痛~い主婦湿疹!!治し方はあるの?!

スポンサーリンク

40ebe688c6d8ed7cd37956bc6f14347c_s
皆さんは主婦湿疹って聞いたことがありますか?!
一次刺激性接触皮膚炎のひとつで、アレルギー体質の人に特に生じやすいとされています。

正式な病名はやや難しいですが…
簡単にいうと主婦湿疹はその名の通り、毎日水仕事する主婦に多い強い手荒れ、手湿疹をさします。
他にも、水をよく使う調理師・強い薬品を使用する美容師、理容師などにもよく見られる病気です。

乾燥する時期には誰でも手荒れを起こしがちで、暖かい時期がくれば治るのでは?と思いますが、1度主婦湿疹になってしまうと通年を通して悩んでいる方は少なくありません。


そうなんです!
季節にかかわらずなかなか治るものではありません。


主婦湿疹の特徴としては、手以外には症状は見られません。
だから手湿疹といわれているのですが、手の平は他の皮膚と違って毛包(もうほう)や皮脂腺がありません。
すなわち、表面を刺激や乾燥から皮膚を守りづらい傾向にあります。


ちょっと詳しく説明しますと…


人の皮膚には「毛包」と「汗腺」があります。
毛包は皮脂腺がついていて、皮脂が分泌されます。

(皮脂・・・皮膚表面を刺激や乾燥から守る脂。)

皮脂+表面細胞にある脂質+汗腺から分泌される汗
→天然保湿クリームのような役割をもっています。

この役割を頻繁な水仕事がお湯を使うこと、また洗剤や石鹸、紙を扱う仕事の場合皮脂や角質が落ちます。
そのため、皮膚を保護する機能が弱ります。
また、物をつかむなど物理的な刺激に皮膚が過剰反応してしまい、刺激物が侵入しやすくなってしまいます。


では、もう少し詳しく主婦湿疹について調べてみましょう。


<主婦湿疹には2つのタイプに分かれる?!>


主婦湿疹には❶乾燥型❷湿潤型に分かれます。


❶乾燥型
皮膚がカサカサになるタイプです。
それが進行するとひび割れてしまいます。


ひどい人は指紋が消えてしまったり、皮膚が硬くなってしまうことも。
親指・人差し指・中指などよく使う指先から症状が出て、次第に広がります。

スポンサーリンク


❷湿潤型
小さな発疹や水膨れができます。
指の腹や手の平から発症し、手の甲にも出来ることもあります。


先ほど、主婦に多いとお話をしましたが主婦湿疹になりやすいとされるいくつかの特徴があります。


⑴炊事や洗濯など洗剤や石鹸を使う量と時間が多い
⑵脱脂力の強い洗剤を使用することがある
⑶揚げ物などの脂っこい食器を洗うのに時間がかかってしまっている
⑷保湿対策をしない
⑸多量のシャンプーで頻繁に髪を洗う


体質によってこれらに当てはまっても、症状が出ない人もいます。
ですが、主婦や美容師、調理師などの職業の方はほぼ当てはまっていますね…。


では、一度主婦湿疹になってしまったら治りにくいとご説明しましたが、治す方法はないのでしょうか?


そんなことはありません。
ちょっと面倒ですが、こまめにお手入れをすればきっと良くなります!!


治す方法にはいくつかあります。
先ほどのタイプ別にお教えしましょう。


<主婦湿疹を治す方法は?>


◎生活を見直す


薬と合わせて主婦湿疹の原因となっている部分を取り除く必要があります。
何が原因で湿疹がおこっているのかを突き止めるのが大事ですね。

具体的に生活を改善する場合…

★水に触れている時間を短くする!
水や洗剤を使わないというのは、主婦の方にとっては難しいですよね。
ちょっとした工夫が大事になってきますが、食器洗いの際に、あらかじめ汚れを拭き取ったり、つけおきして汚れを落ちやすくし、水や洗剤を使う時間を減らしましょう!
可能なら食器洗い機など購入するなどもひとつの手です。


★お湯ではなく「ぬるま湯」!
お湯を使用する場合、手の甲の皮脂膜についた角質、脂などを必要以上に落としすぎてしまいます。
お風呂もできるだけ高温のお湯に長時間浸かるなどといったことは避けましょう。
炊事や洗濯のなどにも水かぬるま湯を使うようにしましょう。


★手に触れるものは低刺激のものを!
洗剤系はもちろん、化粧水やクリーム、シャンプーなども低刺激なものを選びましょう。
市販のものでもアレルギーの方向けの商品も増えてきていますよ。


★保湿は早く!
水仕事のあとや手が乾燥している時、刺激をうけたあとはすぐにハンドクリームなどで保湿をしましょう。
外出時や就寝時にも保湿をしてあげれば進行を防ぐこともできるでしょう。
また保湿をしたあとに木綿の手袋を着用することで効果はさらにアップします。


★外出時には手袋を!
乾燥や寒さなどの刺激で、血液の流れが悪くなります。
これは主婦湿疹には悪化の大きな原因になるのでなるべく手袋をするなどして刺激から守りましょう。


いかがでしたか?
主婦湿疹についていろいろお分かりいただけましたでしょうか?


とにかく生活を少しでも見直すように努力をして、細かいことですが保湿をするなど些細な意識ひとつでひどい状態を避けることが出来ると思います!!

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ