水が甘い!これっていいこと?悪いこと?

スポンサーリンク

6d282b5d72a7ca15f2fdb6fe47e52656_s
お水(水道水)が甘く感じる、という方はいらっしゃいませんか?
「水が甘く感じるなんて、ジュースいらないじゃーん!」
しかし、これって体にいいこと?悪いこと?

もしかしたら、味覚がおかしくなっているのかもしれません。


味覚障害の症状が出る可能性としてあげられるのが、「亜鉛の不足」です。亜鉛というものは大事なもので、舌の表面の細胞が生まれ変わるために大変重要なものなのです。早い話、亜鉛が不足すると舌の感覚器官の細胞が生まれ変わらない事態がおきてしまうのです。

亜鉛は体内から排出されやすいもので、加工食品に含まれているポリリン酸という成分が亜鉛を外に出してしまうのだそうです。
ダイエットをしている方も、栄養の偏りから味覚障害になってしまう方もいらっしゃいます。また、アルコールも分解される段階で亜鉛を失うそうです。バランスの良い食事とお酒をほどほどにしておくこと。これがとても重要なのです。

次に、薬などの副作用が疑われます。服用している薬が関係しているのではないかと思われたら是非医師に相談してみてください。薬が原因だとはっきりしないうちに勝手に薬をやめてしまうのはいけません。

ストレスが原因になることもあります。舌苔(ぜったい)という、舌の表面にある白っぽいものがありますが、これは、舌の細胞、食べかすなどが堆積したものなのだそうで、重いストレスを抱えてしまうと厚くなったり色が変化して、味覚障害になってしまうこともあるようです。

対策としてはやはり亜鉛の摂取。牡蠣、チーズ、豚肉、牛肉、レバー(豚・鶏)などに含まれています。また、クエン酸やビタミンCも亜鉛の吸収を助けてくれますので、亜鉛を含む食品と一緒に食べるといいですね。

糖尿病の症状?

糖尿病は主に口が渇く、倦怠感、かゆみ、頻尿などの症状がありますが、稀なケースとして「口の中を甘く感じる」といった症状が出る場合もあります。

その他にも、水の硬度などによって甘く感じる方がいらっしゃるそうですし、人工甘味料の摂りすぎの可能性もあります。また、濃い味好きの方は消化器系の失調になることがありますので、油や味付けはほどほどにしてくださいね。

スポンサーリンク


上記が思い当たる方へ


何かの病気が疑われるケースもありますので、できれば医師の診察を受けたほうがいいかもしれません。例えば糖尿病などである場合は医療機関での治療も必要になってきます。また薬を飲んでいる方も主治医に相談してみましょう。

それから、自分でやってみることができることは、はやり食生活の見直しですね。
まず、亜鉛不足になっていないか。亜鉛を摂ることができる食品をしっかり食べるようにしてみましょう。

ダイエットしている人は「お肉は・・・」と思うかもしれませんが、偏った食事はいけません。亜鉛は更年期障害の女性にも大変重要で、ホルモンバランスを整えてくれるものです。

ホルモンバランスが崩れると、イライラやストレスの原因にもなり、悪循環になってしまいます。失われやすいものだからこそ、意識して食べるくらいがちょうどいいのかもしれません。どうしてもお肉が食べられない方は上記以外に魚やカシューナッツ、アーモンド、ゴマなども亜鉛が含まれていますよ。アルコールは控えめに。

それから、スナック菓子や清涼飲料水をよく食べるという方は、少し量を減らしてみませんか?人工甘味料の摂取量を下げましょう。

やはり消化器系も不安なところです。消化器が弱っていると、水が甘いどころか口の中が甘く感じるようになるそうですので、心当たりのある方は医師へご相談ください。
ストレスも溜めすぎないようにしたいところです。

人間の体は本当によくできています。「痛い」「苦しい」の他にも、体が発するSOSはありようです。「普段と違う症状」=「体で何かが起こっているサイン」なのかもしれませんよね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ