舌の口内炎ができる原因とその対策

スポンサーリンク

cd567be08bf21b436420da60675a562d_s

口内炎って食事をする時、本当に辛いですよね。

おいしい食べ物が目の前にあっても、気持ちよく口を大きく開けて食べられないので、本当に残念になります。

そんな食事の時間を辛くさせる口内炎ですが、結構出来る人は頻繁に出来ていますよね。

特に舌にできた口内炎は、物を口に入れる際は逃れようのない位置にあるので本当に辛いです。

それでもなるべく早く治る治療法を知っていれば、少しは楽になります。

というわけで、楽しい食事の時間を取り戻すために舌に出来た口内炎に悩まれている方、是非口内炎について知識を身につけましょう。

そもそも口内炎が出来る原因とは?


口内炎にはいくつか種類がありますが、舌に出来る口内炎の中で一番多い種類は「アフタ性口内炎」と呼ばれるものです。

アフタ性口内炎の原因も色々ありますので一概には言えませんが、なりやすい理由はストレスや寝不足、疲労が原因の方が多いと思います。

日常生活で疲労がある上に寝不足の場合、免疫力が低下します。

そのため、身体の抵抗力が弱まり、口内炎が出来やすくなるのです。

また、これに加えて栄養不足も原因に多いです。口の中の粘膜を健康に保つためには、ビタミン類が必要となります。

偏った食生活をしていると、ビタミン不足ですぐに口内炎が出来ます。

なので、お仕事の忙しい一人暮らしの方は家事もやらなければならないので疲労が溜まります。

そして、食生活も偏りやすいので、栄養不足のために口内炎が出来やすいのではないでしょうか。

また、テスト前の学生さんなどは、ストレスと寝不足、そして夜食による食生活の乱れによって口内炎が出来ちゃったという子もいるのではないでしょうか。

頑張っている証でもありますが、身体が疲れている証拠です。

食生活に気をつけることは何事にもプラスになりますので、ストレスや寝不足の時期は栄養面だけでも気をつけましょう。

そして、たまにやってしまうのが舌を噛んでしまうこと。

噛んでしまった際に作ってしまった傷から、細菌が感染して口内炎になってしまう。

意外とこれが多いのです。舌を噛んでしまった場合は、口の中をより清潔に保ちましょう。

口の中が不潔になっているときでも、細菌が感染しアフタ性口内炎の原因となりやすいからです。

どちらにしても沢山の細菌が生息している口の中は、清潔にしておくことが大切です。

スポンサーリンク



治療方法




口内炎で病院にいく方はあまりいないかもしれません。

しかし、やはり処方された薬で治療する事が一番効き目良いです。

一番多いのは、副腎皮質ステロイドを含んだ軟膏薬です。

患部に塗布して、口内炎の炎症を抑えて痛みをやわらげてくれます。

また、患部に貼り付けるシールタイプのものを処方してくれる場合もあります。

これは、口内炎の面を保護してくれる効果があります。

これらの治療法は、舌以外に出来た口内炎にもされる一般的な治療法です。

ただし舌に出来た口内炎で問題なのが、舌に軟膏を塗ると薬品の苦い味を感じるということです。

苦みが苦手な方もいると思いますし、食事が進まなくなるという場合もあります。

どうしても我慢できない方には、軟膏薬以外にも効き目があると言われているイソジンなどのうがい薬で口内をきれいにする方法をおすすめします。

また、薬以外に頼るという手段をとるのもありです。

手っ取り早いのが、体内から口内炎を完治させるということでビタミン剤やサプリメントを摂取することです。

また、睡眠不足という方はまずは睡眠を取るのがコストもかからないので一番良いです。

おすすめのビタミン剤は?


忙しい方などで、睡眠不足や疲労が避けられないという方は、口内炎の予防も含めてビタミン剤をとることをおすすめします。

それではどのようなものが良いというと、おすすめしているのが「チョコラBBプラス」です。

口内炎を体内から治したい方向けになっています。粘膜のビタミンと呼ばれている活性型ビタミンB2をはじめ配合されていますので、しっかりと朝晩一錠ずつ摂取すれば早期回復に向かいます。

個人差はありますが、まずはお試しになってみて下さい。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ