相方の寝息がうるさい場合の対処法

スポンサーリンク

b943c3d91d060463491177e7ff0c9b6b_s

同じ部屋で寝る人が就寝中に静かでないと眠れないという方は、この問題は深刻だと思います。

配偶者、親子、友人たちには「ちょっと静かに寝よう」など言えますが、出張で宿泊先が会社の同僚や上司と同室ともなるとなかなか言えないところ。

ましていびきや寝息ともなると、本人が出したくて出している音ではないので、「うるさい!」などとも言えません。
でも、実際それが気になって眠れないという方もいらっしゃるはず。こういった場合、どうしたらいいのでしょうか?

「いびき」と「寝息」の違い

いびきも寝息も、気になる方は気になります。「いびき」と「寝息」の違いですが、一説には30ホン以上をいびき、それ以下は寝息として区別するのだそうです。

「人のささやき声が約25ホン」といいますので、まぁ、うるさいのはほぼ「いびき」なのでしょう。

いびきをかく原因というのは寝ている間の呼吸にあります。空気が肺に入っていくときにおこる音で、要は空気の通り道が細くなっているため、空気が入り込むときに抵抗ができて鳴るのだそうですので、空気が肺に届きにくくなっている状態ともいえます。

いびきをかかない人より血中酸素の量が少ないという説もありますので、いびきをかく方は気を付けたほうがいいかもしれません。

寝息程度でも一緒にいる人が「気になって眠れない」というのであれば、布団を離して寝たり鼻腔拡張テープなどを利用してみてはいかがでしょうか?

眠っている人も、そばにいる人も睡眠不足


「いびき」にしろ、「周囲が気になる寝息」にしろ、それを発している人と同じ部屋で寝ている人は気になって睡眠不足に悩まされていることでしょう。と同時に、いびきをかいている人も息苦しさなどもあって熟睡できていないといいます。

いびきをかくにはそれなりに原因があります。高血圧や不正脈、心不全、狭心症、肥満からくる場合や鼻の病気からくることもあります。
また、睡眠時無呼吸症候群の恐れもありますので、気になる方は医師に相談したほうがいいかもしれません。睡眠時無呼吸症候群は、聞いたことがあるかもしれませんが、睡眠時に呼吸が止まったり呼吸が弱かったりするもので、この症状の代表的なものが「いびき」なのです。

寝息が気になるといわれる方はもしかするといびきのレベルに達しているかもしれないので、気を付けてくださいね。

とにかく、自分も周囲も熟睡できないとなるととても困ります。

スポンサーリンク



まず、あおむけで寝るといびきをかきやすいのはご存知ですか?
できれば横向きで寝てみてください。横を向いたほうがあおむけより気道を確保できるので、空気が通るときの抵抗が少ないかと思います。

鼻のコンディションが悪い場合もいびきが出ます。部屋を乾燥させすぎないようにしてくださいね。
太ってからいびきをかくようになったという方も、空気の通り抜けがうまくいっていないと思いますので、少しダイエットしてみませんか?


いびきではなく、「寝息がうるさい」と言われる方

「寝息がうるさい」と言われて「寝息ってより、いびきじゃない?」って思う人は多いとおもいますが、「いびきじゃなくて、寝息がうるさいんだ」と言われたことがある方もいらっしゃるかと思います。

もしかすると、口で息をしていませんか?鼻呼吸ができず、口だけで呼吸していると、鼻づまりかなにかなのかと思い、苦しそうにしていると思ってしまうのかもしれません。

また、やはり鼻に異常があって、いびきとまではいかない大きな寝息を立てている場合もあります。どうしても気になるようでしたら、口呼吸を軽減させるテープなども売っていますので、試してみてはいかがでしょうか。

どうしても治らない場合は気になる寝息を立てているご本人に伝え、耳鼻科を受診してもらってください。

寝ているときの行動は、寝ている本人は気づかないことがほとんどです。
寝息も「息」です。苦しそうな呼吸をしていたらやはり周囲は心配したり気にしたりするでしょう。できることなら医師に原因を調べてもらい、気持ち良い睡眠を得られるよう頑張ってみてください。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ