砂糖水で赤ちゃんの便秘を解消できる!?ウソ?ホント?

スポンサーリンク

7414d30695d9ede5e2e695bbbea99de7_s

“赤ちゃんの便秘には砂糖水がいいらしいよ~”と都市伝説的(?)な感じでなんとなく聞いた事がある方も多いと思いますが、

どこの家庭にもあるお手軽な砂糖で作れる砂糖水に本当に効果があるの?と半信半疑ではないでしょうか?

また、赤ちゃんに砂糖水を飲ませる事に危険やデメリットはないのでしょうか?

その辺りのモヤモヤと赤ちゃんの便秘をこの機会に一気に解決しちゃいましょう!


砂糖水が赤ちゃんの便秘に効果がある理由とは?


便秘の原因としては赤ちゃんの腸の発達や水分不足、母乳とミルクのあげる割合や頻度などが原因と考えられますが便秘の前兆として赤ちゃんが固い便をしていた場合は砂糖水が効果的と考えられています。

理由としては浸透圧が高い砂糖水を飲ませる事によって大腸で水分が吸収される際に便に水分を保持してくれる為、柔らかい便になり、便秘を解消してくれる効果があるとされています。

砂糖水のレシピを知りたい!

 では、実際に赤ちゃんに砂糖水を飲ませる際のレシピをご紹介しましょう。
〈材料〉
・白湯:100cc(60℃位)
・砂糖:5g
・愛情:∞(無限)

一般的に砂糖水の濃度は5%が効果的と言われています。

ミルクと同様に人肌位にしっかり冷ましてから飲ませてあげて下さい。

作る際はお湯とともに“便秘退散!”のおまじないと愛情もたっぷり注ぎましょう。

飲ませる量やタイミングは?


飲ませる量は赤ちゃんの体格やその時の体調により個人差があるので様子を見ながら一回につき20~30㏄程度与えてみましょう。

無理に飲ませすぎると下痢になってしまう可能性もあるので最初は少なめにあげるよう心掛けて下さい。

また、飲ませるタイミングはお風呂上りの水分補給としてや授乳の間がベストです。

砂糖水を飲ませるデメリットってある?


さて、ここまで砂糖水について紹介してきましたが一番気にする方が多いと思われる“砂糖水を飲ませる事にデメリットがあるのか?”という点について触れます。

リサーチした所、デメリットとして挙げられているのが肥満味覚への影響腎臓への負担悪玉菌の増加など思ったより多くのデメリットがあるようです・・・。

小児科の先生の中でも便秘の際に砂糖水を飲ませる事を推奨している先生と反対している先生がいて賛否両論のようですね。

結論!!砂糖水を飲ませるべきか否か??


ここまでで砂糖水への不信感が少し生まれた所で朗報です!

オリゴ糖”を使えばいいのです!

オリゴ糖は砂糖より甘さ控えめ、カロリーも低く、善玉菌の代表選手、ビフィズス菌の餌になる為、腸内環境を整え、便秘の根本的な問題を解決してくれる万能な救世主なのです。

他にも免疫力アップ、美肌、大腸がん予防などの効果もある為、赤ちゃんの便秘の時はオリゴ糖水として利用し、大人も日常的に飲み物や料理などに混ぜて摂取するとみんな健康&美肌になれて一石二鳥ですね。

どんなオリゴ糖を選べばいいの?


オリゴ糖がいいといっても市販でリーズナブルな物は保存料や人工甘味料など赤ちゃんの体に悪影響を与える物も多くあるので、オリゴ糖を買う際は純度が高く、無添加、無加糖な物をしっかり選定するようにしましょう。

筆者が調べてみた所、比較的高評価の口コミが多かったのが“カイテキオリゴ”というオリゴ糖でしたのでさりげなく動画を紹介しておきますね。




散々砂糖水について紹介し、結局オリゴ糖水押し!?という印象を受けられたかもしれませんが(もしそうでしたらすいません・・・)

砂糖水が絶対にダメという訳ではありませんのでオリゴ糖がすぐに手に入らない場合はとりあえずお手軽な砂糖水を試してみて、改善がみられない場合はなるべく早めに小児科を受診するのが一番でしょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ