耳が詰まるのはストレスが溜まっている証拠!?体からのSOSを見逃すな!

スポンサーリンク

06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_s

ストレスとは目に見える物では無く、いろいろな物と絡んで出てくる事があります。それは外的要因または心因性など様々です。ストレスの原因が明らかにわかる場合は良いのですが、複数あり特定が困難の場合や避ける事が難しい場合等だとやっかいです。

その症状の一つとして耳が詰まるという症状として表れるケースがあります。今回はストレスと耳が詰まる関係を書いていきます。

耳が急に詰まったようになる原因は?

突然耳が詰まったようになる感じ、個人的な観測としては夏場に外出し汗を掻きすぎたときになるケースがあるような気がします。この場合のども渇いており、水分が身体から沢山出て自分が思っているよりも身体が良くない状態になっているのかと思いスポーツドリンクなどを飲んでみるのですが中々改善しませんでした。

しかし、自分の場合は翌日には治っていましたし、原因がわかりませんでした。しかしたいていの場合は耳が急に詰まって怖くなり耳鼻科を受診すると、メニエール病や耳管狭窄症、耳管開放症、中耳炎という診断がついて薬を貰って様子を見るのが一般的です。

また、時が経てば治ってしまうケースもあるため、単に組織の緊張が耳のつまりに繋がっているケースもあります。病は気からというように、大抵の身体の不調は気にしなければやり過ごす事も出来ますし、気にし始めると症状が深刻になるケースもあります。

例えば日を追う毎に症状が深刻化するなどの場合は医療機関を受診した方が賢明ですが、そうでない場合はある程度現在の生活状況の見直しと仕事状況の見直しからスタートすると良いでしょう。

ストレスは何か関係している?


人間の身体には身体に良いストレスと、身体に良くないストレスがあります。身体に良いストレスは、適度な緊張感を持ちながら仕事や日常生活に当たる状態です。この状態にいるときは自分にも自信があり仕事や日常生活に対しても対峙していく事が出来ます。

しかし、緊張と緩和が上手く出来ないとストレスが溜まってしまいガス抜きが上手く出来なくなってしまいます。こうなると徐々に身体へ悪影響を与え始めます。例えば不眠、不眠が始まると自律神経が上手くコントロール出来なくなり、常に緊張状態になります。

この状態になると身体は色々な信号を出してくれます。その一つが耳の詰まった感覚です。
この症状を感じたら、最近ストレスが溜まっているのかなそう考えて自分の身体を労る方向へとシフトしましょう。
スポンサーリンク


仕事をしているのなら少し他人に手伝って貰い負担を軽減。家事を一人で行なっているのなら家族への協力をそれとなく仰いでみるという事で、少しはストレスが無くなり知らないうちに耳のつまりも治っている可能性もあります。

自分から見て、憧れたり妬んだりする人にもストレスが存在します。また、人間の身体は良く出来ていてある程度のストレスを感じても自然と回避出来るようになっているのです。
そのため耳のつまり等が現れたら回避できないストレスを抱えていると認識して下さい。

まとめ


医療機関を受診して医師でも判断がつかない場合はとりあえず、ストレスが原因として
診断を付けるケースもあるようです。この場合は一つに原因を特定が出来ないそのため
ストレスとして言い渡します。

ストレスの原因は、どんな物事に対しても処理が早くなった事、メールが無い時代には同じ仕事をしても相手に届けるまで1日.2日の余裕はありました。

しかしメールが出来てからはその日のうちに仕事が完成したらメールで送信出来るため相手からの催促も早いターンで来るようになって、便利になる反面それに対応する人間がストレスを抱える事になっています。

便利さと引き替えにストレスを手に入れていると言っても過言では無い時代です。そうなると自分を癒やす手段を多く持つ、こうする事でストレスコントロールが上手く出来るようになるそして耳のつまり等のストレスサインも出なくなるはずです。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ