指を骨折しないためのスポーツテーピング

スポンサーリンク

02f40cb531478466395b35fa3cf59dfb_s

骨折すると、何かと不便ですよね。

スポーツをしている方は捻挫や骨折などの怪我をすると試合や大会などにも影響してきますよね。

治っても、また同じ状況で怪我をするのではないかと思うと、おもいっきりプレーすることができないことも。

そんなときにする、怪我を予防するテーピングをご存知ですか?


指のスポーツテーピング


骨折などの手の負傷から守るための「スポーツテーピング」。

このテーピングは、負傷しやすい場所をテープで補強し、怪我の予防や再発を防ぐというものです。

施せば必ず骨折しないというものではありませんが、「また怪我をするかもしれない」といった不安を和らげてくれるようです。

指を曲げるのが痛い場合のテーピングは、非伸縮性のテープを使います。

まず、痛い関節をはさんで二か所にぐるりと一周テープを巻きます。

傷みを感じるまでゆっくり曲げていき、傷みを感じたら少し戻し、その状態でテーピングをしていきます。

指の外側に一直線にサポートテープを貼り、痛い関節の上でクロスさせてXのようにテープを貼り、

最後にサポートテープの固定の為にもういちど最初に巻いた二本のテープの上にぐるりと一周テープを巻きます。



逆に伸ばすのがつらい時には、サポートテープを手の内側から貼ります。指を伸ばしていき、痛いところで少し戻した状態でテーピングします。

親指を伸ばすと痛い場合は、親指の中間から痛い関節の上を通るように手首へ向けて非伸縮性のテープを貼り、

そのテープの両脇から痛い部分でクロスさせて手首へテープを伸ばし、上に太い伸縮テープを貼って保護します。




テーピングの注意事項


このテーピングはあくまでも「予防と再発」を防ぐため。

骨折をした時は、必ず医師の診察を受けましょう。

症状によってはたとえ指でも手術が必要な場合もあり、勝手な自己判断やテーピングなどで済まそうとすると指が曲がってしまうかもしれません。

指にも大切な神経が通っています。きちんと受診しましょう。

そしてきちんと骨が治ったうえでまだ痛む、また再発するのが怖い、という場合、上記のテーピングを試してみてはいかがでしょうか?

必ずテーピング用のテープを使いましょう。

伸縮性と非伸縮性のテープがありますので、どちらを使うのかも確認しましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ