汗疱?手のひらのデキモノ。つぶす?つぶさない?

スポンサーリンク

23b6619495e996022f570da15b157d09_s

手のひらや指にデキモノができると厄介なものです。手はいろいろなことに使うため、手のひらのトラブルは生活に大きな影響が出てしまいます。

手のひらのトラブルの中でも、小さな水疱がたくさんできてしまった、そして痒くて仕方がない!という場合は「汗疱(かんほう)」と呼ばれるものかもしれません。

「汗疱」って何?


「汗疱」とは別名「異汗性湿疹」とも言います。「汗」という字が使われているのでお察しかとおもいますが、原因は汗だと言われています。

汗は「汗腺」というところで作られ、皮膚の表面に出てきます。しかし、その汗が出てくるところが何らかの原因で詰まって出てこられなくなり、それがもとでできてしまう水ぶくれのようなものです。

手のひらにもできますが、指の側面に出ることが一番多いようです。足にもできる可能性がありますので注意してくださいね。

手や足に出るので「水虫?!」と思ってしまう人がいると思いますが、汗疱と水虫は違います。水虫は菌、汗疱は汗が原因です。ただ、症状が似ているといえば似ていますので、手や足におかしなデキモノがあったら皮膚科の医師に相談してくださいね。


汗疱は潰してもいい?


汗疱がどうしても邪魔!痒いし、潰してもいい?答えは「ダメ」です。中から出てきた汁により悪化したりもっと痒くなったりします。痒くてつらいでしょうが、潰さないようにしてください。皮膚科でステロイドなど症状に合った薬を出してもらったほうが安心、確実です。

基本的に、肌にできたデキモノは潰してはいけません。

治ったあとはどのように気を付けたらいい?

残念ながら、汗腺を詰まらせるものが何なのか、そして汗だけが原因であるのか、決定的な原因はまだはっきりわかっていないようです。そして再発する可能性もあるので、十分にケアしていきたいところです。
汗以外に原因ではないかと思われているものをいくつか紹介します。

スポンサーリンク



・ストレス
ストレスというものは、本当に「百害あって一利なし」です。
ストレス以上にこの言葉がしっくりくるものはちょっと考えつかないですね。
確かにニキビなどもストレスでできたりしませんか?
心の健康こそ体の健康につながるのですね。ストレスが溜まったなと思ったら、息抜きをしたり、楽しいことをしたりしてストレスを溜め込まないようにしてくださいね。

・界面活性剤
食器を洗う、髪の毛を洗う、その洗剤やシャンプー、リンスに含まれている界面活性剤。これも汗疱にはよくないのだそうです。

よくないと言われても、生活の中で使わざるを得ない。界面活性剤は私たちの皮膚から汚れだけでなく皮膚を守っている油も落としてしまいます。

再発させたくない、肌が弱い人は手袋をつけて食器洗いや洗髪をしてください。
素手で食器洗いや洗髪を行ったら、必ず尿素入りのハンドクリームをしっかり塗って肌を保護してあげてください。また、シャンプーやリンスに含まれるシリコンもよくないようです。

・アレルギー
アレルギーといわれる物質にも注意しましょう。食べ物、金属、たばこなどの影響で肌トラブルが起きやすくなる、ということも言われています。
自分は金属アレルギーではない!と思っている方も、実は知らず知らずのうちにアレルギーになっていることもあるのだとか。特に歯の治療で金属が入っている方などは要注意ですよ!

汗疱に限らず、手のトラブルは本当に大変。できるだけ避けたいものです。
乾燥する時期などは特に手のトラブルは増えてきますので、顔や髪の毛同様、手もハンドクリームを利用するなど、きちんとケアしてあげてください。

もし汗疱らしきものができてしまった場合は、自分で判断せずに皮膚科の医師の指示に従いましょう。
汗疱は、食器を洗ったり洗髪に時間がかかる女性がどうしても多くなりやすいといわれていますが、男性にもできてしまうことがありますので、気を付けてくださいね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ