赤ちゃんが横向きで寝たら・・・良くない?

スポンサーリンク

83ece63f171f50e24cec833b6b6a72f2_s

赤ちゃんがいつも横向きで寝るため、頭の形に癖がつかないかなどと心配してしまうお母さんも多いと思います。

そもそもあかちゃんはあおむけで寝ているイメージが強いのですが、横向きで寝る赤ちゃんには何か影響があるのでしょうか?




赤ちゃんの好きな寝方って?


赤ちゃんはやはりお母さんのおなかの中でとっていた姿勢が一番落ち着きます。手も足もぐっと曲げてお腹に入っていた赤ちゃん。

おくるみやバスタオルで同じようにぎゅっと包んであげると赤ちゃんは安心して眠るというのはよく聞く話ですね。

お布団の中でも足や手を折り曲げて寝る・・・となるとあおむけでは少々難しい。やはり横向いてしまうのかもしれません。

新生児期を過ぎた赤ちゃんも、赤ちゃんの寝やすい恰好やその日の気分がありますので、あおむけで寝るとは限りません。

また、沿い乳で授乳をするお母さんもいると思います。飲んだままゲップをせずに寝る場合は、母乳やミルクを吐き戻したときの気道確保の意味もあり横向きに寝かせますよね。

けっこう赤ちゃんは「横向きで寝る」のかもしれませんね。
スポンサーリンク



横向きはいけない?


頭の形に癖がついても、赤ちゃんの頭はそれだけ柔らかいので、成長過程であまりわからなくなります。髪の毛も生えてきて、目立たなくなってきますし、それほど気にすることもないそうです。気になるようなら、夜は右向きで寝たからお昼寝は左で・・・程度で大丈夫だと思います。

また、苦しそうに感じるようでしたら、あおむけぎみにしてあげて、布団と背中の間にバスタオルをはさんであげ、横向きとあおむけの中間のようにしてあげたらいいかもしれません。
苦しくない姿勢なら、赤ちゃんのきもちいい体勢で大丈夫だと思います。


うつ伏せ寝は極力させないほうがいい?


ではうつ伏せで寝るというのは?実はうつ伏せで寝かしつけるとうまく寝ることが多いようですが、熟睡したら必ずあおむけもしくは横向きで寝かせてあげましょう。というのは窒息の恐れがあるからです。

まだ首を持ち上げられない赤ちゃんは苦しくても姿勢を変えられないので、そこは親が気を付けてあげなければいけません。

また、まだ解明されていないようですが、SIDS(乳幼児突然死症候群)が、あおむけよりうつぶせで寝ていたときのほうが多く発生しているというデータがあります。

このSIDS自体あまりはっきりしたことがわかっていないのですが、他にもタバコをやめたほうがいい、母乳のほうがSIDSにならないなどと言われています。もちろん原因がわかっていないので、あおむけに寝かせてもタバコをやめても大丈夫という確証はありませんが、確率が上がることはやめておいたほうがよさそうですね。

ただし、医学上の理由からうつ伏せで寝かせるように言われている方もいらっしゃるかもしれません。その場合は医師に従いうつ伏せで寝かせてあげましょう。

以前は赤ちゃんのお布団セットに赤ちゃん用のドーナツ枕がついているものもあったようですが、現在は母親学級でも産院、病院でもわざわざ用意することはないと言われます。

向き癖も気にしなくて大丈夫と言います。あおむけで必ずしも寝なくても大丈夫ですし、大人などは一晩あおむけで寝ている人って少ないですよね。赤ちゃんだって向きたい方向があるのかもしれませんね。

また、部屋を暗くして寝ていても、実は一方向から明るい光があるなどの場合には、赤ちゃんも無意識に明るい方向を向くようです。
外から街灯の光が入るならカーテンをしたり、家の明かりもできるだけ暗くしてあげたほうがいいかもしれません。

どんな格好で寝ていても、できるだけ親も同じお部屋で就寝してくださいね。兄弟の使っている枕や親の枕で鼻と口がふさがれていないか、息ができるようにしてあげたら、あおむけでも横向きでも大丈夫。あまり神経質にならないで、赤ちゃんが気持ちよく眠れるような環境にしてあげてくださいね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ