酢はとりすぎ注意!適量摂取で健康になろう

スポンサーリンク

b6d627fb5cc81d2a62bbad3fcc7f0ce1_s

お酢には人が健康な体を維持するのに必要な栄養素が多く含まれていて、毎日一定量を摂取すると元気でいられると言われています。我が家でもワカメの酢の物や黒酢ジュースなどを常備して、家族で毎日摂取するようにしています。

しかしお酢はたくさん摂取しすぎると逆に体の調子を崩しやすくなるという噂を効きました。お酢の摂り過ぎのデメリットとはどのような事でしょうか?

酢について

お酢の歴史は古く、紀元前5000年頃にワインを発酵させて作ったビネガーでピクルスを漬けた記録が残っています。

日本には中国から応神天皇の頃に入り、酢漬けなどの調理に使われる世になりました。お酢は米などの穀物や果物の酵母を発酵させて作られます。

お料理に使う食酢はその材料により種類がわかれ、穀物酢・果実酢・醸造酢があります。そして他の調味料と合わせた「合わせ酢」が多数あり、お寿司に使う「すし酢」や和え物などに使う「酢味噌」などは良く使われます。

酢の健康パワー

お酢は酢の物以外にも合わせ酢にしてお料理に使われるので、日頃の食事でよく口にしています。体に良い成分が多数入っていることもよく知られています。

お酢は、胃液などの消化液を分泌させて消化酵素の働きを活性化させます。疲労の蓄積や夏バテで食欲低下した時には、お酢を摂取すると食欲増進の助けになります。そして加齢により消化機能が低下してきたときにも、お酢が消化酵素を活性化させるので胃腸の働きが回復します。

スポンサーリンク



そしてお酢は、アミノ酸量が豊富でバランスよく含まれています。脂肪の燃焼や腸内細菌のバランスを整える働きがあるので、継続して摂取すると健康維持や美容効果が期待できます。

次に紹介する健康効果は、疲労回復です。お酢には酢酸が含まれていて、これは体内に入るとクエン酸に変換されて疲労物質の除去の働きがあります。そして殺菌効果がある事もよく知られていて、お酢は高い殺菌作用や防腐効果があるので食中毒を予防してくれます。

お酢にはこのように、健康な体を維持するためのあらゆる効果がある事がわかっています。そして健康効果の他にも、魚の臭みを取ったりお肉を柔らかくする働きがあります。お料理以外では水回りのヌメリ取りやまな板などのカビを防ぐ働きがあります。そして衣類の柔軟剤やシャンプーの後のリンスとしても使う事が出来ます。

酢の摂りすぎってどんな危険がある?

お酢には様々な健康維持効果と、掃除などにも使える多様な働きがあります。これだけ広く使えて万能な食物はなかなか他には探せません。これほどの効果があるのなら毎日せっせと食事に取り込みたいし飲料としても摂取したくなりますが、お酢は摂り過ぎには注意が必要なのです。

りんごなど果実で作られた果実酢はジュースにして摂取することがあります。しかしお酢は酸が強いので、希釈タイプのものを濃いまま飲むと食道や胃の粘膜を刺激します。

胃粘膜などは酸に弱いので、濃いままのお酢のジュースを毎日飲むと炎症を起こし胃の痛みや胃潰瘍などの原因になります。空腹時に飲む事も同じように胃粘膜に刺激を与えるため、避けた方が良いでしょう。

お酢は歯のエナメル質を溶かす働きがあります。夜寝る前にお酢を飲んで歯を磨かずに寝る生活を続けると、歯が溶けて傷みやすくなります。うがいや歯磨きで、お酢が長時間歯に付着することは避けた方が良いです。

そしてお酢には内臓を冷やす働きがあります。内臓が冷えると腸の働きが低下して便秘やお腹の張りなどの症状が起こります。胃の働きも低下して、消化不良などを起こしやすくなります。

お酢は過剰に摂取せず、飲料として摂取するときにもお湯で割った冷たくし過ぎない飲み方がおすすめです。
お酢はこれらのような気を付ける点を知り適量を毎日継続して摂取すると、健康維持に力を発揮します。

YouTube 黒酢効果 黒酢ダイエット 黒酢コレステロール 黒酢美肌 黒酢疲労回復


YouTube 「りんご酢ダイエット」が想像以上に凄い!!


YouTube お酢を使った掃除方法4種 4 Cleaning Hacks with vinegar【年末大掃除ライフハック】伊東家の食卓的動画

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ