赤ちゃんの必需品おしゃぶりにまつわる噂、「おしゃぶりをさせると歯並びが悪化し、出っ歯になる」は本当なのか!?

スポンサーリンク

c24e8e2b4c114bfb9cf89504bb456a6e_s

今育児をされている方はいつもお疲れ様です。赤ちゃんは泣くのが仕事といってもどうしても限度がありますよね?

そこで、皆さんご存知、赤ちゃんを泣きやませるグッズとして定番であるおしゃぶりをくわえさせます。

私の母親もそうでしたが「これでも付けておとなしくしておけ!」と言いながら妹におしゃぶりをくわえさせていた事を思い出します。

ですが、とある噂で、「おしゃぶりをいつも付けさせていると出っ歯になる」という噂を耳にした事がありますでしょうか?

赤ちゃんはまだ顔の形も決まっておらず、ちょっとした癖が後々に重大になってくるという事と、吸うという動作には歯が外に引っ張られる動作がある事で信憑性がある話です。


果たしてその噂が本当で、おしゃぶりが将来の歯並びに影響を与えるのか?

また、近所のお友達はもうおしゃぶりを卒業したのに家の子はいつまで付けるんだろう、と思われた事のある方は多いと思います。ですので、合わせておしゃぶりを止めさせる方法についてご紹介させて頂きます。


子どもの歯並び、何が将来に影響を与えて何が自然に治るの?


子どもの歯は色々な状態で生えてきます。

例えば、すきっ歯の子どもはよく見かけると思いますが、すきっ歯は実は将来の歯並びにあまり影響を与えず、自然に治る事が多いです。

1例ですが、赤ちゃんの歯並びというのは親御さんのちょっとした悩みの種です。


中でも、まだ生えていないけど子どもの歯がちゃんと生えてこなかったらどうしよう。と思われた事のある方は多いです。

生えてくるまでただただ祈るだけだと思われていましたが、子どもの歯が生える前によく子どもの癖を把握することで歯が生える前に歯並びを矯正する事ができます。

歯並びが悪くなってしまう原因の1つに口周りの筋肉が正しく使われているかどうかという所が挙げられます。

一言で筋肉といっても様々な要素が影響を及ぼすので、例えば口呼吸が多い、鼻づまりが多い、舌を良く出す、物を噛もうとしない、頬杖をつく等の癖で出っ歯や開こうのような歯のトラブルにつながります。


それ程赤ちゃんの顎周りは癖によって変化しやすく観察と対策が必要だという事がわかりました。ですので、おしゃぶりも赤ちゃんにとって悪影響を与えるのではないか?と心配ですよね?

次で、おしゃぶりが赤ちゃんの歯並びにどのような影響を与えるのかをまとめます。


おしゃぶりは歯並びに影響を与えるのか?

そもそも何故赤ちゃんがおしゃぶりを吸いたがるのかというと、実は2歳までの赤ちゃんには口に触れた物を吸うという生理的な機能が備わっており、そうすることで、物の形状を把握したり、安心感を得る事ができます。

ただし、結論から申し上げますと、おしゃぶりによって赤ちゃんの歯並びには少なからず影響を与える可能性があります。

おしゃぶりを頻繁に使う赤ちゃんは、おしゃぶりをほとんど使わない赤ちゃんに比べ、前歯が開くように生えてしまったり、出っ歯等になってしまうリスクがあります。


特に2歳以降になると、生理的な機能は無くなっていく為、おしゃぶりを使っている子どもの数が減ります。

ですので、3歳以降の赤ちゃんは精神的な部分でおしゃぶりが手放せない場合が多いです。

3歳過ぎてもおしゃぶりを付けている場合はもそうですが、おしゃぶりから指しゃぶりになると、将来の歯並びに、より悪影響を及ぼしてしまうので注意しましょう。


やはり噂通り、おしゃぶりを吸う赤ちゃんは歯並びに影響があるという事がわかりました。

おしゃぶりを辞めさせる方法

おしゃぶりを外してあげたいけど泣いてしまうという場合はどうすればいい?といった事に今現在頭を悩ませてしまう親御さんが多いと思います。ですので、おしゃぶりを取っても泣かない方法をご紹介します。

スポンサーリンク



・話しかける
特にシャドーイングと言って会話にも良く使われる方法ですが、相手の言った事をそのまま続けて話すという方法があり、赤ちゃんですと、例え意味のない擬音だとしても笑顔で赤ちゃんの発した言葉をそのまま話してあげると、赤ちゃんが自分の感情を共有できる相手だと認識し、積極的に話すようになります。そうすることでおしゃぶりを早い段階で外してあげる事ができます。


・気をそらす
赤ちゃんが泣いたらおもちゃやお菓子を与えて赤ちゃんの機嫌を取りましょう。赤ちゃんは色んな物に興味を示すので、いつの間にかおしゃぶりへの興味を無くすというお子さんも非常に多いです。


・おしゃぶりを全く与えない
1番根気の必要な方法です。赤ちゃんごとにどのくらいの時間でおしゃぶりが無いという環境に慣れるか差はありますが、どんなにおしゃぶりを付けていたとしてもすぐに慣れる子どももいますので、まずは1時間試してみましょう。


特に4歳5歳の大きいお子さんに対しては、「おしゃぶりは赤ちゃんの物だよ」と言いながらゴミ箱におしゃぶりを捨てると言った荒療治で克服したというお子さんもいらっしゃいます。

ただし、精神的に安心できるおしゃぶりを外すという事で、赤ちゃんに少なからずストレスがかかってしまいます。ですので、指しゃぶりに移行しないように経過を良く見てあげてください。

いかがでしたか?赤ちゃんの歯並びは顔の筋肉や使い方、癖によって簡単に変わるものであり、その事から、おしゃぶりは、出っ歯や開こう等の原因になる為、赤ちゃんの歯並びに影響を与えるという事がわかりました。

皆さんは赤ちゃんの頃の自分はどんな子供だったかを聞いた事があると思います。

そんな癖の1つ1つが今の自分を作り上げていると知ると、感慨深い物があります。

ただ、そんな思い出が、幼稚園で1人だけ5歳までずっとおしゃぶりが外せなかったんだよ、と言われると当時の事を覚えていないにしろなんだか嫌ですよね?


ですので、今お子さんがいらっしゃる方でおしゃぶりが外せないと悩まれている方は、上記の方法で赤ちゃんのおしゃぶりを外してあげ、綺麗な歯並びになるように努めましょう。

おしゃぶりと歯並びの関係性について動画を紹介させて頂きます。

おしゃぶりで歯並び悪く、メーカーを提訴 2006年5月29日


vol.132「指しゃぶり ~幼児期編~」


指しゃぶりを止めさるには?止めさせる方法をご紹介★

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ