親知らずの虫歯の放置はかなり危険です!

スポンサーリンク

279768664bac9308dbcbf1d13f476ace_s


親知らずがなんだか痛むけど、歯医者さんに行くのが面倒だから……と、放置していませんか?

親知らずの不調を放置した結果、歯医者さんに助けを求める頃には虫歯で親知らずがボロボロ……なんてことも。

実は筆者も、今から5年ほど前に、親知らずの不調を放置して、かなり痛い思いをしたひとりです。

親知らずの虫歯について、体験談と合わせてご紹介します。

親知らずは抜歯したほうがいいの?


親知らず=抜歯しなければいけない!

とお思いの方もいるかもしれませんが、親知らずそのものは悪いものではありません。

必ずしも抜歯しなくても良いのです。

ポイントは、その生え方です。

親知らずはすべての人に生えてくるわけではなく、上下左右の4本が揃わなかったり、まったく生えてこない人もいますが、その生え方によって問題があるものとないものに分かれます。

では、どのような生え方が問題なのでしょうか。

親知らずの生え方は3種類


親知らずの生え方には3種類あります。

まっすぐ生える親知らず

他の歯と同じように、まっすぐに生えている場合、親知らずもきちんと歯磨きができれば
虫歯になることがなく、身体に悪影響をあたえることがない限り、無理に抜歯することもありません。

斜めに生える親知らず

斜めに生えている場合、隣の歯を圧迫して痛みが生じたり、歯磨きがしづらいため虫歯になりやすいです。

真横に生える親知らず

歯茎の中に真横に生えている場合、歯が表面に出ていないので虫歯の心配は少ないですが、隣の歯を圧迫して痛みが生じたり、周囲の骨や歯茎に悪影響を及ぼすことがあります。

町の歯医者さんでは抜歯が難しく、総合病院の口腔外科の受診を勧められることが多いです。

現代の日本人は顎が小さく、親知らずが生えるための十分なスペースがない人が多く、そのため、斜めや真横に生える場合が多いそうです。

奥歯の中でも一番奥に生える親知らずは、普段の歯磨きでは歯ブラシがきちんと届かず、磨き残しが虫歯や歯肉炎などにつながりやすいことが問題となります。

たしかに、口の奥まで歯ブラシを入れても磨きづらい箇所ですよね。

歯医者さんによっては、親知らずに何か問題が起こる前に早めの抜歯を勧められることもあるそうです。

放置した結果……


筆者の親知らずは3本あり、うち2本が斜めに生えていました。

斜めになっている箇所の奥まできちんと歯ブラシが届かず、磨き残しが虫歯になっていたのです。

奥歯が痛いな……と思ってはいたものの、親知らずが生えたことによる歯茎の痛みだと思い込み、長い期間放置してしまいました。

結果、痛さに耐え切れず歯医者さんに駆け込んだ頃には、親知らずは虫歯でボロボロ

隣の歯まで虫歯になっていました。最悪のケースです。

いざ抜歯!


虫歯の親知らずは、歯が磨きにくい、また虫歯になりやすいなど、残しておいてもデメリットが多いため、虫歯の治療ではなく抜歯するケースが多いようです。

抜歯するときは、鉗子というペンチのような道具で歯を挟んで引っこ抜きます。

斜めや真横に生えている場合は、歯を引っ張るスペースがないため、歯を分割したり、歯茎を切開します。

筆者の場合は、親知らずが虫歯で脆くなっていたため、鉗子で挟むと歯が砕けてしまいました。

結果、歯茎を切開して、歯の根っこを一本ずつ引き抜くことに。

抜歯に1時間以上かかりました。

もっと早い段階で、虫歯が進行する前に抜歯していたら、こんな大変な思いをしなくてもよかったかもしれません。

麻酔をかけるので、抜歯自体に痛みはありませんが、歯が抜ける際にメリメリという、骨から歯が離れる音が聞こえたことを今でも覚えています。

術後、しばらくして麻酔がきれると痛くなるので痛み止めが処方されます。

歯医者さんから、親知らずを残しておいてもデメリットしかない、若いうちに抜歯したほうが抜きやすく傷口の治りが早いというお話を聞き、残りの2本の親知らずも迷わず抜歯しました。

虫歯の治療と合わせ、1年ほど通院しました。

通院中は抜歯後の痛みなどがつらかったですが、今となっては早めに抜いておいて良かったと思っています。


親知らずの不調は放置しない!


親知らずに限らず、歯の不調は放置しないのが一番です。

虫歯の場合は尚更です。放置するメリットは何もありません。

また、虫歯は歯が痛いだけでなく、口臭の原因になる場合もあります。

素人判断をせず、早めに歯医者さんを受診しましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ