・・。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ