深呼吸で背中が痛い!なぜ?

スポンサーリンク

e41781ecdcda0ea99d337d5f1b18e7b2_s

体のどこかが痛いと、「病気なのかな」なんて思いませんか?特に背中やお腹が痛むと心配になるものです。
深呼吸したとき、背中が痛くなることはありませんか?

もちろん、肩がこっていたり骨に異常がある場合も痛みますが、内臓疾患である場合もあります。どんな病気で背中が痛むのか、病気だとしたらどうしたらいいのか、気になる方はチェックしてみましょう。

もしかしたら肝臓・胆嚢の危険信号?


深呼吸したときに背中が痛くなる内臓系のトラブルで心配なのが「肝臓」のこと。肝臓に危険信号が出ているのかもしれません。肝臓が悪いときは深呼吸で右側が痛くなるそうです。

肝炎や肝臓がんである可能性もなきにしもあらず。すぐ医師に診てもらいましょう。
食事はコレステロール値の高いものを控えたり、お酒も飲まないほうがいいと思います。肝臓に負担がかからないような食事を心がけることが必要です。

胆嚢に石がある(胆石)の場合も右の背中が痛くなるようです。こちらもコレステロールに気を付けてください。胆石の場合は痛くなるのは背中とは限りません。みぞおちから右脇腹きかけての痛みを感じる方が一番多いといいますが、背中に痛みを感じる方もいますので、医師にみてもらいましょう。


胃腸や膵臓・心臓を悪くしているかも


胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍でも背中が痛くなることがあります。これらは肝臓とは逆の左側が痛くなるそうです。体の左側は他にも膵臓や心臓が悪い可能性も。狭心症や心筋梗塞の心配もあります。

この背中左側の痛みでの病気は吐き気や便秘・下痢・頭痛・胸やけなどの症状も一緒に現れることが多いようです。こちらもやはり医師に必ずみてもらいましょう。
スポンサーリンク



骨が折れていない?


肋骨が折れていれば、当然背中も痛みます。骨がもろくなっていると咳で骨が折れるなんて話も聞きますので、ふだんからカルシウムやたんぱく質など、骨を丈夫にしてくれるものを食べたり運動を生活にとりいれたりすることが大事です。

若いうちはあまり気にしないかもしれませんが、骨密度をもし測定できる機会があったら自分の目安として測定してもらってみるのもおすすめです。また、最近胸部に強い衝撃があった方も、痛みが続くようなら念のため整形外科などで診てもらうとよいでしょう。


深呼吸で背中が痛いとき、冷やす?温める?


とりあえず家で痛みを緩和したいときは、冷やす?温める?
まず、筋肉がこっているだとわかる場合ですが、それは温めてください。血行をよくすることが大事ですので、お風呂や温感の湿布などは効果がありそうです。食事も体を温めるものを摂るようにしてください。

怪我で起こる痛みは冷やしてください。怪我は炎症を起こしやすいもの。怪我の場合はその炎症を抑えるため、冷感湿布などで冷やします。
ただしこれは「病気」ではない場合の対応です。内臓などからくる病気の場合は必ず医師の指示に従いましょう。

病気や怪我で背中が痛くなると同じくらい、ちょっとしたことで背中が痛くなるものです。筋肉がこっている状態は特に肩から背中にかけて痛く感じます。肋間神経痛などでも痛くなります。

日頃から運動などをして体を動かすことで血流もよくなり、筋肉がこわばることも減るかと思いますので、時間があるときはストレッチなどをして体の筋肉を伸ばしておきましょう。体が寒くて縮んでしまうことないよう体を温かくしておくことも必要です。

冷やしすぎは大敵。正しい姿勢も忘れずに。姿勢が悪いと尚更血流が悪くなり、肩や背中が痛くなります。


ストレスもしっかり発散しておきましょう。ストレスもため込むと結果的に体の血流が悪くなり循環になってしまいます。
病気の可能性が心配される方は、大きな病気である可能性もありますので、すぐ診察を受けてください。

何が原因かわからない場合はまず内科などで診てもらい、呼吸器や循環器、内臓に異常がないようでしたら怪我や姿勢を疑ってください。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ