私だけ?妊娠超初期のおなら問題!

スポンサーリンク

daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_s

妊娠を経験された方の多くが悩まされる妊娠初期のおなら問題。

家の中ならまだしも外出先・職場などで気を抜いた瞬間に”プー!”なんてことになったら一生の恥ですよね。

そもそもなぜ妊娠初期におならが出やすくなるのかご存知ですか?

今回は妊娠初期のおならの原因と対策をリサーチしてみました。


🌸妊娠超初期とはどの位の時期?

妊娠週数は最終生理(最後に生理がきた週)の初日を妊娠0週0日とカウントします。

妊娠週数でいうところの妊娠0週から4週目の期間が“妊娠超初期”とされています。

🌸妊娠超初期のおならの原因

妊娠初期の症状の一つとしておならが出やすくなることが挙げられます。ではなぜおならが出やすくなってしまうのでしょうか?

・黄体ホルモンの影響
妊娠をすると黄体ホルモンが多く分泌されるようになります。黄体ホルモンは胃腸の動き抑制する効果があり、腸内のぜん動運動などから胎児を守る働きがあるのですが腸の運動が抑制されると便が排出されるにくくなり、体内に蓄積してガス(おなら)が出やすくなります。

・水分不足の影響
妊娠をすると母体の水分や栄養分が胎児に送られる為、水分が不足していき、その結果便が出にくくなり、おならの原因となります。

🌸妊娠超初期のおなら対策

不意事故(外出先での放屁)を防ぐ為にもおならが溜まらないように自宅にいる時は我慢せずに出すようにし、おならの根本の原因である便秘を解消するようにしましょう。便秘解消には下記のものが効果的とされています。

・オリゴ糖を摂る
腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整える効果があります。

・玄米を食べる
玄米は食物繊維が豊富で便秘が効果的とされています。また、玄米は白米に比べて栄養価が高く、ビタミンやミネラルも豊富に含んでいるので普段白米を食べている場合は妊娠期だけでも玄米に替えてみましょう。

・適度な運動をする
適度な運動をすることによって腸が刺激され、便が出やすくなりますので無理のない程度に運動をしましょう。YOUTUBE上に妊婦さんでもできる便秘解消の運動方法が紹介されていましたので参考にしてみて下さい。

【関連動画 /妊婦さんでもできる腰痛・便秘を解消する運動法とは?久留米市の整体 いろどり整骨院】


・水分を多く摂る
水分を多く摂ることによって便が柔らかくなり、排出されやすくなるのでこまめに水分を摂取するようにしましょう。

スポンサーリンク



🌸妊娠超初期のその他の症状

おなら以外にも妊娠超初期には様々な症状がでます。今は妊娠していないと思っているあなたも下記の症状に多く当てはまったら妊娠を疑った方がいいかもしれません・・・。

・吐き気
・腹痛・胃痛
・腰痛
・おりものの変化
・頻尿
・便秘もしくは下痢
・めまい
・倦怠感や異常な眠気
・情緒不安定になる
・熱っぽさ
・匂いに敏感になる
・胸やお腹の張り
・食の好みの変化
・肌荒れ
・抜け毛や体毛が濃くなる
・体のむくみ

【関連動画 / 妊娠超初期症状(頭痛,いつから,腰痛,下痢,体験談,腹痛,胃痛,ない,風邪,寒気,チェック,おなら)】



妊娠超初期から妊娠初期にかけては特に精神的にも肉体的にも不安定になる時期で流産の心配もある為、様々なことに神経を尖らしてストレスも溜まりやすくなりますよね。

妊娠初期はストレスが一番の敵になりますのでおならも我慢しすぎないように普段からパートナーの前でおならをできるような関係性づくりも必要かもしれません。

中には女性のおならに批判的な男性もいますがそういう人には出産に立ち会ってもらうのが一番効果的かもしれません。出産はもちろん感動的で美しいシーンですが同時に修羅場でもあり、胎児を出すために力む為、おならも便もお構いなし状態になる上に血まみれになりますので女性に幻想を抱いている旦那さんを現実に引き戻す良いきっかけになるかもしれませんね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ