血豆を潰すのって大丈夫?

スポンサーリンク

0556261d0b052972513790f9ae4e3413_s
人間の体は意外と、繊細な物だと感じるときがあります。それは体に何かが出来たときです。
そして、気にしないようにしていてもそれが、日常生活の中で意外と気になる存在となる物になります。

その代表格は、ささくれや口内炎、もう一つは血豆です。血豆が出来る原因は何かで指を挟んだ時に出血せずに内出血で終わるその結果血豆が出来る訳です。しかし、人によって言うことが違いすぎるのも血豆の特徴ですね。

人によっては潰した方が良い、人によっては潰さない方が良いなど言うことが区々なんです。そのため、間違った方法を行なって意外と悪化しているケースもあるのではないかと感じるケースがあります。

今回は、そんな些細な出来事で困ってしまう代表格、血豆について色々な角度から考えて今回は書いて行きます。

血豆は潰しても大丈夫?


血豆は処置を誤らなければ、潰しても大丈夫と言って良いでしょう。インターネット上ではある意味では、論争が起こっています。その論争は血豆を潰す、血豆を潰さないという物です。しかしその答えはタイミング次第で潰しても大丈夫というのが答えです。

基本的には、血豆とは内出血が起こっている状態のことを指します。出血しないまま内出血でとどまったという事で、ある意味では軽傷で済んだという事になります。血豆を強引に潰してしまうと傷口から細菌が入り化膿してしまう可能性があります。

そのため、血豆が出来てもすぐには潰さずにある程度乾くまで待って、タイミングを図り適切に血豆を潰せば大丈夫と良いことになります。しかし、仕事や日常生活に困らないのであれば自然に任せて自然治癒能力に期待する方が良いでしょう。

また、つぶし方を誤ると病院の世話になるという事になりますので、基本的には慌てず騒がず対処が出来れば血豆も怖くないはずです。また、血豆が出来る部位によっては血豆を潰さない方が良いです。

口の中で、出来る血豆は噛んでしまった場合や突発的に出来てそれは悪性腫瘍の可能性がありますので、潰してしまったりせずに歯医者や口腔外科に出掛けて良性の血豆か?悪性の血豆かの判断を仰いで適切に処置しましょう。

また、血豆などはたとえ出来たとしても10日ぐらいで治るのが一般的です。それを超えても治らない場合は、その血豆はある程度違う原因で出来ている可能性がありますので医師の判断を仰いでください。
スポンサーリンク


潰すならどうやって潰したらいい?


血豆を潰すのであれば、血抜きという古典的な方法があります。まずは針をしっかりと消毒して、ライターで針をあぶり針で血豆に穴を開けて血を出す方法です。これはおばあちゃんの知恵袋的なところがあります。

しかしこの方法、古典的で簡単な方法ではありますが、しっかり消毒をしておかないと後々感染症を引き起こし、早く直そうと思った血豆が完治するまで長引くと言った望まない結果となるケースがあります。

どうしても早く直したいという場合には、病院に行きましょう。病院で適切な処置をして貰えば自分が思ったほど早く治ります。しかしながら費用が掛かり、病院まで出向かないといけないのでその分面倒に感じるかもしれません。

まとめ


基本的に急ぎの用事がないのであれば、血豆は潰さない方が良いと言うことになりました。小さな物なら、自然治癒能力に期待を掛け待つようにした方が良さそうです。その方が結果的に治りが早いのではないでしょう?

また、どうしても潰したい場合には細菌感染に気を付けて、適切に処理をすれば速く治るケースがあります。そのため用途と場合によって血豆の対処法を考える必要性がありますね。

部活やどうしても作業をしていて気になる位置に血豆がある場合には適切に処理をした方が後々楽になりそうです。

しかし基本的には自然治癒能力に身を任せて直すように持ち込んでいきましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ